Debian は Google の Summer of Code に参加します

2006 年 5 月 8 日

Debian プロジェクトは今年の Summer of Code に参加します。 50 を超える開発作業は全般の改良、品質保証とディストリビューションのリリースとテスト、 パッケージ管理、新しいアプリケーション、セキュリティ、 特定のパッケージの基盤整備と改良をカバーします。 これらの作業においては、指導者として Debian 開発者が学生に割り当てられます。Debian からの調整役は Baruch Even さん <baruch@debian.org> になります。

Summer of Code では興味がある学生に対して、オープンソース開発に参加し、 プログラミングの経験をさらに深めるように奨励しています。 彼らは、3 ヶ月間、自分で選択したオープンソースプロジェクトに取り組むことになります。 コーディングに徹するものもあれば、理論的な深い背景が必要なものもあります。

学生は 5 月 1 日から 5 月 8日 (17:00 太平洋夏時間) までの間、Summer of Code 及び特定の作業について申し込むことができます。Google は組織の指導者に転送し、提案はそれらの組織で働いている指導者によってランク付けされます。 5 月 23 日に、Google は受け入れた学生の提案のリストを公表します。 参加者は、8 月 21 日までに作業課題を実現させます。

Debian から提案された作業は Wiki に一覧があります。

Summer of Code については Google のウェブサイト上で文書化されています。

Debian について

Debian プロジェクトは、世界中から千人を越えるボランティアが、 完全にフリーなオペレーティングシステムである Debian GNU/Linux の開発のために、自分の時間と労力を提供するフリーソフトウェア開発者の組織です。 Debian のフリーソフトウェアへの献身、非営利組織であること、オープンな開発モデルは GNU/Linux ディストリビューションの中でも Debian を特別なものとしています。

連絡先

より詳しい情報を希望する場合は、Debian のウェブページ http://www.debian.org/ を参照するか、 <press@debian.org> にメールを送ってください。