Debian は kFreeBSD 移植版の開発を推進します

2009 年 10 月 7 日

Debian リリースチームは、Debian システムの FreeBSD カーネルへの移植版が、 他の移植版のリリースと同様に処理されるにふさわしいものになったことを 発表できて嬉しく思います。次期リリース、コード名 'Squeeze' は Linux と FreeBSD カーネルがリリースされる最初の Debian ディストリビューションとなる予定です。

AMD64/Intel EM64T 及び i386 プロセッサアーキテクチャ用の kFreeBSD アーキテクチャはリリースアーキテクチャとなりました。このアーキテクチャの深刻なバグは armel や i386 といった他のアーキテクチャのバグと同様、 リリースクリティカルだと判断されます。 もし、特定のパッケージがこういったアーキテクチャで適切にビルドされない、 あるいは動作しないならその問題はリリースクリティカルだと判断されます。

FreeBSDカーネルを公式リリースプロセスに組み入れるということの Debian の主な動機はユーザによるカーネル選択の幅を広げることで、OpenBSD のパケットフィルタで NDIS ドライバをカーネルの本体側で完全にサポートしている jails などの機能を備えたものもあります。

Debian について

Debian は 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立され、 プロジェクトは最も大きく、そして影響力のあるオープンソースプロジェクトの一つに成長しました。 世界各地から集まった3000人以上のボランティアらの協力によって Debian のソフトウェアは作成/メンテナンスされています。 30の言語に翻訳されており、膨大な種類のコンピュータをサポートしているため、 Debian は自身のことをユニバーサルオペレーティングシステムと呼んでいます。

連絡先について

より詳細な情報については、Debian のウェブページ http://www.debian.org/ を訪れるか、 <press@debian.org> 宛にメールをお願いします。