Debian がパッケージ作業以外での貢献者を公式に歓迎するために

2010 年 10 月 19 日

本日、Debian プロジェクトは一般決議により、 公式に Debian 開発者として認識されるプロセスを開始することでパッケージのメンテナンス以外で Debian に助力している多くの人の貢献を公式に認識することを 圧倒的多数の賛成を持って決定しました。

While Debian プロジェクトはパッケージ作業以外での貢献者、 例えば文書を書く人や翻訳する人を常に歓迎してきましたが、公式の Debian 開発者の役割 (完全な投票権やその他の特権) に取り上げるということは滅多にありませんでした。 パッケージ作業以外での貢献者にとっての明文化された手順はなかったため、 それぞれ個別に処理してきました。

この問題を解消し、貢献の性質にとらわれることなく、あらゆる貢献者を (やっとですが) Debian プロジェクトの中心へと歓迎し、 パッケージ作業以外での貢献者を評価して受け入れるための手順を確立するよう Debian アカウント管理者に求めることを決定しました。

Debian について

Debian は 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立されました。 それから、 プロジェクトは最も大きく、 そして影響力のあるオープンソースプロジェクトの一つに成長しました。 世界各地から集まった3000人以上のボランティアらの協力によって Debian のソフトウェアは作成/メンテナンスされています。 30の言語に翻訳されており、膨大な種類のコンピュータをサポートしているため、 Debian は自身のことをユニバーサルオペレーティングシステムと呼んでいます。

連絡先について

より詳細な情報については、Debian のウェブページ http://www.debian.org/ を訪れるか、 <press@debian.org> 宛にメールを送ってください。