DebConf が中米に進出

2012 年 7 月 16 日

今年のマナグアでの DebConf は Debian が世界の新たな場所に行くことになりました。 この地は大きなフリーソフトウェアイベントを開催したことがほとんどなく、 プロジェクトは Debian の次の安定版リリースに向けての困難な作業を継続すると同時に、 新しい貢献者との接触や、新たな考え方を知るということが可能になります。

カンファレンスには 32 の国から 200 人ほどの出席者が集まり、 中米の国からの多数の熱心な新規ボランティアを含めた多くの人の Debian への貢献の第一段階に協力しました。

98 の講演が行われました。目玉としては:

DebConf12 は地域のコミュニティにとって、プロジェクトやコミュニティ、そして Debian の背後にある信念との距離が近づく不思議な経験、また素晴らしい機会でした。 DebConf12 の地域チームの Leandro Gómez は言います 今年のカンファレンスは確実に中米地域から新しい貢献者を Debian プロジェクトに呼ぶことになります。

DebConf チームの Gaudenz Steinlin は言います: 互いに協力してこの重要なイベントを Debian のカレンダーに刻んでくれた 今年の地域および Debian の主催者たちには感銘しています。 来年、スイスで再びあらゆる人たちを歓迎するのが楽しみです。

2013 年の DebConf はスイスのヴォーマルカスにあるキャンプで 開催され、再び Debian の開発を前進させる素晴らしい機会になります。

Debian について

Debian は 1993 年に Ian Murdock によって完全にフリーでコミュニティによるプロジェクトとして設立されました。 それから、プロジェクトは最も大きく、 そして影響力のあるオープンソースプロジェクトの一つに成長しました。 世界各地から集まった数千人のボランティアらの協力によって Debian のソフトウェアは作成/メンテナンスされています。 70の言語が用意され、膨大な種類のコンピュータをサポートしているため、 Debian は自身のことをユニバーサルオペレーティングシステムと呼んでいます。

DebConf について

DebConf は Debian プロジェクトの開発者カンファレンスです。 技術・社会・理念についての全スケジュールのセッションに加え、DebConf では開発者や協力者 (貢献者) ならびに興味を持った人々に対して出会いと、 より緊密に作業を行う機会を与えています。 このイベントは 2000 年から、スコットランド、アルゼンチン、 ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国など各地で毎年開催されています。 DebConf についてのさらなる情報は http://debconf.org にあります。

DebConf12 について

DebConf12 についてのさらなる情報はカンファレンスウェブサイトで見つけることができます。あるいは DebConf Global Press チーム <press@debconf.org> に連絡を取ってください。

連絡先について

より詳細な情報については、Debian のウェブページ https://www.debian.org/ を訪れるか、 <press@debian.org> 宛にメールを送ってください。