Debian ウィークリーニュース - 2000 年 7 月 11 日

ようこそ。Debian 開発者のみなさん向けニューズレター、 Debian ウィークリーニュースへ。これは二週分の合併号です。

フランスのボルドーにて、 先週、第零回 Debian Conference が開催されました。 Neal Walfield と Richard M. Stallman による Hurd について二つの最初の講演も入れて、 カンファレンスではたくさんの トピックが 発表されました。 新しいパッケージフォーマットについての短いディスカッションもあった Wichert Akkerman による Debian の 過去と現在の概要、 共に Debian GNU/Linux をベースにしている PingOOとよばれる 分散したチームが遠隔管理する コミュニケーションサーバーを学校に提供するプロジェクトと SiteRock提供の Telemetry Software (ネットワークとサーバの管理と診断)、などがありました。 主なディスカッションでは Debian コミュニティの内部構成と 新しいメンテナ手続きを主題として行なわれました。 詳細は Marcelo Magallon による この まとめを見てください。 来年の 7 月、第一回 Debian Conference の 計画はすでに進行中です。

Anthony Towns は、もうまもなく始まるテストサイクル 3 の状況 最新情報を投稿しました。 「第三回テストサイクルの目的は、 単に私たちがリリースの準備ができていることを確実にすることである。 私たちは前の二つのテストサイクルで インストール手順の大部分のバグを振るい落としたと思うので、 私たちは大きな問題があるとは思わない」 Randolph Chung は最新の boot-floppies の インストール報告の中で、boot-floppies の 「i386 用 2.2.16 はきちんとアップロードする 準備ができている。そしておそらく potato のリリースの準備もできている。」 と言っています。 しかし状況は少し遅れています。あまりにたくさんの Debian 関係者が第零回 Debian Conference に出席しているからです。

libc5 にお別れを。 Ben Collins は すべての libc5 サポートパッケージを unstable から削除することを 提案しました。 Debian が libc5 ディストリビューションだった時から何年もたっていること、 libc5 のサポートを続けることは 「多くの古くさくてうれしくないものと場当たり的な修正」が 必要になるからです。Ben は誰か 「libc5 を入れておいたままにするやむをえない理由」があるかどうか 聞きましたが、何か思いつく人は誰もいませんでした。

Paul J Thompson は、Debian は一般に認知される 「臨界質量」に達したと考えています。 彼は Debian をベースにしたディストリビューションの数の増加、 Debian パッケージをリリースしたり Debian をサポートし始めている多くの人々やプロジェクト、などを 理由に挙げました。成長による問題について、 Paul は新しくも何ともありませんが 二つの重要な問題を確認しました。 手に余るパッケージの数とリリース計画の難しさです。 彼は続けて、問題に取り組むために「過激な」提案をしました。 Debian を別々のリリース計画を持つ core、rapid development 等々のように いくつかのセクションに分割することです。 これは 興味深いメッセージです。もしあなたが彼のアイデアに対し 不賛成だったとしても、読むに値します。

その他のニュースのさわり。

そして最後に、 本当に Debian を理解している(debian-devel も読んでいる) レポーターの一人による 記事を紹介します。 「Debian は、単にコミュニティを持つ 他のディストリビューションとは違い、 コミュニティそのものである 最初の Linux ディストリビューションという点で 傑出している。 [...] Debian の委員会方式の活動は、時として頑固で政治的であり、 迅速な反応やリリースはされたことがない。 しかし、この団体のフリーソフトウェアコミュニティへの公約にあるように、 その業績の質は疑問の余地が無い


このニューズレターを毎週電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian ウィークリーニュースは Joey Hess が編集しました。