Debian ウィークリーニュース - 2002 年 1 月 23 日

Debian コミュニティのための週刊ニュースレター、Debian 週刊ニュースへようこそ。先週号がリリースされて以来、Pro-LinuxBSD TodayLinux TodaySlashdot などのいくつかのニュースサービスが Debian (GNU/)NetBSD システムについての話を取りあげました。これが開発を 助けるのに十分なだけの注意を集めることができればと思っています。

ブートフロッピーの新しい Powermac 版。 Colin Walters さんは最近 woody ブートフロッピーの新しい powermac 版の作業を完了しました。このインストーラにはテストがもっと必要です。古い powermac 版は新しいハードウェアをサポートしていないので、G4 Powerbook、 iBook2 そして iBook Dual USB は古い 2.2 カーネルでは適切にサポートされて いません。2.4 カーネルが必要とされていました。これは 3.0.19 でリリース される予定です。ためしてみて、問題を debian-boot@lists.debian.org に報告してください。

Debian ミニカンファレンス。 オーストラリアのブリスベンで 2 月 6 日から 9 日に行われる次回の Linux.conf.au の前に Debian ミニカンファレンスが行われる予定です。 James Bromberger さんたちが主催しています。講師には Anthony Towns さん、 Russell Coker さん、Bdale Garbee さん、Brendan O'Dea さん、Jason Andrade さんたちが含まれる予定です。この地域にいる人はだれでも出席して ビールなどをいっしょに飲むように招待されています。

新しい 2.4 インストールフレーバー? Eduard Bloch さんは Debian のブートフロッピーがどうやって Linux カーネル 2.4.x をサポートできるか議論しました。彼が提案した解決法にはブート フロッピー用の特別なカーネルイメージパッケージや (plainsafeidepcicompact 以外の) 新しいフレーバーが含まれます。これは最近の ハードウェアをサポートされているハードウェアのリストに加えるとともに、 すでにあるフレーバーもこれまでどおり動作するようにするでしょう。

non-free パッケージをスポンサーする? Jérôme Marant さんは、non-free パッケージをアップロードしたい人のスポンサーにならないことを提案しました。彼の主な心配事は Debian アーカイブに non-free パッケージをアップロードしようとしかしない人は たぶん Debian の哲学とフリーソフトウェアへの献身をわかっていないだろうと いうことです。しかし、私たちの社会契約には Debian 上で non-free ソフトウェアを開発したり使ったりするユーザをサポートすることが書かれて います。さらに、スポンサーはだれのスポンサーになるか、 何をスポンサーするか自由に決めることができます。

フリーズが進行しない? Adrian Bunk さんは woody のフリーズに進展がないと感じているので欲求不満です。woody は basestandard のパッケージがリリースできる状態になるまで次のフリーズ段階に進みません。 現状はこれを禁止しています: これらのパッケージのリリースクリティカル (release critical、RC) バグは増えつづけています。

リリースマネージャである Anthony Towns さんはこう説明しました: すでに達成されているはずの目標は「base に RC バグがないこと」でした。 しかし glibc のセキュリティ上のバグが約 1 月も残ったままだとか、 他に RC バグがずっとある、特にその一部にはバグ追跡システム (Bug Tracking System、BTS) にパッチが提供されているとかいうのでは、彼は他にやらなければ ならないことについて心配してもあまり意味がないと思いました。Anthony さんは 以下の要求をつけ加えました: すぐに RC バグを修正してください、そして他の バグもできるだけはやく。

APT の国際化。 Michael Piefel さんは APT および同じパッケージの関連する道具の国際化された バージョンについて作業していると発表しました。現在 ブラジルのポルトガル語、オランダ語、ドイツ語、 イタリア語、ポーランド語、スペイン語がサポートされています。 もし援助したいのならば、状況のページを見てください。 Michael さんは予備段階のパッケージをアップロードしました。

リリースの新しい計画? Adrian Bunk さんはリリースマネージャにリリースの別の計画を提案しました。 彼はこの計画ではリリースは今年 6 月になると考えました。 Anthony Towns さんは時間を消費して互いの主張を否定しあうかわりにこの スレッドへ投稿するたびに RC バグを修正することを提案しました。 Adam Heath さんはこの提案は base パッケージに修正されていない RC バグが あるという問題を解決しないとつけ加えました。

Debian の VAX への移植? Greg Ingram さんは GNU/Linux を動かしている古い VAX マシンを持っていて、 Debian をこのアーキテクチャに移植しはじめたいと思いました。どうやればいいかという質問に対するただひとつの返事は Marcus Brinkmann さんからのものでした。 彼は「仕事、趣味そして友人全員を捨てる」からはじまる詳細なリストで返事しました。Hurd への移植版をはじめた人から来たのですから、 この悲観的な意見は決してはげみになるものではありません。ひとつだけは 確かです。Greg さんには成功するまでに長い道のりがあります。

Debian リリースを混ぜる簡単な方法。 Robert McQueen さんは私たちに同一の設定で複数の異なる Debian リリースを 混ぜることについてのメモを送ってきました。 更新にはテスト版を使うことができますし、もし望むなら開発版からパッケージ (とそのパッケージが依存するパッケージ) をインストールすることもできます。

CD イメージのミラー。 Josip Rodin さんは Debian の CD イメージをミラーしている現在 66 個ある ミラーのリストを投稿しました。これは Debian の中央ミラーデータベースに 記録されているものです。これらのサイトは CD イメージを FTP、HTTP または rsync で配布しています。それ以降さらに何個か追加されました。 2.2r5 のイメージをほしがっている人たちがいます。 これはメイン CD ページには 追加されていませんでしたが、いまでは追加されています。

モバイル Debian? Josh Hansen さんは iPAQ のようなハンドヘルドマシンで使うための Debian ディストリビューションのモバイル版について現在計画があるか疑問に思いました。Shaleh さんは Debian は iPaq の linux ディストリビューションの基礎として使われてきたと説明しました。しかし、Debian はハンドヘルド マシンのために設計されているのではないため、非常に多くの改変がなされて います。(非常に似てはいるが) 異なるパッケージフォーマットを使ってさえ います。さらに、Compaq iPAQ のための成熟した Debian ベースの GNU/Linux ディストリビューションである Intimate Project があります。 また次世代の PDA OS を作るために作業しているFamiliar Project というのもあります。これはごく最近 v0.5.1 のリリース候補を公表しました。

GRASS をパッケージ化するのを助ける。 GRASS をパッケージ化する状況についての質問がありました。Federico Di Gregorio さんは準備段階のパッケージができているが、 これはパッケージ化のバグだらけで、単一の 25MB のパッケージを生成すると 説明しました。彼はこの努力についての助けを求めました。だから助けたい人が いたら、Federico に接触してください。

SPAM が Debian メーリングリストで問題を引きおこしています。 Debian プロジェクトは多くのメーリングリストを運営しています。 インストール問題、開発関連、ポリシー、文書などについての多くのよい議論が そこで行われています。これらのメーリングリストは多くの SPAM メール (たとえばこれ) で悩まされています。これらのメーリングリストの講読をやめてしまう人がいる 一方で、これらのメールが配達されないようにする解決策を 提案する人たちもいます: procmail のルール、spamassassinspamfilter などです。しかし、このようなルールは定期的に更新する必要が あります。そして特定の文字セットをフィルタでとりのぞくとその国の開発者が このプロジェクトに貢献する気をなくさせるかもしれません。メーリングリスト 管理者からのひとこと: これらのメーリングリストはすでに spamfilter を 使っていますが、不幸にもそれがすべての spam メールを防ぐわけではありません。

新規または言及するべきパッケージ。 以下の新規または更新されたパッケージが最近 Debian アーカイブに追加されました。

セキュリティ上の更新。 いつもの手順はごぞんじでしょう。もしこのパッケージがインストールされて いたらシステムを更新してください。

みなし子化されたパッケージ。 13 個のパッケージが今週みなし子化されました。これでみなし子化された パッケージの合計は 108 個になりました。完全なリストは WNPP のページをごらんください。

ニュースがありますか? Debian コミュニティでおきていることをすべて私たちに知らせてください。 もっと興味深い話を追加するのを楽しみにしています。ボランティアの筆者に よる記事を特に。 dwn@debian.org であなたのメールをお待ちしております。

最新ニュース: Tunney 法WINE project の Jeremy White さんが恥の告白と行動への要求を リリースしました。WINE、フリーソフトウェアそして Microsoft について 気になる人はこれを読んで、もし合衆国の国民ならメールを送ることを 考えるべきです。


このニューズレターを毎週電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian ウィークリーニュースは Yooseong Yang and Martin 'Joey' Schulze が編集しました。