Debian プロジェクトニュース - 2011 年 2 月 28 日

今年 3 号目の DPN、debian コミュニティの会報、にようこそ。 この号で取り上げられている話題は:

Debian 6.0 Squeeze リリース

Debian 5.0 Lenny がリリースされてからほぼ 2 年が経過し、Debian 6.0 Squeeze が 2011 年 2 月 6 日にリリースされました。数ある改良の中でも特に、Debian が採用した完全にフリーな Linux カーネルはフリーソフトウェア財団 (FSF) から歓迎されました

リリースチームマネージャである Adam D. Barratt さんによって最初のポイントリリースは来月に予定されていることが既に発表され、 メンテナに不安定版へのアップロードを推奨することに関して アドバイスがありました。つまり、Wheezy は既に人々の意識するところにあります。

新しいレイアウトとウェブサイト関連のニュース

Debian ウェブサイトの新しいレイアウトがいくつかの Debian プロジェクトの主要なウェブインターフェイスで既に利用可能です。Gerfried Fuchs さんによって、ウェブチームのメンバーが新しいレイアウトを作り、 www.debian.org 擬似パッケージに関するいくつかのバグを選んで潰し、 CVS から脱却することに興味があるかどうか等の話題が議論されている、WWW スプリントに関する報告が送信されました。DSA チームのメンバーであり、これに関連した多くの仕事をこなした Martin Zobel-Helas さんによって、Kalle Söderman さんが提案した新しいレイアウトを Debian Squeeze のリリースにあわせてオンラインに設置したウェブチームに感謝の言葉が述べられました

使いやすい Squeeze のバックポート

Alexander Wirt さんによって次世代バックポートの開始が発表されました。Squeeze (と Lenny) のユーザは、squeeze-backports (と lenny-backports-sloppy) にあるテスト版 (Wheezy) で利用可能なパッケージの新しいバージョンを使えるようになる予定です。 さらに彼は、メンテナに向けてパッケージをバックポートアーカイブに アップロードする方法を説明しました。APT になされた最近の変更によって、テスト版からインストールされたパッケージの 新しいバージョンへのアップグレードを管理するために バックポートリポジトリにピンを設定する必要が無くなり、以前に比べてより簡単に squeeze-backports を革新的に使えるようになります。

Volatile が新しいプロジェクトに移行

Debian Volatile アーカイブが新しいプロジェクトに移行しました。 つまり、今回の安定版リリース (Squeeze) から、Volatile リポジトリで管理されていたパッケージは squeeze-updates プロジェクトとして公式リリースに含まれる予定です。 アップデートされたパッケージは debian-stable-announce メーリングリストで発表があったように、 安定版のポイントリリースにも含まれる予定です。

Debian プロジェクトリーダーからの一言

Debian プロジェクトリーダーである Stefano Zacchiroli さんによってDPL からの一言レポートが送信されました。彼は、例えば Debian 派生物調査ディストリビューション間会議を通じた他のディストリビューションとの協力、 彼が最近行った講演である誰が Debian を大切にしているか? を通じた他のプロジェクトや企業との 対話について考察しました。この中で彼は、最近公開された目標のようなものに関して Debian と DebConf の関係に触れ、DebConf 司会者のボランティアを探していると述べました。
Stefano さんはまた、Linux Outlaws ポッドキャスト のインタビューを受けました。

DebConf チームとの連絡手段と意思決定

Richard Darst さんは DebConf 運営組織との連絡手段に関して Debian Administration サイトにブログを書きました。DebConf とは 年 1 回の Debian カンファレンスを運営するグループです。彼は IRC、wiki、メーリングリストなどの DebConf チームとの連絡手段に関して言及し、 それぞれの連絡手段の使用方法と貢献方法について述べました。

Debian グッズの取り扱い

何処でDebian T シャツ等のグッズが作られているか疑問に思ったことはありませんか? どうやって格好良い Squeeze T シャツを手に入れるのでしょうか? 答えは、Debian 代表者が現れるいくつかのイベントで Debian グッズをコーディネートする Debian グッズチームと共にあります。Gismo として知られる Luca Capello さんはグッズチームの仕組みを説明しました。Debian グッズのリストに目を通してみてください。

2010-2011 年の Debian Google Code-in レポート

Ana Guerrero López さんは今年の Google Code-in への Debian の参加についてブログを書きました。 コンテストの準備を始めるのは遅かったし、 いくつかのタスクは Debian をインストールしない人に向けたものでしたが、 ほどほどの成功を収めました。Ana さんが言った様に、およそ 30 人の学生が参加し、作業中の 39 のタスクは翻訳、バグの選別、ドキュメント作成に関するものでした。

今週の Debian インタビュー続報

前号の Debian プロジェクトニュース以降、今週の Debian ポッドキャストが 2 回分新たに公開されました。Debian Med チームの Andreas Tille さんへの Debian Pure Blends に関するインタビューと、dpkg の共同メンテナである Raphaël Hertzog さんへのインタビューです。

Debian を陰で支える人インタビューが 2 回分公開されました。Firefox/Iceweasel のメンテナである Mike Hommey さんと、カーネルチームのメンバーである Maximilian Attems さんへのインタビューです。

その他のニュース

開発ニュース寄せ集めの第 24 号が発行され、以下の話題が取り上げられました。

Cyril Brulebois さんは 3 番目4 番目5 番目6 番目Debian XSF ニュースを発表しました。この中で、experimental不安定版安定版への新バージョンのアップロード; Wayland の初めてのテスト; メンテナンスされていないドライバの削除要求; など、その他たくさんの Debian における X.org パッケージング周りの最近の出来事をまとめました。 さらに彼はバグレポート投稿者に感謝の言葉を述べました。

David Paleino さんは最初の ITP バグからほぼ 6 年経過し、Code::Blocks がついに Debian に取り込まれたことを報告しました。

Debian の新しい協力者たち

前回の Debian プロジェクトニュースから後に、2 人の応募者が Debian 開発者として認められ、1 人の応募者が Debian メンテナとして認められ、19 人の方々がパッケージのメンテナンスを始めました。Stefano Rivera さん、Frédéric-Emmanuel Picca さん、Javier Merino Cacho さん、Pedro Ribeiro さん、Julien Viard de Galbert さん、Markus Schulz さん、Nik Lutz さん、Thomas Krennwallner さん、Qijiang Fan さん、Rafael Kitover さん、Andy Bailey さん、Andrey Rahmatullin さん、David Kalnischkies さん、Damian Johnson さん、Dmitry Eremin-Solenikov さん、Benoît Knecht さん、Nicolas Dandrimont さん、Alessandro Ghedini さん、Simon Ochsenreither さん、Julian Taylor さん、Pierre Saramito さん、Olaf van der Spek さんを私たちのプロジェクトに歓迎しましょう!

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: pcscdpostgresql-8.3、postgresql-8.4、postgresql-9.0cgiircvlctomcat6openjdk-6opensslpython-djangoshadowffmpeg-debianchromium-browserphpmyadminopenafstelepathy-gabblemailmanasteriskmoodlepam-pgsqlavahi。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian バックポートチームは以下のパッケージにセキュリティ勧告を公開しました: gitopenafs。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリストあるいは旧安定版である Lenny 向けの volatile セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、以下のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現在のところ、 379 のパッケージからメンテナがいなくなり、 139 のパッケージが後継メンテナ募集状態になりました。完全なリストは支援が必要なパッケージにあります。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってみませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集しています。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。我々はあなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Francesca Ciceri, Jeremiah C. Foster, Alexander Reshetov and David Prévot が編集しました。