Debian プロジェクトニュース - 2012 年 2 月 6 日

今年 3 号目の DPN、debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

Debian 6.0 のアップデート: 6.0.4 の公開

Debian 6.0 (コードネーム Squeeze) の 4 回目のアップデートがリリースされました。このアップデートには主に安定版の致命的問題に対するいくつかの調整とセキュリティ問題に対する修正が含まれます。

リリースチームからの一言

Niels Thykier さんはリリースチームからの一言を送信し、この中で様々なニュースを発表しました。armhf と s390x のテスト版への追加 (これらのアーキテクチャはその他のアーキテクチャと一時的に同期が取れていない場合があります)、 新しいリリース目標の承諾 (セキュリティ強化ビルドフラグ)、 14 以上のパッケージ (GNOME 3、Perl 5.14、Python 2.7 等を含む) のテスト版への移動を完了、 です。また、Niels さんは、まだフリーズ日付は決定していないもののフリーズは 7 月に行われることを繰り返しました。

加えて、Niels さんは、Cyril Brulebois さんがリリースチームに加わり、 リリースアシスタントになったことを発表しました。Cyril さん、おめでとうございます!

piuparts メンテナからの一言

Holger Levsen さんは piuparts メンテナからの一言を送信しました。この中で、piuparts は再度チーム制でメンテナンスされること、 チームは様々なパッチとその他の寄付を受け取っていることを発表しました。piuparts はパッケージが問題なくインストール、アップグレード、削除されるかを検証するための、 様々なテストを走らせることで、Debian 内部の品質を保証する重要なツールです。 テスト結果は毎日更新され、piuparts ウェブサイトから参照出来ます。Holger さんは、メンテナの方々に、 自分のパッケージに関連する問題を修正するために、piuparts 上の個人ページを定期的に確認することを促しました。 定期的なテストに加えて、2011 年 12 月以降、piuparts メンテナは Squeeze から Wheezy へのアップグレードをパッケージごとにテストしています。158 個のパッケージがテストに失敗し (さらに依存関係が原因で 130 個のパッケージがテストに失敗し)、一方で 33,708 個はテストに成功しました。

Debian Med スプリントの報告

Andreas Tille さんは英国のサウスポートで 1 月 27 から 29 日に開催されたDebian Med スプリントの報告を送信しました。例えば、Debian Med チームはいくつかのバグを修正し、新しいメンバーと学生を指導し (指導推進月間の構想に基づく努力の一環)、 新しいソフトウェアのパッケージ化を行いました。
Debian Med の活動に関する詳しい情報は、チームのリアルタイムの活動ページを参照してください。

Debian Edu/Squeeze を用いた新しい学校の設置

Petter Reinholdtsen さんは、Debian の次期バージョンの Edu/Squeeze は学校内のすべてのコンピュータを最小限のマニュアルステップで迅速にセットアップできるsummary2ldapdhcp という名前の新しいツールを含むことを、彼のブログ上で発表しました。一度中央のサーバにインストールされると、このツールは LDAP データベースにシステムオブジェクトを作成するためにネットワークからデータを収集します。GUI から設定を少し変更した後に、コンピュータのネットワークは使用できるようになります。
このツールを含む Squeeze に基づく Debian Edu の 3 番目のベータ版がリリースされたばかりです。

Debian ユーザの質問に対する回答

Raphaël Hertzog さんは Debian ユーザの質問に回答する方法、一般的に言えば、新規ユーザをサポートする方法についてブログを書きました。 ユーザを助ける場所はたくさんあり (メーリングリストIRC チャンネルQ & A のウェブサイト、等) それぞれ特徴が違います。しかし、どんな場所でも共通の黄金律は (Debian コミュニティガイドラインに規定されているように) 敬意を払うことと礼儀正しくあることです。

Debian/Ubuntu ゲームのスクリーンショットパーティ

Paul Wise さんは Debian/Ubuntu ゲームのスクリーンショットパーティが 2 月 25、26 日にゲームチームの企画により開催されることを発表しました。その構想は、Debian/Ubuntu のゲームのスクリーンショットをできるだけたくさん作成し、goplay (ゲームパッケージブラウザ) で見られるようにそれらを screenshots.debian.net にアップロードすることです。
詳しくは関連の wiki ページをご覧ください。

Wheezy における GNOME シェル 3.2: 回顧的報告

Jordi Mallach さんは Debian GNOME チームの観点から Debian における GNOME 2 から GNOME 3 への移行に関する記事を書きました。多数の GNOME ソースパッケージを一緒に使っている場合、多くのパッケージは新しいライブラリを必要とし、 さらに悪い場合は、互換性の無い API を必要とする。互換性の無い API はさらに多くの無関係のパッケージに影響を及ぼし、さらに状況は悪化する。 このため、何らかのプランを練る必要がある。と Jordi さんは述べました。 円滑な移行プランを練ったにもかかわらず、チームは多くの困難に遭遇しました。例えば、 いくつかのアーキテクチャにおけるソースビルドの失敗、他のパッケージとの非互換性、等です。 最終的に GNOME シェル 3.2 は Debian テスト版に移行され、Jordi さんは Debian GNOME チームメンバーだけでなく、移行の成功を手助けした、リリースチームメンバーの Julien Cristau さんと Cyril Brulebois さん、FTP アシスタントの Luca Falavigna さんに感謝しました。

インタビュー

Debian の裏方インタビューが 1 件公開されました。Debian GNOME チームの創始者である Josselin Mouette さんへのインタビューです。

その他のニュース

開発ニュース寄せ集めの第 28 号が発行され、以下の話題が取り上げられました。

Debian ウェブサイトはついに携帯機器にも最適化されました

Didier Raboud さんは Debian における携帯電話用インターフェイスに関する議論に興味のある人向けの 新しいメーリングリストが作られたことをアナウンスしました。debian-mobile メーリングリストDebian における適切な携帯電話用インターフェイスのパッケージングに関する議論 をする場所になること目的としています。携帯機器上で Debian を動かすことに関するより詳しい情報は、携帯電話スマートフォンのウィキページを参照してください。

Micheal Gilbert さんは最近のセキュリティ欠陥 (CVE-2012-0064) と、ディストリビューションごとのこの欠陥に対する処理方法に関する記事を書きました。 欠陥の発見者による詳しい調査のおかげで、Debian は非常に素早く対処し、Debian 不安定版では欠陥の公開から 6 時間以内に修正を完了しました。

Andrew Pollock さんはISC DHCP メンテナからの一言を書きました。 アップストリーム開発者との打ち合わせの間、彼は開発者たちに GNU/Hurd パッチを適応した Debian における彼のパッケージの概要を示しました。 これは、有能なディストリビューションメンテナが取るべき方法の良い例です。

Ben Hutchings さんは Debian 7.0 Wheezy には Linux 3.2 が収録されることを発表しました。Linux 3.2 は今のところ不安定版にあり、間もなくテスト版に移動する予定です。

Lior Kaplan さんは次回のPHP 5.4.0 リリースに関するブログを書きました。プレリリース版は既に experimental リポジトリから入手できます。Lior さんは特に PHP エクステンションを PHP 5.4 と互換性を持たせることに関する仕事をしました。

今後のイベント

今後、いくつかの Debian 関連のイベントが予定されています。

Debian 関連のイベントや会議に関するより多くの情報を得るには、Debian ウェブサイトのイベントセクションを参照するか、 いろいろな地域におけるイベント用メーリングリスト (ヨーロッパオランダラテンアメリカ北アメリカ) を購読してください。

Debian ブースを運営したり Debian インストールパーティーを開催しませんか? 開催予定の Debian 関連のイベントについて知りませんか? 講演のページにリンクを貼りたい Debian 関連の講演を行いましたか? そのような場合は、Debian イベントチーム宛に電子メールを送信してください。

Debian の新しい協力者たち

6 人の応募者が Debian メンテナとして受理され、Debian Project News の前の版以来、9 人がパッケージのメンテナンスを開始しました。Neutron Soutmun さん、 Boris Pek さん、Christian M. Amsüss さん、Alexandre Mestiashvili さん、Emmanuel Kasper Kasprzyk さん、Aleksey Kravchenko さん、Dan Stowell さん、Adam Michal Ziaja さん、Sebastian Boehm さん、Cyril Lavier さん、Phillip Susi さん、Jose Ernesto Davila Pantoja さん、 Peter Drysdale さん、Dominique Lasserre さん、Antono Vasiljev さんを私達のプロジェクトに歓迎しましょう。

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インタフェースによると、次期リリースの Debian 7.0 Wheezy には、現在 695 個のリリースクリティカルバグが存在します。 簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、リリースまでにおよそ 482 個のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

統計の詳細と、これらの数値を解釈する方法のヒントが参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: rails (アップデート)、 cacti (アップデート)、 opensslbiplibxml2wiresharkqemu-kvmicucurlphp5iceweaseltomcat6iceapephp5xen-qemu-dm-4.0。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian 安定版リリースチームは以下のパッケージにアップデートを公開しました: clive。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリストあるいは旧安定版である Lenny 向けの volatile セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、1008 のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現在、390 個のパッケージはメンテナがいない状態で148 個のパッケージがメンテナ募集の状態です。支援が必要なパッケージの完全なリストをご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってみませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集しています。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。我々はあなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Cédric Boutillier, Francesca Ciceri, David Prévot, Justin B Rye and Paul Wise が編集しました。