Debian プロジェクトニュース - 2012 年 8 月 21 日

今年 16 号目の DPN、Debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

Debian は 19 回目の誕生日を迎えました

8 月 16 日、Debian プロジェクトは Ian Murdock さんによる最初の創設アナウンス以来、19 回目の誕生日を迎えました。
世界中で Debian の貢献者とユーザが誕生日を祝福しています。感謝のメッセージやパーティーの写真を、今年は Lincoln de Sousa さんと Marcelo Jorge Vieira さんがメンテナンスしている Thank you Debian のウェブサイトで追いかけることが出来ます。 メッセージを投稿するには、ウェブから直接行うか、Identi.ca の #thxdebian ハッシュタグを使ってください。
誕生日をきっかけにして、Leandro Gómez さんは素敵なバースデーポストカードを作ったり、何人かの貢献者は、自分が初めて Debian を使った時のことをブログに書いたりしました。

Debian インストーラチームからのお願い: インストーラの新バージョンのテスト

Debian インストーラチームは、Debian 7.0 Wheezy のインストーラの最初のベータリリースを発表しました。インストーラチームは、Debian ユーザにこのインストーラの新バージョンのテストと改良を支援してくれることを要請しています。 このインストーラには、報告の必要のないいくつかの既知の問題がありますが、 可能な限り全てのバグをリリース前に発見するためには、インストーラを試験することが非常に重要です。
問題点はインストールレポートの形で報告してください。

DPL からの一言

Stefano Zacchiroli さんが DPL 活動に関する月次報告を送信しました。氏は Debian における Free の定義に関して現在 FSF と行っている協議の他、 トレードマークポリシーの草稿やロゴの再ライセンスについての重要な協議について報告しました。

その他のニュース

開発ニュース寄せ集めの第 30 号が発行され、以下の話題が取り上げられました。

Justin B. Rye さんがパッケージ名の由来について説明する wiki ページを作成し、"Why the name" という含みを持たせた題名にしました。wiki ページの説明には次のように書かれています。 ソフトウェアに暗号的な名前を付けることは確立された UNIX の伝統であり、多くの場合、名前の由来に関する説明はドキュメントに書かれません。 その理由は、開発者は名前の由来など説明するまでもなく明らかだと思っているか (大抵この考え方は間違いです)、名前の由来など誰も気にしないだろうと考えているからです (大抵この考え方は正しいのですが、間違っていれば FAQ で説明されます)。

今後のイベント

今後、1 つの Debian 関連のイベントが予定されています。

Debian 関連のイベントや会議に関するより多くの情報を得るには、Debian ウェブサイトのイベントセクションを参照するか、 いろいろな地域におけるイベント用メーリングリスト (ヨーロッパオランダラテンアメリカ北アメリカ) を購読してください。

Debian ブースを運営したり Debian インストールパーティーを開催しませんか? 開催予定の Debian 関連のイベントについて知りませんか? 講演のページにリンクを貼りたい Debian 関連の講演を行いましたか? そのような場合は、Debian イベントチーム宛に電子メールを送信してください。

Debian の新しい協力者たち

前号の Debian プロジェクトニュースより後に、5 名の応募者が Debian 開発者として受理され、18 名がパッケージのメンテナンスを開始しました。 Alexander Golovko さん、Elías Alejandro Año Mendoza さん、Gustavo Panizzo さん、 Ian Campbell さん、Nicolas Bourdaud さん、 Marc Pegon さん、 Marco Maria Francesco De Santis さん、 Jose G. López さん、 Ariane Boehm さん、 Jocelyn Jaubert さん、Emmanuel Kasper さん、Sascha Steinbiss さん、Eva Reisinger さん、Julia Ertl さん、Andrej Belym さん、Julien Puydt さん、 Markus Frosch さん、Daniele E. Domenichelli さん、Emmanuel Promayon さん、Ralf Jung さん、Vincent Hobeïka さん、Cedric Staniewski さん、Guy Yachdav さんを歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インタフェースによると、次期リリースの Debian Wheezy には、現在 487 個のリリースクリティカルバグが存在します。簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、リリースまでにおよそ 295 個のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

これらの数字を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: bind9krb5isc-dhcpopenoffice.orglibxml2fckeditorglobus-gridftp-serveropenttdexpatlibotrphp5icedovepython-djangorsshxen。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

Debian 安定版リリースチームは以下のパッケージにアップデートを公開しました: clamav。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、308 のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で465 のパッケージがメンテナ不在となり143 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。完全なリストは支援が必要なパッケージをご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってはくれませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集中です。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。あなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Francesca Ciceri さん、David Prévot さん、Justin B Rye さん、Victor Nițu さん が編集しました。
今井 伸広さん、八津尾 雄介さん、石井 一夫さん、綾小路 龍之介さん、やまね ひできさん、岡野 孝悌さん、倉敷 悟さん が翻訳しました。