Debian プロジェクトニュース - 2012 年 10 月 1 日

今年 19 号目の DPN、Debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

Debian 6.0 のアップデート: 6.0.6 の公開

Debian 6.0 (コードネーム Squeeze) の 6 回目のアップデートがリリースされました。このアップデートには主に安定版の致命的問題に対するいくつかの調整とセキュリティ問題に対する修正が含まれます。

最近開催された BSP の報告

9 月 8 日日曜日に、バグ潰しパーティがダブリンで開催されました。パーティには Google がオフィススペースを提供し、15 人が集まりました。リリースクリティカルバグリストに対する影響に加えて、これにより地域の Debian コミュニティの創設が喚起され、10 月には 2 回目のパーティを開催することになりました。

翌週、別のバグ潰しパーティがベルリンで開催されました。 パーティにはリリースクリティカルバグの処理に加えてドイツ語翻訳も行っていた約 25 人が集まりました。

Debian の Google Summer of Code の成果

Ana Guerrero さんが Debian の Google Summer of Code に関する報告を執筆しました。Debian は 2006 年から Google Summer of Code に参加しており、今年は 15 のプロジェクトのスポンサーを務め、そのうち 12 のプロジェクトが成功に終わりました。Debian メンターの指導の下、生徒達はプロジェクトに関わる様々な要素 (3 つだけ例を挙げると、mentors.debian.net の改善、multi-arch cross-toolchain の開発、チーム活動の実績評価) について作業をしました。この成果の中には既に Debian にフィードバックされたものもあります。Debian プロジェクトは参加して下さった皆さん、特に生徒達に感謝します。 これからも Debian をより良くする為に協力して下さい。

パリで開催されるミニ DebConf

企画チーム を代表してSylvestre Ledru さんはパリで 2 回目のミニ DebConf が 11 月 24 日と 25 日に開催予定で、EPITA がこれを主催することを発表しました。メールでは BSP がイベントの会期を通じて開催予定で、チームは現在イベントの講演を依頼している最中であることが述べられています。

インタビュー

Giorgio Pioda さんに対する Debian Edu インタビューが行われ、特に Debian Edu に関わるようになった理由と、Debian Edu に対する見解が語られました。

その他のニュース

IRC 経由でVCS リポジトリを監視する CIA サービスが終了したため、Martín Ferrari さんは代替としてKGB の利用を提案しました

FTP チームを代表して Ansgar Burchardt さんがDebian メンテナアップロード許可制度の変更点について発表しました。以前の DMUA フィールドは新しいインターフェイスに換わり、2012 年 12 月に機能停止します。

今後のイベント

今後、いくつかの Debian 関連のイベントが予定されています。

Debian 関連のイベントや会議に関するより多くの情報を得るには、Debian ウェブサイトのイベントセクションを参照するか、 いろいろな地域におけるイベント用メーリングリスト (ヨーロッパオランダラテンアメリカ北アメリカ) を購読してください。

Debian ブースを運営したり Debian インストールパーティーを開催しませんか? 開催予定の Debian 関連のイベントについて知りませんか? 講演のページにリンクを貼りたい Debian 関連の講演を行いましたか? そのような場合は、Debian イベントチーム宛に電子メールを送信してください。

Debian の新しい協力者たち

前号の Debian プロジェクトニュースより後に、8 名の応募者が Debian 開発者として受理され、6 名が Debian メンテナとして受理され、2 名がパッケージのメンテナンスを開始しました。 Tobias Hansen さん、 Cédric Boutillier さん、 Sébastien Villemot さん、 Thibaut Jean-Claude Paumard さん、 Nicolas Boulenguez さん、 Janos Guljas さん、 Asias He さん、 Per Andersson さん、 Emilien Klein さん、 Sascha Steinbiss さん、 Ahmed Toulan さん、 Bernhard Schmidt さん、 Jeroen Dekkers さん、 Andreas Rönnquist さん、 Josue Ortega さん、 Kai Lüke さんを私たちのプロジェクトに歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インタフェースによると、次期リリースの Debian Wheezy には、現在 480 個のリリースクリティカルバグが存在します。簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、リリースまでにおよそ 266 個のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

これらの数字を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: devscriptsasteriskisc-dhcpiceweaseliceapetiff。 勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、114 のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で470 のパッケージがメンテナ不在となり137 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。完全なリストは支援が必要なパッケージをご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってはくれませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集中です。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。あなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Cédric Boutillier さん、David Prévot さん、Justin B Rye さん が編集しました。
今井 伸広さん、八津尾 雄介さん、石井 一夫さん、綾小路 龍之介さん、Nobuyuki Morita さん が翻訳しました。