Debian プロジェクトニュース - 2013 年 2 月 4 日

今年 3 号目の DPN、Debian コミュニティの会報、にようこそ。この号で取り上げられている話題は:

DebConf13 の開催地と開催日

Moray Allan さんと Didier Raboud さんがスイス、ヴォーマルキュの Le Camp で開催される今度の DebConf13 に関する最新の情報をブログに書きました。ブログ記事の中で、DebConf13 は 8 月 11 日から 18 日まで開催される予定であることが正式に発表されました。さらに、DebCamp はおそらく DebConf13 と同じ週に開催される予定であることが説明されました: 通常、DebConf は 2 週間に渡り開催されますが、予算上の都合により現在の計画では開催期間が 8 日間に短縮されています。開催期間の短縮を残念に思うなら、今ならまだ計画を変えられます。資金調達チームに参加して、速やかに活動を進めてください! 通常、DebCamp の期間中に様々な Debian チームが集い、特定の問題やプロジェクトに取り組みます。DebConf13 への参加登録は 3 月の初め頃に開始されると思われます。

関連するニュースとして、DebConf チームは DebConf14 招致の呼びかけを送信しました。もし DebConf14 を招致しようと思っているなら、DebConf チームのメーリングリストにメッセージを送って下さい。また、DebConf15 開催候補地について考えてみてはいかがでしょうか。
DebConf の組織を支援したい人はぜひ DebConf チームに参加し、チームのメーリングリストか irc.debian.org の #debconf-team チャンネルでチームと連絡を取り、支援する方法を見つけてください。

Debian のブートストラップ自動化

Johannes Schauer さんが、ブートストラップのビルド順序付けツールの移植の状況について詳細なレポートを書きました。これは、去年の Debian GSoC のプロジェクトとして始まり、循環しているビルド依存性を解決して、新たなアーキテクチャで Debian のブートストラップを自動化出来るようにすることを目的としています。このプロジェクトは 2012 年 11 月以降、「一体型」ツールセットの削減、新たな依存グラフの定義、循環依存を断ち切る 2 つの新しい方法、最終的なビルド順をより正確にするアルゴリズムの調整など、いくつもの重要な成果を挙げています。

インタビュー

Debian セキュリティチームの Florian Weimer さんの、FOSDEM 2013 での講演「オープンソースセキュリティのトレンド」についてのインタビューが行われました。

その他のニュース

Debian は web サーバで最も人気のある Linux ディストリビューションだということが W3Techs の調べでわかりました。現在 Linux を使用している web サーバの 32.9% が Debian を利用しており、その割合は現在も増加を続けているそうです。

Ben Hutchings さんが、Debian 7.0 Wheezy に搭載される Linux カーネルの機能 シリーズの第 4 章を公開しました。また、Ben さんはDebian 安定版 (stable) の次のポイントリリースにむけて、SAS ドライバのテストの協力を呼びかけました。

Neil McGovern さんはリリースチームからの一言を投稿し、現在のフリーズの状況について報告しました。Neil さんはリリースノートへの協力も呼びかけました。特に、kFreeBSD のリリースノートを書くために、kFreeBSD 移植版の使用経験がある方を募集中です。

debian-project メーリングリストでは、ユーザと貢献者の両方の観点で若い人々のコンピュータ経験が年月を経てどのように変わったか、また、そのことが Debian に与える影響は何か、という興味深い議論が進行中です。

今後のイベント

今後、いくつかの Debian 関連のイベントが予定されています。

Debian 関連のイベントや会議に関するより多くの情報を得るには、Debian ウェブサイトのイベントセクションを参照するか、いろいろな地域におけるイベント用メーリングリスト (ヨーロッパオランダラテンアメリカ北アメリカ) を購読してください。

Debian ブースを運営したり Debian インストールパーティーを開催しませんか? 開催予定の Debian 関連のイベントについて知りませんか? 講演のページにリンクを貼りたい Debian 関連の講演を行いましたか? そのような場合は、Debian イベントチーム宛に電子メールを送信してください。

Debian の新しい協力者たち

前号の Debian プロジェクトニュースより後に、4 名の応募者が Debian 開発者として受理され、2 名が Debian メンテナとして受理され、5 名がパッケージのメンテナンスを開始しました。Anton Gladky さん、Andreas Beckmann さん、Brian Thomason さん、Laszlo Kajan さん、Jean-Michel Vourgère さん、Richard Hartmann さん、Vincent W. Chen さん、Willem van den Akker さん、James Bennet さん、Casper Gielen さん、Stein Magnus Jodal さんを歓迎しましょう!

次期リリースに関するリリースクリティカルバグの統計

Ultimate Debian Database のバグ検索インタフェースによると、次期リリースの Debian Wheezy には、現在 224 個のリリースクリティカルバグが存在します。簡単に修正できるか修正作業が始まっているバグを除けば、リリースまでにおよそ 92 個のリリースクリティカルバグの修正が必要です。

統計の詳細と、これらの数値を解釈する方法のヒントを参照できます。

重要な Debian セキュリティ勧告

Debian セキュリティチームは最近、以下のパッケージ (抜粋) にセキュリティ勧告を公開しました: gangliamovabletype-opensourceircd-ratboxrailslibupnplibupnp4sambanagios3。勧告の内容をよく読んで、適切な対策を講じてください。

これらは、先週のセキュリティ勧告の中からより重要なものだけが抜粋されていることに注意してください。Debian セキュリティチームが公開したセキュリティ勧告の最新情報をチェックする必要があるなら、アナウンスを受けとるためにセキュリティメーリングリスト (これとは別に backports セクションのメーリングリストstable-updates セクションのメーリングリスト) を購読してください。

新規の注目パッケージ

最近、21 のパッケージが不安定版の Debian アーカイブに追加されました。新規パッケージからの抜粋:

作業が必要なパッケージ

現時点で530 のパッケージがメンテナ不在となり141 のパッケージがメンテナの引き継ぎを募集中です。完全なリストは支援が必要なパッケージをご覧ください。

これからも DPN を読みたいですか?

この会報の作成を手伝ってはくれませんか? 我々は、Debian コミュニティの活動を眺め、何が起きているのかを報告してくれるボランティアのライターを募集中です。貢献に関するページをご覧になって、手助けの具体的な方法をご確認ください。あなたからのメールを debian-publicity@lists.debian.org でお待ちしています。


このニューズレターを 2 週に一度電子メールで受け取りたい方は、debian-newsメーリングリストを購読してください。

バックナンバーもご利用いただけます。

今週号の Debian プロジェクトニュースは Cédric Boutillier さん、Francesca Ciceri さん、Justin B Rye さん、Paul Wise さん が編集しました。
今井 伸広さん、八津尾 雄介さん、石井 一夫さん、綾小路 龍之介さん、Nobuyuki Morita さん が翻訳しました。