Debian Jr. プロジェクト

1 歳から 99 歳までのこどもための Debian について

これはDebian Pure Blend (短く言えば Blend) です。私達の目標は、Debian をすべての年代のこどもたちが使いたくなるような OS にすることです。 まず最初の目標は、8 歳までのこどもたちのためのものを作りだすことです。 それが達成できたら、次の目標は 7 歳から 12 歳までの年齢を対象にします。 こどもたちがティーンエイジャーになったら、特別な編集などしていない Debian を使いこなせるようになるでしょう。

ニュース

今年度の項目はありません。

もっと古いニュースは、 Debian Jr. ニュースページ を参照してください。

プレスリリース

メーリングリスト

Debian はこの作業グループのためにメーリングリストを開設しました。 メーリングリスト購読ページ から購読できますし、 メーリングリストアーカイブ を読むことができます。

IRC チャネル

irc.debian.org にリアルタイムの議論用チャネル #debian-jr があります。

コミュニティサイト

Alioth に、 Debian Jr. コミュニティサイトが出来ました。 このサイトで開発者とユーザが同じ立場で、Debian Jr. プロジェクトに貢献できます。

協力したいんですけど

Debian Jr. がやるべきことについてどう考えているかについてのお考えをお聞かせください。 また、それを実現するための手助けを行っていただけるなら申し出もお願いします。

インストール

junior-doc パッケージに クイックガイド が収録されています。 このクイックガイドの現在開発中のバージョンは、以下のリンク先にあります。 PostScript 版。 また テキスト版 もあります。 この文書は簡単なインストール手順が、最初から最後まで通して説明されています。 もし Debian をインストールするのが初めてなら、まずインストールマニュアルを見てみるのがいいでしょう。

Debian Jr. のパッケージ

Debian Pure Blend では対象のユーザグループにとって役立つように パッケージ全体の概要 を作成しています。

提携関係

Debian Jr. は、Debian 内部のさまざまなプロジェクトとともに活動しているので、 程度の差はあるにせよ、彼らは私たちにとって特別な意味を持っています。

Debian Jr. にとって、Debian の外部で最も重要な仲間のプロジェクトは Open Source Education Foundation (OSEF) です。長期に渡って、OSEF は資源、激励、刺激を与えてくれています。 今では理事会にも席があり、私たちの作業に関連するさまざまなプロジェクトにおいて、 協力関係を築いています。

Debian を学校で使うための開発は私たち開発グループの主な対象ではありませんが、 それでも作業への関係は当然ながら出てきます。 子供を育てる役割を持つ人は、教育に関心を持つのは自然ですから。 このため、私たちはフリーソフトウェアが学校に根を下ろし育てるために働いている人達とあるべき姿への思いを同じくします。 このため、私たちは Schoolforge の一員であることを誇りに思っています。

Schoolforge Member

また、私たちは Debian Jr. にすばらしいパッケージ群を提供いただいているTux4Kids と友好プロジェクトの関係にあります。

Debian Jr. の目標

こどもたちが望む Debian の作成

Debian Jr. プロジェクトの第一の目標は、Debian をこどもたちが 使いたくなるような OS にすることです。 そのためには、子供の声に耳を傾け、こどもたちが本当に欲しがっているものに 敏感になる必要があります。 親として、開発者として、兄姉として、またシステム管理者として目を開き耳を傾けて、 こどもたちが望むコンピュータを作るすべを見いださなければなりません。 この視点なくしては、「ユーザフレンドリであること」や、 「シンプルであること」、「保守の手間の少なさ」、「頑強であること」 などといった抽象的な目標に惑わされてしまうでしょう。 確かにこれらは Debian 全体にとっては重要な目標なのですが、 こどもたちが望む特定のニーズにとっては曖昧すぎる目標なのです。

他のこども向けフリーソフトウェアプロジェクトとの協働

私たちのプロジェクトと重なる目標や、関連する目標を掲げる既存のプロジェクト (例えば SEUL/edu や Kids Games など) も存在します。 これらのグループがすでに行なった作業を繰り返すのではなく、彼らと協同することによって Debian が彼らの成果をうまく取り入れることができるように、 さらに私たちの成果をお返しできるようにしなければなりません。 また Debian に固有な目標というものもあり、Debian Jr. はそれにも焦点を当てなければなりません。 時間と興味があるならば、個々の Debian Jr. メンバーが他のグループに参加することが推奨されています。

アプリケーション

普通は、こどもが使ってみたいと思うアプリケーションについてのニーズや要望は、 大人とは異なっているものです。 こどもたちが使ってみたいアプリケーションは、ゲームだったり、 ワードプロセッサだったり、テキストエディタだったり、 「お絵書き」プログラムだったりとさまざまでしょう。 Debian に既にあるものから、こどもに適した最良の品質のアプリケーションを探すことや、 こどもに適したアプリケーションでまだ Debian にパッケージがないものを追加し、 良い状態で保守し続けることも目標です。 一つの実現形態は、メタパッケージを提供して、システム管理者が 「こどもに優しい」 アプリケーション群を容易にインストールできるようにすることでしょう。 また、付加的な目標には、 若干の作業を行えばこどもに適したものとなりうる既存パッケージを取り上げ、 それらが「こどもに優しい」ものとなるよう「洗練」させることもあげられます。 その作業は、ドキュメントの穴を埋めたり、 簡単に利用できるようにメニューシステムにエントリを追加したりといった 簡単なものから、上流の作者との共同作業になる複雑なものまでに渡ります。

こども対策とアカウント管理

ここで述べる考え方は必ずしも強力なセキュリティ手段の実装を意味するものではありません。 それは私たちの作業範囲を越えたものだからです。 ここでの目標は、好奇心旺盛なこどもユーザが彼らのアカウントを「破壊」したり、 全システムリソースを食い潰したり、 システム管理者をいちいち煩わすようなことをしたりしないように、 システム管理者にシステムセットアップのためのドキュメントとツールを提供することにあります。 こどものユーザは、システムを探検し、 何が起こるかを見るためだけにシステムに無理強いをしたりするので、 このことはユーザが大人である場合よりもこどもである場合の方が問題となります。 その結果引き起こされる混乱は、 楽しいものであると同時にいらいらさせられるものでもあるでしょう。 この目標は、こどもを対象としたシステム管理者が心の平穏 (とユーモアを解する心) を保てるようにするためのものです。

コンピュータの利用に関する学習

「こども対策」という目標は、 こどもたちが彼らの問題を解決するために 何かを試してみたり (もちろん何かを壊したり) その解決方法を探したりすることを認めていく という目標とバランスがとれていなければなりません。 親にしてもこどもにしても、キーボードや、GUI、シェル、 コンピュータ言語などの使い方を的確に学習するためにはちょっとした手助けが必要です。

ユーザインターフェイス

こどもに適し、同時にこどもに気に入られる GUI およびテキストベースのインターフェイスを探して、 それを実装する必要があります。 この考え方は、ユーザインターフェイスの再発明を意味するものではなく、 こどもに適した便利な設定をあらかじめ提供することによって、 ウィンドウマネージャやメニューシステムなどといった 既存のツールやパッケージの価値を高めることを意味するものです。

家族による手引き

こどもたち (や弟妹) のコンピュータ学習を手助けしたり、 そのアクセスを適切に制限したり、 コンピュータを一人で適切に利用できるように指導したりするためのツールを両親 (場合によっては兄姉) に提供します。 たとえば、大人向けのコンテンツに関していえば、 多くの親はこどもたちがある程度の年齢に達するまで、 彼らを保護するためにインターネットの利用を適切に制限したいと考えるでしょう。 重要なことは、両親がこどもたちにとって適切なものというものを自分たちの考えで判断していくということです。 Debian Jr. グループはこの判断は行いませんが、 両親がその判断を行う際に手助けとなるツールやドキュメントを提供します。 つまり、私たちは規制を設けるよりも「手引き」 を設けることに目標の重点をおくべきだと考えています。 なぜなら、「手引」は肯定的な態度であるのに対して、「規制」 は否定的な態度であると言えるからです。

こどものためのシステム

私たちの最初の目標は、こども自身がシステム管理者として、 自らのシステム上にこどものアカウントを作成し、 こどもたちが喜ぶアプリケーションをシステムに 導入できるようにすることにあり、将来的はそのように こどもが自分たちで自らのシステムを構築するようなときも来るでしょう。 この目標のうちもっとも野心的なものは、 すでに市場に出ている「おもちゃ」コンピュータと同等な Debian ソフトウェアを実現することでしょう。 つまり、特定の年齢層にうけるソフトウェアがあらかじめロードされたり、 明るく色使いされ、図柄のついたようなシステムです。 しかし、そのシステムが Debian ディストリビューションから分岐することなく、 Debian システム内にとどまるものであることは重要です。 これは、例えば "task-" パッケージを利用するなどで Debian パッケージ管理システムを通して完全に実現できる目標ですし、 特別な Debian「こども版」を作成するような開発の分岐は必要ないはずです。

移植

こどもに適するように作られたアプリケーションや、 こどものために作られたアプリケーションには、 Linux への移植が望まれるような素晴らしいものがたくさんあります。 私たちは、第一にこのプロジェクトの成果を通して Debian がこどもたちが使うに値するプラットフォームであることを示し、 第二に個人あるいは団体としてソフトウェアベンダや作者に Linux 向けに製品の移植を行なってくれるよう要請することによって、 それらアプリケーションの移植を進展させて行くことができるでしょう。 同時に、ソフトウェアベンダや作者に彼らのソフトウェアを DFSG フリー なものとしてもらうことができれば、言うことはありません。

国際化

おそらく英語は国際語ではあるでしょうが、 こどもがみな英語を母国語として話すわけではありません。 そして、国際化は Debian 自身の目標ではありますが、 言語に関する問題はこどもに関する場合特に問題となるものなのです。 自分の言語がサポートされていなければこどもたちは Debian を使いたがらず、その代わりに自分の言語がより良くサポートされた他の OS に魅力を感じるでしょう。 ですから、国際化の重要性は忘れてはいけません。

マーケティングと PR

一度このプロジェクトに関して何かアピールすれば、 プロジェクトが進展する間にも世界中から関心が寄せられるでしょう (すでに報道関係者から私的な電子メールを受け取っています)。 私たちは press@debian.org と協力して、PR を行ない、Debian とこのプロジェクトが私たちの望む形で人々の目に触れられるようにしなければなりません。 私たち開発者の多くがその重要性を見落としがちで、 またそんなことに煩わされるのを嫌っていることは承知しています。 しかし、この目標を最初から心に留めておかなければ、 その役目をこのプロジェクトをよく理解せず、 説明もちゃんとできないような人に任せなければならなくなってしまいます。