Debian リファレンス

[FAMILY Given]

概要

This book is free; you may redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License of any version compliant to the Debian Free Software Guidelines (DFSG). (日本語による参考説明: 本書はフリーです; Debian フリーソフトウェアーガイドライン (DFSG) に適合するいかなるバージョンの GNU General Public License の条件の下ででも再配布や改変をすることを許可します。)


目次

序章
1. 免責事項
2. Debian とはなにか
3. 本書について
3.1. 編集指針
3.2. 前提条件
3.3. 文書様式
3.4. ポプコン
3.5. パッケージサイズ
3.6. 本書へのバグ報告
4. 新規ユーザーへの引用文
1. GNU/Linux チュートリアル
1.1. コンソールの基礎
1.1.1. シェルプロンプト
1.1.2. X の下でのシェルプロンプト
1.1.3. root アカウント
1.1.4. root シェルプロンプト
1.1.5. GUI のシステム管理ツール
1.1.6. 仮想コンソール
1.1.7. コマンドプロンプトからの退出方法
1.1.8. システムをシャットダウンする方法
1.1.9. まともなコンソールの復元
1.1.10. 初心者向け追加パッケージの提案
1.1.11. 追加のユーザーアカウント
1.1.12. sudo の設定
1.1.13. お遊びの時間
1.2. Unix-like ファイルシステム
1.2.1. Unix ファイルの基礎
1.2.2. ファイルシステムの内側
1.2.3. ファイルシステムのパーミッション
1.2.4. 新規作成ファイルのパーミッションのコントロール: umask
1.2.5. ユーザーのグループ (group) のパーミッション
1.2.6. タイムスタンプ
1.2.7. リンク
1.2.8. 名前付きパイプ (FIFO)
1.2.9. ソケット
1.2.10. デバイスファイル
1.2.11. 特別なデバイスファイル
1.2.12. procfs と sysfs
1.2.13. tmpfs
1.3. ミッドナイトコマンダー (MC)
1.3.1. MC のカスタム化
1.3.2. MC の始動
1.3.3. MC のファイルマネージャー
1.3.4. MC のコマンドライントリック
1.3.5. MC の内部エディター
1.3.6. MC の内部ビューワー
1.3.7. MC の自動起動機能
1.3.8. MC の FTP 仮想ファイルシステム
1.4. 基本の Unix 的作業環境
1.4.1. login シェル
1.4.2. Bash のカスタム化
1.4.3. 特別のキーストローク
1.4.4. Unix 流のマウス操作
1.4.5. ページャー
1.4.6. テキストエディター
1.4.7. デフォールトのテキストエディターの設定
1.4.8. Vim のカスタム化
1.4.9. シェル活動の記録
1.4.10. 基本 Unix コマンド
1.5. シェルプロンプト
1.5.1. コマンド実行と環境変数
1.5.2. "$LANG" 変数
1.5.3. "$PATH" 変数
1.5.4. "$HOME" 変数
1.5.5. コマンドラインオプション
1.5.6. シェルグロブ
1.5.7. コマンドの戻り値
1.5.8. 典型的なコマンドシーケンスとシェルリディレクション
1.5.9. コマンドエリアス
1.6. Unix 的テキスト処理
1.6.1. Unix テキストツール
1.6.2. 正規表現
1.6.3. 置換式
1.6.4. 正規表現を使ったグローバル置換
1.6.5. テキストファイルからのデーター抽出
1.6.6. コマンドをパイプするためのスクリプト断片
2. Debian パッケージ管理
2.1. Debian パッケージ管理の前提条件
2.1.1. パッケージ設定
2.1.2. 基本的な注意事項
2.1.3. 永遠のアップグレード人生
2.1.4. Debian アーカイブの基本
2.1.5. Debian は 100% フリーソフトウェアーです
2.1.6. パッケージ依存関係
2.1.7. パッケージ管理のイベントの流れ
2.1.8. パッケージ管理のトラブルへの応急対処法
2.2. 基本的パッケージ管理操作
2.2.1. apt-get/apt-cacheaptitude の比較
2.2.2. コマンドラインによる基本的なパッケージ管理操作
2.2.3. aptitude のインタラクティブな使用
2.2.4. aptitude のキーバインディング
2.2.5. aptitude の下でのパッケージの表示
2.2.6. aptitude を使った探索方法
2.2.7. aptitude の regex 式
2.2.8. aptitude による依存関係の解決
2.2.9. パッケージアクティビティーログ
2.3. aptitude 操作例
2.3.1. regex にマッチするパッケージ名のパッケージをリスト
2.3.2. regex マッチをしての閲覧
2.3.3. パッケージの完全削除
2.3.4. 自動 / 手動インストール状態の整理
2.3.5. システム全体のアップグレード
2.4. 高度なパッケージ管理操作
2.4.1. コマンドラインによる高度なパッケージ管理操作
2.4.2. インストールされたパッケージファイルの検証
2.4.3. パッケージ問題からの防御
2.4.4. パッケージメタデーターの検索
2.5. Debian パッケージ管理の内部
2.5.1. アーカイブのメタデーター
2.5.2. トップレベルの "Release" ファイルと信憑性
2.5.3. アーカイブレベルの "Release" ファイル
2.5.4. パッケージメタデーターの取得
2.5.5. APT に関するパッケージ状態
2.5.6. aptitude に関するパッケージ状態
2.5.7. 取得したパッケージのローカルコピー
2.5.8. Debian パッケージファイル名
2.5.9. dpkg コマンド
2.5.10. update-alternative コマンド
2.5.11. dpkg-statoverride コマンド
2.5.12. dpkg-divert コマンド
2.6. 壊れたシステムからの復元
2.6.1. 古いユーザーの設定との非互換性
2.6.2. 重複するファイルを持つ相異なるパッケージ
2.6.3. 壊れたパッケージスクリプトの修正
2.6.4. dpkg コマンドを使っての救済
2.6.5. パッケージセレクションの復元
2.7. パッケージ管理のヒント
2.7.1. Debian パッケージの選択方法
2.7.2. 混合したアーカイブソースからのパッケージ
2.7.3. 候補バージョンの調整
2.7.4. Updates と Backports
2.7.5. "推奨 (Recommends)" によりパッケージがインストールされるのを阻止
2.7.6. unstable からのパッケージと共に、testing を追いかける
2.7.7. experimental からのパッケージと共に、unstable を追いかける
2.7.8. パッケージの自動ダウンロードとアップグレード
2.7.9. APT のよるダウンロードバンド幅の制限
2.7.10. 緊急ダウングレード
2.7.11. 誰がパッケージをアップロードしたのか?
2.7.12. equivs パッケージ
2.7.13. 安定版システムへのパッケージ移植
2.7.14. APT のためのプロキシサーバー
2.7.15. 小さな公開パッケージアーカイブ
2.7.16. システム設定の記録とコピー
2.7.17. 外来のバイナリーパッケージの変換やインストール
2.7.18. dpkg を使わないパッケージの開梱
2.7.19. パッケージ管理の追加参考文書
3. システムの初期化
3.1. ブートストラッププロセスの概要
3.1.1. 1段目: BIOS
3.1.2. 2段目: ブートローダー
3.1.3. 3段目: ミニ Debian システム
3.1.4. 4段目: 通常の Debian システム
3.2. SysV-スタイル init
3.2.1. ランレベルの意味
3.2.2. ランレベルの設定
3.2.3. ランレベル管理例
3.2.4. 各 init スクリプトのデフォールトのパラメーター
3.2.5. ホスト名
3.2.6. ファイルシステム
3.2.7. ネットワークインターフェースの初期化
3.2.8. ネットワークサービスの初期化
3.2.9. システムメッセージ
3.2.10. カーネルメッセージ
3.3. udev システム
3.3.1. カーネルモジュール初期化
4. 認証
4.1. 通常の Unix 認証
4.2. アカウントとパスワードの情報管理
4.3. 良好なパスワード
4.4. 暗号化されたパスワード作成
4.5. PAM と NSS
4.5.1. PAM と NSS によってアクセスされる設定ファイル
4.5.2. 最新の集中システム管理
4.5.3. 「どうして GNU の su は wheel グループをサポートしないのか」
4.5.4. パスワード規則強化
4.6. 他のアクセスコントロール
4.6.1. sudo
4.6.2. PolicyKit
4.6.3. SELinux
4.6.4. サーバーのサービスへのアクセスの制限
4.7. 認証のセキュリティー
4.7.1. インターネット上でセキュアーなパスワード
4.7.2. セキュアーシェル
4.7.3. インターネットのためのセキュリティー強化策
4.7.4. root パスワードのセキュリティー確保
5. ネットワークの設定
5.1. 基本的ネットワークインフラ
5.1.1. ホスト名の解決
5.1.2. ネットワークインターフェース名
5.1.3. LAN のためのネットワークアドレス範囲
5.1.4. ネットワークデバイスサポート
5.2. デスクトップのためのモダンネットワーク設定
5.2.1. GUI のネットワーク設定ツール
5.3. 旧来のネットワーク接続や設定
5.4. ネットワーク接続方法 (旧来)
5.4.1. イーサーネットを使っての DHCP 接続
5.4.2. イーサーネットを使っての静的 IP 接続
5.4.3. pppconfig を使っての PPP 接続
5.4.4. wvdialconf を使った代替 PPP 接続
5.4.5. pppoeconf を使った PPPoE 接続
5.5. ifupdown を使った基本的なネットワーク設定 (旧来)
5.5.1. 簡略化されたコマンドシンタックス
5.5.2. "/etc/network/interfaces" の基本的なシンタックス
5.5.3. ループバックネットワークインターフェース
5.5.4. DHCP サービスを受けるネットワークインターフェース
5.5.5. 静的 IP を使うネットワークインターフェース
5.5.6. ワイアレス LAN インターフェースの基本
5.5.7. WPA/WPA2を使うワイアレスLANインターフェース
5.5.8. WEP を使うワイアレス LAN インターフェース
5.5.9. PPP 接続
5.5.10. 代替の PPP 接続
5.5.11. PPPoE 接続
5.5.12. ifupdown のネットワーク設定状態
5.5.13. 基本ネットワーク設定
5.5.14. ifupdown-extra パッケージ
5.6. ifupdown を使う上級ネットワーク設定 (旧来)
5.6.1. ifplugd パッケージ
5.6.2. ifmetric パッケージ
5.6.3. 仮想インターフェース
5.6.4. 上級コマンドシンタックス
5.6.5. mapping スタンザ
5.6.6. 手動切り替え可能なネットワーク設定
5.6.7. ifupdown システムを使うスクリプト
5.6.8. guessnet を使う mapping
5.7. 低レベルネットワーク設定
5.7.1. Iproute2 コマンド
5.7.2. 安全な低レベルネットワーク操作
5.8. ネットワークの最適化
5.8.1. 最適 MTU の発見
5.8.2. MTU の設定
5.8.3. WAN TCP の最適化
5.9. Netfilter インフラ
6. ネットワークアプリケーション
6.1. ウェッブブラウザー
6.1.1. ブラウザー設定
6.2. メールシステム
6.2.1. Eメールの基本
6.2.2. 近代的メールサービスの基礎
6.2.3. ワークステーションのメール設定戦略
6.3. メールトランスポートエージェント (MTA)
6.3.1. exim4 設定
6.3.2. SASL を使う postfix の設定
6.3.3. メールアドレス設定
6.3.4. 基本的な MTA の操作
6.4. メールユーザーエージェント (MUA)
6.4.1. 基本 MUA — Mutt
6.5. リモートメールの取得および転送ユーティリティー
6.5.1. getmail の設定
6.5.2. fetchmail の設定
6.6. フィルター付きのメールデリバリーエージェント (MDA)
6.6.1. maildrop の設定
6.6.2. procmail の設定
6.6.3. mbox の内容の再配達
6.7. POP3/IMAP4 サーバー
6.8. プリントサーバーとユーティリティー
6.9. リーモートアクセスサーバーとユーティリティー (SSH)
6.9.1. SSH の基本
6.9.2. SMTP/POP3 トンネルをするためのポートフォワーディング
6.9.3. リモートパスワード無しでの接続
6.9.4. 外部 SSH クライアントへの対処法
6.9.5. ssh-agent の設定
6.9.6. SSH 上のリモートシステムをシャットダウンする方法
6.9.7. SSH のトラブルシュート
6.10. 他のネットワークアプリケーションサーバー
6.11. 他のネットワークアプリケーションクライアント
6.12. システムデーモンの診断
7. X Window システム
7.1. 重要パッケージ
7.2. デスクトップ環境の設定
7.2.1. Debian メニュー
7.2.2. Freedesktop.org メニュー
7.2.3. Freedesktop.org メニューからの Debian  メニュー
7.3. サーバー/クライアント関係
7.4. X サーバー
7.4.1. X サーバーの (再)設定
7.4.2. X サーバーへの接続方法
7.5. X Window システムの起動
7.5.1. gdm3 で X セッションをスタート
7.5.2. X セッションのカスタム化 (古典的方法)
7.5.3. X セッションのカスタム化 (新方法)
7.5.4. リモート X クライアントを SSH 経由で接続
7.5.5. インターネット経由のセキュアーな X ターミナル
7.6. X Window でのフォント
7.6.1. 基本的フォント
7.6.2. 追加のフォント
7.6.3. CJK フォント
7.7. X アプリケーション
7.7.1. X オフィスアプリケーション
7.7.2. X ユーティリティーアプリケーション
7.8. X トリビア
7.8.1. X でのキーマップとポインターボタンのマッピング
7.8.2. 古典的 X クライアント
7.8.3. X ターミナルエミュレーター — xterm
7.8.4. X クライアントを root で実行
8. I18N と L10N
8.1. キーボード入力
8.1.1. IBus を使うインプットメソッドのサポート
8.1.2. 日本語の例
8.1.3. インプットメソッドを無効化
8.2. ディスプレー出力
8.3. ロケール
8.3.1. 符号化方式の基本
8.3.2. UTF-8 ロケールを使う根拠
8.3.3. ロケールの再設定
8.3.4. "$LANG" 環境変数の値
8.3.5. X Window の下でのみ特定ロケール
8.3.6. ファイル名の符号化方式
8.3.7. 地域化されたメッセージと翻訳された文書
8.3.8. ロケールの効果
9. システムに関するティップ
9.1. screen プログラム
9.1.1. screen(1) の使い方のシナリオ
9.1.2. screen コマンドのキーバインディング
9.2. データーの記録と表現
9.2.1. ログデーモン
9.2.2. ログアナライザー
9.2.3. シェルの活動を綺麗に記録
9.2.4. テキストデーターのカスタム化表示
9.2.5. 時間と日付のカスタム化表示
9.2.6. 着色化されたシェル出力
9.2.7. 着色化されたコマンド
9.2.8. 複雑な反復のためにエディターでの活動を記録
9.2.9. X アプリケーションの画像イメージの記録
9.2.10. 設定ファイルの変更記録
9.3. プログラム活動の監視と制御と起動
9.3.1. プロセスの時間計測
9.3.2. スケジューリングのプライオリティー
9.3.3. ps コマンド
9.3.4. top コマンド
9.3.5. プロセスによって開かれているファイルのリスト
9.3.6. プログラム活動の追跡
9.3.7. ファイルやソケットを使っているプロセスの識別
9.3.8. 一定間隔でコマンドを反復実行
9.3.9. ファイルに関してループしながらコマンドを反復実行
9.3.10. GUI からプログラムをスタート
9.3.11. スタートするプログラムのカスタム化
9.3.12. プロセスの停止
9.3.13. タスク1回実行のスケジュール
9.3.14. タスク定期実行のスケジュール
9.3.15. Alt-SysRq キー
9.4. システム管理ティップ
9.4.1. だれがシステム上にいる?
9.4.2. 全員への警告
9.4.3. ハードウエアーの識別
9.4.4. ハードウエアー設定
9.4.5. システムとハードウエアーの時間
9.4.6. ターミナルの設定
9.4.7. 音のインフラ
9.4.8. スクリーンセーバーの無効化
9.4.9. ブザー音の無効化
9.4.10. 使用メモリー
9.4.11. システムのセキュリティーと整合性のチェック
9.5. データー保存のティップ
9.5.1. ディスク空間の利用状況
9.5.2. ディスクパーティション設定
9.5.3. UUID を使ってパーティションをアクセス
9.5.4. LVM2
9.5.5. ファイルシステム設定
9.5.6. ファイルシステムの生成と整合性チェック
9.5.7. マウントオプションによるファイルシステムの最適化
9.5.8. スーパーブロックによるファイルシステムの最適化
9.5.9. ハードディスクの最適化
9.5.10. ソリッドステートドライブの最適化
9.5.11. SMART を用いたハードディスクの破壊の予測
9.5.12. $TMPDIR 経由で一時保存ディレクトリーを指定
9.5.13. LVM を使う使用可能なストレージ空間の拡張
9.5.14. 他パーティションをマウントする使用可能なストレージ空間の拡張
9.5.15. 他ディレクトリをバインドマウントする使用可能なストレージ空間の拡張
9.5.16. シムリンクを使う使用可能なストレージ空間の拡張
9.5.17. aufs を使う使用可能なストレージ空間の拡張
9.6. ディスクイメージ
9.6.1. ディスクイメージの作成
9.6.2. ディスクに直接書込み
9.6.3. ディスクイメージファイルをマウント
9.6.4. ディスクイメージのクリーニング
9.6.5. 空のディスクイメージ作成
9.6.6. ISO9660 イメージファイル作成
9.6.7. CD/DVD-R/RW に直接書込み
9.6.8. ISO9660 イメージファイルをマウント
9.7. バイナリーデーター
9.7.1. バイナリーデーターの閲覧と編集
9.7.2. ディスクをマウントせずに操作
9.7.3. データーの冗長性
9.7.4. データーファイルの復元と事故の証拠解析
9.7.5. 大きなファイルを小さなファイルに分割
9.7.6. ファイル内容の消去
9.7.7. ダミーファイル
9.7.8. ハードディスクの全消去
9.7.9. ハードディスク未使用部分の全消去
9.7.10. 削除されたがまだオープン中のファイルの復活法
9.7.11. 全てのハードリンクを検索
9.7.12. 見えないディスクスペースの消費
9.8. データー暗号化ティップ
9.8.1. dm-crypt/LUKS を使ったリムーバブルディスクの暗号化
9.8.2. dm-crypt を使って swap パーティションを暗号化
9.8.3. eCryptfs を使って自動的にファイルを暗号化
9.8.4. eCryptfs を自動的にマウント
9.9. カーネル
9.9.1. Linux カーネル 2.6/3.x
9.9.2. カーネル変数
9.9.3. カーネルヘッダー
9.9.4. カーネルと関連モジュールのコンパイル
9.9.5. カーネルソースのコンパイル: Debian カーネルチーム推奨
9.9.6. ハードウエアードライバーとファームウエアー
9.10. 仮想化システム
9.10.1. 仮想化ツール
9.10.2. 仮想化の業務フロー
9.10.3. 仮想ディスクイメージファイルをマウント。
9.10.4. Chroot システム
9.10.5. 複数のデスクトップシステム
10. データー管理
10.1. 共有とコピーとアーカイブ
10.1.1. アーカイブと圧縮ツール
10.1.2. コピーと同期ツール
10.1.3. アーカイブの慣用句
10.1.4. コピーの慣用句
10.1.5. ファイル選択の慣用句
10.1.6. アーカイブメディア
10.1.7. リムーバブルストレージデバイス
10.1.8. データー共有用のファイルシステム選択
10.1.9. ネットワーク経由でのデーター共有
10.2. バックアップと復元
10.2.1. バックアプユーティリティーのスイート
10.2.2. システムバックアップ用スクリプトの例
10.2.3. データーバックアップ用コピースクリプト
10.3. データーセキュリティーのインフラ
10.3.1. Gnupg のためのキー管理
10.3.2. GnuPG をファイルに使用
10.3.3. Mutt で GnuPG を使用
10.3.4. Vim で GnuPG を使用
10.3.5. MD5 和
10.4. ソースコードマージツール
10.4.1. ソースファイル間の相違の抽出
10.4.2. ソースファイルに更新をマージ
10.4.3. 3方マージによる更新
10.5. バージョンコントロールシステム
10.5.1. VCS コマンドの比較
10.6. Git
10.6.1. Git クライアントの設定
10.6.2. Git リファレンス
10.6.3. Git コマンド
10.6.4. Subversion レポジトリー用の Git
10.6.5. 設定履歴記録のための Git
10.7. CVS
10.7.1. CVS レポジトリーの設定
10.7.2. CVS へのローカルアクセス
10.7.3. pserver を使った CVS へのリモートアクセス
10.7.4. ssh を使った CVS へのリモートアクセス
10.7.5. 新規ソースを CVS にインポート
10.7.6. CVS レポジトリーのファイルパーミッション
10.7.7. CVS のワークフロー
10.7.8. CVS から最新ファイル
10.7.9. CVS の管理運営
10.7.10. CVS チェックアウトの実行ビット
10.8. Subversion
10.8.1. Subversion レポジトリーの設定
10.8.2. Apach2 サーバーの経由の Subversion アクセス
10.8.3. グループによる Subversion へのローカルアクセス
10.8.4. グループによる Subversion への SSH 経由のリモートアクセス
10.8.5. Subversion ディレクトリー構造
10.8.6. 新規ソースを Subversion にインポート
10.8.7. Subversion のワークフロー
11. データー変換
11.1. テキストデーター変換ツール
11.1.1. テキストファイルを iconv を使って変換
11.1.2. ファイルが UTF-8 であると iconv を使い確認
11.1.3. iconv を使ってファイル名変換
11.1.4. 行末変換
11.1.5. タブ変換
11.1.6. 自動変換付きエディター
11.1.7. プレーンテキスト抽出
11.1.8. プレーンテキストデーターをハイライトとフォーマット
11.2. XML データー
11.2.1. XML に関する基本ヒント
11.2.2. XML 処理
11.2.3. XML データー抽出
11.3. タイプセッティング
11.3.1. roff タイプセッティング
11.3.2. TeX/LaTeX
11.3.3. マニュアルページを綺麗に印刷
11.3.4. マニュアルページの作成
11.4. 印刷可能データー
11.4.1. Ghostscript
11.4.2. 2つの PS や PDF ファイルをマージ
11.4.3. 印刷可能データーユーティリティー
11.4.4. CUPS を使って印刷
11.5. メールデーター変換
11.5.1. メールデーターの基本
11.6. グラフィクスデーターツール
11.7. その他のデーター変換
12. プログラミング
12.1. シェルスクリプト
12.1.1. POSIX シェル互換性
12.1.2. シェル変数
12.1.3. シェル条件式
12.1.4. シェルループ
12.1.5. シェルコマンドライン処理シーケンス
12.1.6. シェルスクリプトのためのユーティリティープログラム
12.1.7. シェルスクリプトダイアログ
12.1.8. zenity を使うシェルスクリプト例
12.2. Make
12.3. C
12.3.1. 単純な C プログラム (gcc)
12.4. デバグ
12.4.1. 基本的な gdb 実行
12.4.2. Debian パッケージのデバグ
12.4.3. バックトレースの収集
12.4.4. 上級 gdb コマンド
12.4.5. X エラーのデバグ
12.4.6. ライブラリーへの依存の確認
12.4.7. メモリーリーク検出ツール
12.4.8. 静的コード分析ツール
12.4.9. バイナリーのディスアッセンブリー
12.5. Flex — 改良版 Lex
12.6. Bison — 改良版 Yacc
12.7. Autoconf
12.7.1. プログラムをコンパイルとインストール
12.7.2. プログラムのアンインストール
12.8. 究極の短い Perl スクリプト
12.9. ウェッブ
12.10. ソースコード変換
12.11. Debian パッケージ作成
A. 補遺
A.1. Debian 迷路
A.2. 著作権の経緯
A.3. 文書のフォーマット

表の一覧

1.1. 興味あるテキストモードのプログラムパッケージのリスト
1.2. 有用な文書パッケージのリスト
1.3. 重要ディレクトリーの使い方のリスト
1.4. "ls -l" の出力の最初の文字のリスト
1.5. chmod(1) コマンドで用いられるファイルパーミッションの数字モード
1.6. umask 値の例
1.7. ファイルアクセスのためにシステムが供給する特記すべきグループのリスト
1.8. 特定コマンド実行のためにシステムが供給する特記すべきグループのリスト
1.9. タイムスタンプのタイプのリスト
1.10. スペシャルなデバイスファイルのリスト
1.11. MC のキーバインディング
1.12. enter キー入力への MC の反応
1.13. シェルプログラムのリスト
1.14. Bash のキーバインディングのリスト
1.15. Unix 流のマウス操作
1.16. 基本の Unix コマンドのリスト
1.17. ロケールの値の3つの部分
1.18. 推奨ロケールのリスト
1.19. "$HOME" の値のリスト
1.20. シェルグロブパターン
1.21. コマンドの終了コード
1.22. シェルコマンドの慣用句
1.23. 事前定義されたファイルデスクリプタ
1.24. BRE と ERE のメタ文字
1.25. 置換式
1.26. コマンドをパイプするためのスクリプト断片
2.1. Debian のパッケージ管理ツールのリスト
2.2. Debian アーカイブサイトのリスト
2.3. Debian アーカイブエリアのリスト
2.4. スイーツとコード名の関係
2.5. 特定パッケージの問題解決のためのキーとなるウェッブサイトのリスト
2.6. aptitude(8)apt-get(8) /apt-cache(8) を使うコマンドラインによる基本パッケージ管理操作
2.7. aptitude(8) に関する特記すべきコマンドオプション
2.8. aptitude のキーバインディングのリスト
2.9. aptitude の表示のリスト
2.10. 標準パッケージ画面の分類
2.11. aptitude の regex 式のリスト
2.12. パッケージアクティビティーのログファイル
2.13. 高度なパッケージ管理操作
2.14. Debian アーカイブのメタデーターの内容
2.15. Debian パッケージの名前の構造
2.16. Debian パッケージ名の各部分に使用可能な文字
2.17. dpkg が作成する特記すべきファイル
2.18. apt-pinning テクニックに関する特記すべき Pin-Priority 値をリストします。
2.19. Debian アーカイブ専用のプロキシツールのリスト
3.1. ブートローダーのリスト
3.2. GRUB パラメーターの意味
3.3. Debian システムののブートユーティリティーのリスト
3.4. ランレベルとその用途説明のリスト
3.5. カーネルエラーレベルのリスト
4.1. 3つの pam_unix(8) に関する重要な設定ファイル
4.2. "/etc/passwd" の2番目のエントリーの内容
4.3. アカウント情報を管理するコマンドのリスト
4.4. パスワード生成ツールのリスト
4.5. 特記すべき PAM と NSS システムのリスト
4.6. PAM NSS によりアクセスされる設定ファイルのリスト
4.7. インセキュアーとセキュアーのサービスとポートのリスト
4.8. 追加セキュリティー策を提供するツールのリスト
5.1. GUI のネットワーク設定ツール
5.2. ネットワークアドレス範囲のリスト
5.3. 典型的なネットワーク接続方法と接続経路のリスト
5.4. ネットワーク接続設定のリスト
5.5. ネットワーク接続の省略語のリスト
5.6. pppconfig を使っての PPP 接続のための設定ファイルのリスト
5.7. wvdialconf で PPP 接続する際の設定ファイルリスト
5.8. pppoeconf を用いて PPPoE 接続する際の設定ファイルのリスト
5.9. ifupdown を使う基本的なネットワーク設定コマンドのリスト
5.10. "/etc/network/interfaces" のスタンザのリスト
5.11. WLAN の略語のリスト
5.12. ネットワークデバイスの用語法のリスト
5.13. ifupdown を使う上級ネットワーク設定コマンドのリスト
5.14. ifupdown システムが引き渡す環境変数のリスト
5.15. 型遅れとなった net-tools コマンドと新しい iproute2 コマンド等との翻訳表
5.16. 低レベルネットワークコマンドのリスト
5.17. ネットワーク最適化ツールのリスト
5.18. 最適 MTU 値の基本的なガイドライン
5.19. ファイアーウォールツールのリスト
6.1. ウェッブブラウザーのリスト
6.2. ブラウザープラグインのリスト
6.3. ワークステーションでの基本的メールトランスポートエージェント関連パッケージのリスト
6.4. Debian アーカイブ中のメールトランスポートエージェント (MTA) パッケージに関する選択肢リスト
6.5. 重要 postfix マニュアルページのリスト
6.6. メールアドレス関連のファイルのリスト
6.7. 基本的 MTA 操作のリスト
6.8. メールユーザーエージェント (MUA) のリスト
6.9. リモートメールの取得および転送ユーティリティーのリスト
6.10. フィルター付きの MDA のリスト
6.11. POP3/IMAP サーバーのリスト
6.12. プリントサーバーとユーティリティーのリスト
6.13. リモートアクセスサーバーとユーティリティーのリスト
6.14. SSH の認証プロトコルと方法のリスト
6.15. SSH 設定ファイルのリスト
6.16. SSH クライアント起動例のリスト
6.17. 他のプラットフォーム上で使えるフリーな SSH クライアントのリスト
6.18. 他のネットワークアプリケーションサーバー
6.19. 他のネットワークアプリケーションクライアント
6.20. よく使われる RFC のリスト
7.1. X Window のためのキーとなる (メタ)パッケージのリスト
7.2. サーバー/クライアントの用語法のリスト
7.3. X サーバーへの接続方法のリスト
7.4. X Window フォントシステムをサポートするパッケージのテーブル
7.5. PostScript Type 1 フォントへの対応表
7.6. TrueType フォントへの対応表
7.7. CJK フォント名中でフォントタイプを示すために使われるキーワード表
7.8. 基本的な X オフィスアプリケーションのリスト
7.9. 基本的 X ユーティリティーアプリケーションのリスト
8.1. キーボード再設定方法のリスト
8.2. IBus を用いるインプットメソッドサポートのリスト
9.1. ネットワーク切断の中断をサポートするプログラムのリスト
9.2. screen キーバインディングのリスト
9.3. システムログアナライザーのリスト
9.4. wheezy での "ls -l" コマンドによる時間と日付の表示例
9.5. 画像の操作ツールのリスト
9.6. VCS 中に設定の履歴を記録するパッケージのリスト
9.7. プログラム活動の監視と制御のツールのリスト
9.8. スケジューリングのプライオリティーのためのナイス値のリスト
9.9. ps コマンドのスタイルのリスト
9.10. top のコマンドのリスト
9.11. kill コマンドが良く使うシグナルのリスト
9.12. SAK コマンドキーのリスト
9.13. ハードウエアー識別ツールのリスト
9.14. ハードウエアー設定ツールのリスト
9.15. サウンドパッケージのリスト
9.16. スクリーンセーバーを無効にするコマンドのリスト
9.17. レポートされるメモリーサイズのリスト
9.18. システムセキュリティーや整合性確認のためのツールリスト
9.19. ディスクパーティション管理パッケージのリスト
9.20. ファイルシステム管理用パッケージのリスト
9.21. バイナリーデーターを閲覧や編集するパッケージのリスト
9.22. ディスクをマウントせずに操作するパッケージのリスト
9.23. ファイルにデーターの冗長性を追加するツールのリスト
9.24. データーファイルの復元と事故の証拠解析のリスト
9.25. データー暗号化ユーティリティーのリスト
9.26. Debian システム上でカーネルの再コンパイルためにインストールする重要パッケージのリスト
9.27. 仮想化ツールのリスト
10.1. アーカイブと圧縮ツールのリスト
10.2. コピーと同期ツールのリスト
10.3. 典型的な使用シナリオに合わせたリムーバブルストレージデバイスのファイルシステムの選択肢のリスト
10.4. 典型的使用シナリオの場合のネットワークサービスの選択のリスト
10.5. バックアップスイートのユーティリティーのリスト
10.6. データーセキュリティーインフラツールのリスト
10.7. キー管理のための GNU プライバシガードコマンドのリスト
10.8. トラストコードの意味のリスト
10.9. ファイルに使用する GNU プライバシーガードコマンドのリスト
10.10. ソースコードマージツールのリスト
10.11. バージョンコントロールシステムツールのリスト
10.12. 本来の VCS コマンドの比較
10.13. git 関連のパッケージとコマンドのリスト
10.14. CVS コマンドの特記すべきオプション (cvs(1) の最初の引数として使用)
10.15. Subversion コマンドの特記すべきオプション (svn(1) の最初の引数として使用)
11.1. テキストデーター変換ツールのリスト
11.2. 符号化方式値とその使い方リスト
11.3. 異なるプラットフォーム上での行末スタイルのリスト
11.4. bsdmainutilscoreutils パッケージ中のタブ変換コマンドのリスト
11.5. プレーンテキストデーター抽出ツールのリスト
11.6. プレーンテキストデーターをハイライトするツールのリスト
11.7. XML で事前定義されているエントリーのリスト
11.8. XML ツールのリスト
11.9. DSSLツールのリスト
11.10. テキストデーター変換ツールのリスト
11.11. XML整形印刷ツールのリスト
11.12. タイプ設定ツールのリスト
11.13. マンページ作成を補助するパッケージのリスト
11.14. Ghostscript PostScript インタープリタのリスト
11.15. プリントできるデーターのユーティリティーのリスト
11.16. メールデーター変換を補助するパッケージのリスト
11.17. 画像データーツールのリスト
11.18. その他のデーター変換ツールのリスト
12.1. プログラムをすることを補助するパッケージのリスト
12.2. 典型的 bashizms のリスト
12.3. シェル変数のリスト
12.4. シェル変数展開のリスト
12.5. 重要なシェル変数置換のリスト
12.6. 条件式中のファイル比較オペレーター
12.7. 条件式中での文字列比較オペレータのリスト
12.8. シェルスクリプト用の小さなユーティリティープログラムを含むパッケージのリスト
12.9. ユーザーインターフェースプログラムのリスト
12.10. make の自動変数のリスト
12.11. make 変数の展開のリスト
12.12. 上級 gdb コマンドのリスト
12.13. メモリーリーク検出ツールのリスト
12.14. 静的コード分析ツールのリスト
12.15. Yacc 互換の LALR パーサー生成ソフトのリスト
12.16. ソースコード変換ツールのリスト