Debian イベントのための素材と商品

このページには、いろいろな商品素材の一覧が掲載されており、 Debian のブースを企画している人が利用できます (したがって一から作る必要はありません)。

ポスター

ポスターは本当にブースを見栄えよくしてくれるので、 時間をとって何枚か印刷すべきです。また、注意して作成しておけば、 それらを違うイベントでその時々に使うこともできます。 もしそれらを保管したくないと思うなら、BOF (仲間同士の) ミーティングでそれらをあげてしまうこともできます。

Arti Kumria さんは、 以下のポスターを 2000 年 3 月にシドニーで行われた LinuxExpo Australia のためにデザインしました。

どちらの PostScript ファイルも、展開すると約 277 MB になります。 注意してください!

これらのポスターは、元々 Kinkos で印刷され、その時には (ラミネーションも含めて) 約 45 分かかりました。 印刷が終わるまでには長い時間がかかるということに注意してください。Kinkos に提出してから Anand さんがポスターを受け取るまでの所要時間は 36 時間でした。

プレビュー PDF ファイルは、Debian の渦巻が赤ではなくピンクになっている以外は、 ポスターがどのように見えるのかをよくあらわしています。印刷すればきちんと見えます (が、必ず Kinkos の下刷りを受け取ってください)。

上に挙げたポスターはパブリックドメインにてリリースされています。 もしオリジナルデータを入手したいなら、Anand Kumria さんに連絡してください。

ドイツでは、Joey さんが何枚かのポスターを持っていて、yellow post 経由で送ってくれます。 しかし貸出しのみで、展示会での Debian ブースでの利用に限ります。

米国では Don Armstrong さんがバナー集を持っています。

また Thimo Neubauer さんは、Debian 開発者の座標を載せた世界地図を用意しました。

73lab.com で Alexis Younes さんは、 いくつかの素敵なポスターも作ってくれました。それらは、 ここからダウンロード できます。いくつかの印刷済みポスターがドイツで利用できます。debian-events-eu メーリングリストで尋ねてみてください。ところで: これらはとてもよく売れているので、もっと印刷すべきだったかもしれません :)

チラシとパンフレット

訪問者はブースから何かを持って帰るのが好きなものです。あまり高価なもの (下方参照) をあげる余裕がない場合でも、チラシなら用意できます。 チラシには Debian に関する多くの疑問を解消する力があり、 人々に協力するよう誘うことができます。また、チラシは紙なので、 それにメモを取ることもできるのです! 結局のところ、チラシはとても役に立ちます。

多言語のチラシのソースや印刷のための説明は、Debian フライヤーズウェブページにあります。

パンフレットは、英語とスペイン語の AbiWord ファイルが使えます。同じく翻訳するのは簡単です。

ヨーロッパでは、Debian の人々が LinuxTag 2002 の準備期間中に作成した、印刷済みで二ヵ国語 (英語とドイツ語) 対応のチラシを、Michael Meskes さんが管理しています。 展示会が上に挙げた言語圏以外の国で開催されるとしても、 おそらくチラシは訪問者が Debian プロジェクトを理解するのを助けるでしょう。また、 いつでもそれらをあなたの国の言語に翻訳できます。これらの印刷済みチラシは、Michael Meskes さんから求められるかもしれません。

デモシステム

Debian が動くシステムをセットアップし、Debian オペレーティングシステムで何ができるのか、どのように使うのかを デモするのはもちろんよいアイデアです。システムをセットアップするのに必要な のは、1 台のマシンを準備し、そこに Debian をインストールすることだけです。

システムを補助する人がいなければ、見栄えの良いデモをセットアップしておく だけで良いのです。Debianアーカイブにはたくさんのデモがあります。Mesa や OpenGL のデモは人目を引くでしょう。 Debian 開発者の名前を表示する スクリーンセーバも、次のようにプロジェクトの全てのメンバー一覧のテキスト ファイルを生成することで簡単に作れます: grep-available -n -s Maintainer '' | sort -u その後、 FlipTextFontglideNoseguyPhosphorStarwars などのスクリーンセーバを使ってください。 他にも、Debian デスクトップを使ってインターネットをブラウズさせたりできる でしょう。

さらに、少々複雑ですがより印象に残る BabelBox デモを セットアップすることもできます。Christian Perrier さんが開発したこの Babelbox デモは、マシンに Debian を自動的にインストールする Debian インストーラの自動化機能という利点をうまく利用したシステムです。 これはオプションですが、立ち上げる度に異なる言語に翻訳されたインストーラで 起動するようにもできます。どのようにシステムをセットアップ (2 台のマシンが 必要です) すればよいかについての詳細は wiki ページを ご覧ください。

ステッカー

ブースで最も喜ばれるものの一つはステッカーです。Debian のステッカーはあなたの好きな OS のイメージを、ラップトップ、モニター、 サーバなどに張り付けられるのでとても便利です (注意: 背景が透明なステッカーは、 白地のものよりも断然かっこいいです)。

ロゴ (概要を示した条件下で) や利用可能なステッカーなど、 どちらでも使えます。サブディレクトリのページでは、粘着紙にふつうの (カラー) プリンタで印刷するのに便利な、 ロゴを敷き詰めたページを作成するのに必要なソースがあります。

加えて、Free Software Foundation にも、いくつかクールなステッカーがあります。それらには、GNU protectedGNU & Linux – the dynamic duoGNU/Linux inside などと書かれています。お見逃しなく。

ホイルステッカー

ブースで使用するのに素晴らしいものとして、ステッカーがあります。 しかし、その大半はただ印刷しただけで、多くの場合日光や水、または汚れで使えなくなります。 箔ラベルは密着させた箔で、特別な種類のプロッタで形状にあわせて切断されます。 そういうものなので背景が白や透明などといったことはなくすべてが単なる箔です。 したがって、ラップトップや車、ブースの公衆ボックス、大抵のブース等何にでも合います。

他の利点として大きさの自由度があります。プロッタのサイズによりますが、 3cm 程度から 1.20m 程度までは可能なことが多いでしょう。

ステッカーを使うことでブースを格好よくもできます。 小さめのものを用意して訪問してきた人に配る等といったこともできます。

ステッカーは安く作れますが、金銭的価値は高くなるので、 販売したり寄付用に配るのにとても良いものになるでしょう。

Debconf を含めた多くの様々な Linux カンファレンスや展示会で、 訪問してくる人がこういったものをよく好み、 寄付する意欲につながることが示されています。

追加の情報やサンプル、ファイルをステッカーディレクトリで得られます。 例えば一枚の箔に多くの異なるステッカーを印刷するなど。 この場合単一ページ印刷用が使えます。

開発者用の Debian 名刺

(開発者か否かを問わず) 人々は空き時間を Debian のために長い時間捧げているので、彼らへの贈り物を用意するのはいいことです。Debian の名刺は見せるのにもかっこいいもので、人々の持つある種のプライドを満たします!

また、イベントやブースの企画を担当する人や、 社交行事で他のプロジェクトのリーダーやコーディネータと接触する人は、 彼らと名刺交換をすることがあります。Debian のロゴ入り名刺を渡すことで Debian の印象に一役買い、ふつうなら紙に走り書きしないといけないような重要な情報 (メールアドレス、GPG 鍵指紋…など) を配るのに便利です。

ここに使えそうな名刺の見本があります。 カスタマイズは簡単で、card.tex ファイルに個人情報を入れて編集し、 単に latex card.tex コマンドを実行するだけです。結果を確認してください。

スライド

急遽 “Debian プロジェクトとは?” について講演をするはめになっても、心配はいりません。スライドを取得したりソースを閲覧して、アイデアに役立ててください。 さらに、さまざまな人が Debian やプロジェクトの側面を取り上げてきた講演のリストを見てください。また Joey さんは、 お手本にしたくなるような Debian に関する講演の一般的な枠組みを用意してくれています。

あなたのスライドを引き立たせる、素敵な背景画像も利用できます。 例えば Patrick McFarland さん作のこの派手な Debian ゲルのロゴなどです。もしもっと使えそうな画像があれば、教えてください。さらに多くの Debian アートワークが、バナーロゴのページにあります。

T シャツ

T シャツはとても高くつきますが、ブースやイベントの企画を手伝ってくれた人々への、 本当にいい贈り物になります (本当に彼らが役にたったのであれば)。 T シャツに使えるいくつかの画像を見てください。

CD-ROM

CD-ROM を配るために空の CD を買うのなら、もう少しお金をかけてちょっと多めに CD を焼いた方がよいでしょう。無地のままの CD-ROM ディスクよりは見栄えよくなるように心がけてください (アートワークを使ってください)。 Debian の CD-ROM に関する主な情報は、Debian の CD のページにあり、ダウンロードの手順が詳しく述べられています。 その中には、カバーやラベルに使えるとても素敵なアートワークも含まれています。 対応するソフトウェアのライセンスにしたがって、必要な措置を講じてください。

その他の情報源

Debian の商品に使えるアイデアやイメージのよい情報源は http://gnuart.onshore.com/ です。

注意: (チラシ、パンフレット、スライドのような) 情報には、用意されてからすでに時代遅れになっているものがあるかもしれません。 もしそれらを新しいイベントで使うなら、情報が最新かどうか確かめて、 必要なら更新してください。更新した場合は、変更点を debian-www にバグ報告するか、メールで events@debian.org まで送ってください。

謝辞

ここに書かれた、もしくはリンクされた素材は、 我々が感謝すべき多くの人々の貢献によるものです。 これにより他の人々は楽することができます。以下の人々に感謝します。