Debian GNU/kFreeBSD

Debian GNU/kFreeBSD は FreeBSD のカーネル上に GNU C library を使用した GNU ユーザランドと普通の Debian パッケージ群で構成される移植版です。

これはリリース作業継続中です。 Debian 6.0 (Squeeze) でテクノロジープレビュー、そして最初の非 Linux 移植版としてリリースされました。

Resources

移植版についてのさらなる情報 (FAQ を含む) が Debian GNU/kFreeBSD wiki ページにあります。

メーリングリスト

Debian GNU/k*BSD メーリングリスト

IRC

#debian-kbsd IRC チャンネル (irc.debian.org)。

開発

Glibc を使用しているため移植性の問題は非常に単純で、 ほとんどの場合テストケースを別の Glibc ベースのシステム (GNU や GNU/Linux など) から "k*bsd*-gnu" へ複製する程度です。詳細については移植文書を見てください。

やらなければならない作業のさらなる詳細については TODO ファイルも見てください。

Debian 開発者が利用可能なハードウェア

asdfasdf.debian.net (kfreebsd-amd64) と io.debian.net (kfreebsd-i386) が移植作業のために Debian 開発者が利用可能です。さらなる情報については、 マシンデータベースを見てください。 通常 2 つの chroot 環境が使えます: testing と unstable です。 このシステムはまだ DSA による管理ではないので、 debian-admin 宛に要求について送ることのないようにしてください。 代わりに admin@asdfasdf.debian.netadmin@io.debian.net を使ってください。