移植版 ] [ Sparc 用 Debian ] [ 謝辞 ] [ 移植 ] [ 問題 ]

Debian SPARC 移植版

概観

これらのページは、SPARC アーキテクチャ上で Debian GNU/Linux を稼働させているユーザや Debian 開発者を支援するためのものです。 これらのページには、 現状や既知の問題に関する情報や、 Debian 移植作業者の情報、 更なる情報へのポインタなどがあります。

現状

Debian SPARC は公式にリリースされ、安定していることが知られています。 (32-bit ユーザランドの) Sun4u および sun4v マシンがサポートされています。 サポートされるシステムやハードウェア、Debian のインストール方法については、 簡易マニュアル をご覧ください。

64-bit SPARC のサポートについて

Debian SPARC 移植版は、既に述べた通り Sun4u (「Ultra」) および sun4v (Niagara CPU) アーキテクチャをサポートしています。 こちらは、(バージョン 3.3 以降の gcc でコンパイルされた) 64-bit カーネルを利用しますが、 ほとんどのアプリケーションは 32-bit で動作します。 こちらは「32-bit ユーザランド」とも呼ばれています。

Debian SPARC 64 (別名「UltraLinux」とも呼ばれています) の移植の取組 みは現在、他の移植版のように完全な移植に取り組んでいるわけではありません。 むしろ、SPARC の移植版に対する アドオンを目指しています。

実際、全てのアプリケーションが 64-bit モードで動作するわけではありませ ん。完全な 64-bit モードは、よく何の利点もなしに(メモリとディスクサイ ズの)かなりのオーバーヘッドを必要とします。アプリケーションのあるもの は 64-bit モードにすることで実際に恩恵を受けることができ、そしてそれが この移植版の取組みの目標です。

sun4u 用にカーネルをコンパイルする

sun4u 用に Linux カーネルをコンパイルするために、Linux 2.2 かそれより 新しいソースツリーを使う必要があります。

私達はカーネルのインストールと取り扱いを助けるために kernel-package パッケージを使うことを強くお勧めします。 (root で)コマンド1つで設定されたカーネルをコンパイルできます。

  make-kpkg --subarch=sun4u --arch_in_name --revision=custom.1 kernel_image

エラッタ

修整したり迂回する必要がある共通の問題は、私達の エラッタページ で見つけることができます。

私たちは誰なのか? 作業を手伝うには?

Debian SPARC の移植作業は、Debian がそうであるように、 分散されて行なわれています。 手短なクレジット一覧は用意されていますが、 数えきれないほどの人々が移植や文書作成の作業に関わっています。

作業を手伝っていただける方は、 以下の説明をご覧になって、 <debian-sparc@lists.debian.org> メーリングリストに参加し、 一声かけてください。

移植や移植されたパッケージのアップロードに積極的に取り組みたい 登録済みの開発者は、 Developers リファレンス の移植作業に関するガイドラインを読み、 SPARC 移植作業ページもご覧ください。

SPARC 移植版についての Debian 関連の質問を行なうには、 メーリングリスト +<debian-sparc@lists.debian.org> が最も適切でしょう。 メーリングリストの アーカイブ はウェブで閲覧できます。

こちらのメーリングリストを購読するには、 本文には何も書かずサブジェクトに `subscribe' と書いた電子メールを debian-sparc-request@lists.debian.org 宛てに送ってください。 あるいは、ウェブ上にある メーリングリストの購読 ページで購読を申し込んでください。

カーネル関連の質問は <sparclinux@vger.rutgers.edu> メーリングリスト宛てにお願いします。 こちらを購読するには、本文に `subscribe sparclinux' と書いたメッセージを majordomo@vger.rutgers.edu 宛てに送ってください。 もちろん Red Hat のメーリングリストもあります。

以下は、Linux SPARC (別名「S/Linux」) 関連の非常に簡単なリンク集です。