Debian のリリース

Debian は少なくとも安定版 (stable)テスト版 (testing)不安定版 (unstable) の 3 つのリリースを常に活発に保守管理しています。

安定版 (stable)

安定版ディストリビューションは、 公式にリリースされた Debian ディストリビューションの最新版です。

これは、私たちが第一に使用を薦める Debian のプロダクションリリースです。

Debian の現在の安定版ディストリビューションは バージョン 7 (コードネーム wheezy) です。 2013 年 5 月 4 日 に初版 7.0 がリリースされ、最新の更新版 7.6 は 2014 年 7 月 12 日 にリリースされました。

テスト版 (testing)

テスト版ディストリビューションは、安定版に取り入れられるのを 待ってはいるものの、まだ安定版リリースに受け入れられていないパッケージを 含んでいます。このディストリビューションを使う主な長所は、より新しいバージョン のソフトウェアを収録しているということです。

テスト版とは何か、そしてどのようにして安定版になるかについてさらに詳しく知りたい場合は、Debian FAQ をご覧ください。

現在のテスト版ディストリビューションは jessie です。

不安定版 (unstable)

不安定版ディストリビューションとは、Debian の開発が活発に行われる場所です。 このディストリビューションは通常、 開発者や多少の危険を厭わない方に利用されています。

不安定版ディストリビューションは sid と呼ばれています。

リリースインデックス

Debian の以前のリリースのウェブページはそのまま残されていますが、 リリース自体は、別の場所にあるアーカイブにしかありません。

コードネームの由来については、Debian FAQ を参照してください。

リリースのデータの整合性

データの整合性は、デジタル署名された Release ファイルにより保証されます。そのことを確実にするために、リリースに含まれる 全てのファイルが Release ファイルに属し、 全ての Packages ファイルの MD5 チェックサムが Release ファイルにコピーされます。

このファイルのデジタル署名は、 アーカイブ署名用の鍵の最新版を用いて Release.gpg に格納されます。 stable および oldstable には、 安定版リリースチーム のメンバによってリリース向けに特別に生成されたオフライン鍵を使い、追加の署名が 作成されています。