Debian GNU/Linux 5.0 -- 正誤表

既知の問題

アップグレードの際に鍵 4D270D06F42584E6 に関する警告が出る

アップグレードのため、Lenny を sources.list に追加後、 4D270D06F42584E6 の鍵が無いという警告を見ることが多くあります。 これは Lenny の Release ファイルが二つの鍵で署名されており、一つは Etch で利用可能ですが、もう一つは 初期段階で同梱されていなかったからです。 この警告はあまり意味がありません。 なぜならば Release ファイルを検証するには一つの鍵で十分であり、 Etch のシステム Lenny にアップグレードする前に一度アップグレードを実施すると警告は出なくなります (debian-archive-keyring パッケージのバージョン 2009.01.31 がインストールされるはずです)。

セキュリティ上の問題

Debian セキュリティチームは、安定版リリース中のパッケージについてセキュリティに関連する問題として認識した問題を更新します。 lenny で確認されているセキュリティ問題についての情報については セキュリティ情報のページを確認してください。

APT を使っている場合は、最新のセキュリティアップデートを受け取れるように以下の行を /etc/apt/sources.list に追加してください:

  deb http://security.debian.org/ lenny/updates main contrib non-free

その後、apt-get update を実行し、続けて apt-get upgrade を実行します。

ポイントリリース

時折、致命的な問題やセキュリティ更新が幾つかある場合、リリースされたディストリビューションが更新されます。 通常、これらはポイントリリースとして示されます。

5.0.0 と 5.0.10 間での変更点の詳細については、Changelogを参照してください。

リリースされた安定版ディストリビューションへの修正は、 アーカイブに収録される前に更なるテスト期間を経てから入るのが大抵です。 しかしながら、これらの修正は、全ての Debian アーカイブミラーの dists/lenny-proposed-updates ディレクトリから入手可能です。

APT を使っている場合は、最新の proposed update を受け取れるようにするには以下の行を /etc/apt/sources.list に追加してください:

  # 5.0 ポイントリリース用 proposed 追加パッケージ
  deb http://archive.debian.org/debian lenny-proposed-updates main contrib non-free

その後、apt-get update を実行し、続けて apt-get upgrade を実行します。

システムのインストール

システムのインストールに関する正誤表と更新については、 インストール情報のページを参照してください。