[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ A ] [ 次のページ ]


Debian GNU/Linux 3.1 (`sarge') リリースノート (Intel x86 用)
第 6 章 - Debian GNU/Linux に関するさらなる情報


6.1 もっと読みたい

このリリースノートやインストールガイドを越えた、 Debian GNU/Linux に関するより進んだ文書は、 Debian Documentation Project (DDP) から公開されています。 DDP は Debian のユーザや開発者向けに、 品質の高い文書を作成することを目的としています。 Debian ガイド、Debian メンテナ入門、 Debian FAQ などなど、たくさんの文書があります。 リソースの詳細すべては DDP のウェブサイト から得られます。

それぞれのパッケージの文書は /usr/share/doc/package にインストールされています。 ここには、 著作権情報、Debian 固有の詳細、開発元の文書すべて、 などが置かれています。


6.2 助けを求めるには

Debian ユーザ向けのヘルプ・アドバイス・サポートなどは、 いろいろな場所から得られます。しかしこれらを頼りにするのは、 その問題について徹底的に文書を調査してからにしましょう。 このセクションでは新しく Debian ユーザになった人向けに、 これらを簡単に紹介します。


6.2.1 メーリングリスト

Debian ユーザが最も興味を引かれるであろうメーリングリストは debian-user (英語) リストおよび debian-user-language (各国語) リストでしょう。 これらのリストの詳細や講読のしかたについては、 http://lists.debian.org/ を見てください。 利用にあたっては、 あなたの疑問に対する答えが以前の投稿ですでに答えられていないかどうか、 アーカイブをチェックしてください。 また標準的なメーリングリストのエチケットに従うようにしてください。


6.2.2 インターネットリレーチャット (IRC)

Debian はサポート用の IRC チャンネルを Debian ユーザの協力によって運営しています。 このチャンネルは Freenode IRC ネットワークにあります。 このネットワークは、 オープンソースコミュニティで資源共有や協力を進めるため、 情報交換に使われているものです。 このチャンネルにアクセスするには、 お好みの IRC クライアントを irc.debian.org に接続し、 #debian に join してください。

チャンネルのガイドラインに従い、 他のユーザを大切にしてください。 Freenode に関する詳細は ウェブサイト を訪ねてみてください。


6.3 バグを報告する

私たちは Debian GNU/Linux を高品質な OS にするよう努めていますが、だからといって 私たちの提供するパッケージにバグが皆無というわけにはいきません。 Debian の「オープンな開発体制」という考え方に合致し、また、 ユーザに対するサービスとして、 私たちは報告されたバグに関するすべての情報を bugs.debian.org にある バグ追跡システム (Bug Tracking System: BTS) で提供しています。

もしディストリビューションや、 その一部であるパッケージされたソフトウェアにバグを見つけたら、 次のリリースで修正できるよう、その問題点の報告をお願いします。 バグを報告するには正しい電子メールアドレスが必要です。 これをお願いしているのは、バグを追跡したり、 開発者がより詳しい情報を必要とした場合に、 報告者に連絡できるようにするためです。

バグ報告には reportbug というプログラムを使うこともできますし、 電子メールを使っても構いません。 バグ追跡システムに関する詳細やその使い方については、 リファレンスカード (doc-debian パッケージをインストールしていれば /usr/share/doc/debian にあります) をお読み頂くか、 または バグ追跡システム のウェブサイトからオンラインで入手することもできます。


6.4 Debian に貢献する

Debian への貢献は専門家でなくてもできます。 問題を抱えたユーザを、いろいろな サポートメーリングリスト の場所で助けてあげることも、立派なコミュニティへの貢献です。 開発メーリングリスト に参加して、 ディストリビューション開発に関する問題を見つけたり解決したりする (もちろん後者のほうが大切) ことも、 もちろん非常に助けになります。 Debian を高品質なディストリビューションに保つため、 バグを報告して その原因の特定や解決に際して開発者を助けてください。 執筆が得意なら、 文書 作成や 既存文書のご自分の言語への 翻訳 に積極的に参加し、そこで貢献するのもよいでしょう。

もっと時間が自由になるなら、Debian に属するフリーソフトウェア集の一部を管理してみるのはどうでしょうか。 皆が Debian に入れてほしいと思っているソフトウェアを 引き受けて管理するのは、特に価値の高い貢献です。 これに関する詳細は、 作業が望まれるパッケージ をご覧になってください。 Debian にはいくつかサブプロジェクトが存在しており、 特定のアーキテクチャへの移植、 Debian Jr.Debian Med などが進められています。これらのうち、 あなたが興味を持っているグループに参加するのもよいでしょう。

いずれにしても、 あなたが何らかの形でフリーソフトウェアコミュニティに関わっているのなら、 それがユーザとしてであれ、プログラマ、ライター、 翻訳者のいずれとしてであれ、 すでにあなたはフリーソフトウェア運動を助けてくださっているのです。 貢献することは報いのあることですし、楽しいことです。 新しい人々に出会う機会も増えます。 きっと暖かな、楽しい気持ちになれるはずです。


[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ A ] [ 次のページ ]


Debian GNU/Linux 3.1 (`sarge') リリースノート (Intel x86 用)

$Id: release-notes.ja.sgml,v 1.13 2006/04/17 11:56:08 jseidel Exp $

Josip Rodin, Bob Hilliard, Adam Di Carlo, Anne Bezemer, Rob Bradford (現在のメンテナ), Frans Pop (現在のメンテナ)
debian-doc@lists.debian.org