[ 目次 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 2.1 (Slink) リリースノート - 章 1
Debian GNU/Linux 2.1 は何が新しいのか


[この文書の最新版は常に http://www.jp.debian.org/releases/2.1/alpha/release-notes/ にてご覧いただけます。 ご覧になっている版が一ヶ月以上古いものだったら、 最新版のダウンロードをなさったほうがよいかもしれません。]

``slink'' というニックネームでも知られる Debian 2.1 では、 Alpha (``alpha'') と SPARC (``sparc'') の二つのアーキテクチャが公式リリースセットに加わりました。 もちろん、すでに Debian のリリースで公式にサポートされているアーキテクチャ Intel x86 (``i386'') および Motorola 680x0 (``m68k'') もサポートされています。 これでサポートされるアーキテクチャは全部で四つになりました。 Debian でサポートされるアーキテクチャの数は、 他のどんな GNU/Linux ディストリビューションよりも多いものとなっています。

こちらは、Alpha アーキテクチャ用 Debian GNU/Linux の最初の公式リリースです。 こちらはリリースするのに十分なほど、安定していると私たちは考えています。 しかし、i386 および m68k バージョンほどはまだ広く使われていない (つまりユーザによるテストも多くない) ことから、 いくつかのバグにでくわす可能性もあります。 何らかの問題を報告するには、バグ追跡システム をお使いください。その際、そのバグが alpha プラットフォーム上のものであることを必ず書き添えてください。

Alpha アーキテクチャの Debian 2.1 では、Linux カーネル 2.0.35 が採用されています。

X Window System のパッケージは 現在 3.3.2.3a バージョンのものですが、 大幅な変更が進行中で注意が必要です。 その詳細については X パッケージ群の大幅な再編, Section 4.1 をご覧ください。

メインディストリビューションに収録されているパッケージの総数は、 現在約 2050 となっています。 これまで Debian ディストリビューションはリリースごとに約 50% ずつ大きくなってきましたが、その成長が停滞する兆しはありません。

Debian の sparc 版は、優れた機能を持つ新しい glibc2.1 のプレリリース版をベースにしています。 こちらは glibc2.1 をベースにした初めてのメジャーなディストリビューションでしょう。 なおプログラマの方々には注意していただきたいのですが、 glibc2.1 のバイナリは互換性がありますが、ソースは互換性がありません。 glibc2 でコンパイルされたバイナリのほぼすべてが glibc2.1 上でも動作しますが、glibc2.1 のヘッダを用いて再コンパイルする際、 場合によっては glibc2.1 ではもはや使うことのできない 2、3 の構造体を修正しなければなりません。

1.3.x (``bo'') から 2.0 (``hamm'') への移行とは異なり、 2.0 から 2.1 への変更は付加的なものです。 新しいバージョンにはバグ修正などが含まれています。 また今や apt が、 CD からインストールする際は例外ですが パッケージインストールツールとして推奨されるようなりました。 こちらは、dpkg と連係して利用されます。 apt は、dselect のパッケージ取得 (ダウンロード) メソッドとしても利用できますし、コマンドラインから apt-get として利用することもできます。 apt は内部でインストール済みパッケージの全状態を調べ、 あらゆるパッケージの依存関係が常に適合するよう努めます。

パッケージの総数が増大したために、公式 CD-ROM ディストリビューションでは、 バイナリパッケージが二枚の CD-ROM で提供されます。 また、もしベンダが non-free および non-US パッケージを CD セットに追加した場合には、バイナリ CD は三枚になるでしょう。 このような複数の CD-ROM を扱うために、 multi_cd という dselect 用の新しいアクセスメソッドが開発されました。 複数の CD を apt-get で扱えるようにする作業は「進展」していますが、 dselectmulti_cd アクセスメソッドに 相当する apt の機能はまだベータ状態にあります。 そのため CD からインストールする際には、 dselect の multi_cd アクセスメソッドを利用する方法が好ましいでしょう。

(フロッピーだけに限ったものではないのですが) boot-floppies と名付けられた、Debian のインストーラは、 ユーザに便利なようさらに能率化されアップグレードされました。 そのドキュメントは拡張され、誤りが修正されています。 新たなアーキテクチャ用のドキュメントも追加されています。 (ただ x86 以外のアーキテクチャ用のものは不完全なので、 手助けを必要としています。)


[ 目次 ] [ 次のページ ]
Debian GNU/Linux 2.1 (Slink) リリースノート
version 2.1.11, 26 June, 1999
Bob Hilliard hilliard@debian.org
Adam Di Carlo