Debian 2.1 (slink) 情報

Debian 2.1 は古いバージョンとなっています。

より新しいバージョン がリリースされているため、 2.1 リリースは廃れています。このページは、歴史的な目的のために 残されています。Debian 2.1 は既にメンテナンスされていないことを 知っておいてください。

Debian 2.1 では、以下の各アーキテクチャがサポートされています。

リリースノート

Debian 2.1 で何が新しいのかを知るためには、 お使いになるアーキテクチャのリリースノートをご覧ください。 リリースノートには、以前のリリースからアップグレードするユーザのための 手引きも含まれています。

お使いのブラウザの言語設定が適切に行なわれていれば、 上記のリンクから自動的に適切な文書が HTML 形式でご覧いただけるはずです。 こちらに関しては content negotiation (内容交渉) をご覧ください。 あるいは、ご希望のアーキテクチャ、言語、形式の文書を 以下の表から選んでいただいても結構です。

アーキテクチャ 形式 言語
Alpha HTML 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
32 ビット PC (i386) HTML 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
Motorola 680x0 HTML 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
SPARC HTML 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 チェコ語 ポルトガル語 ロシア語 英語

i386 アーキテクチャに関しては、 前 2 リリース以降に変更のあるパッケージの 詳細な報告がご利用いただけます。

新たにインストールする

インストールマニュアルは、ダウンロード可能なファイルで、 各アーキテクチャごとに用意されています。

お使いのブラウザの言語設定が適切に行なわれていれば、 上記のリンクから自動的に適切な文書が HTML 形式でご覧いただけるはずです。 こちらに関しては content negotiation (内容交渉) をご覧ください。 あるいは、ご希望のアーキテクチャ、言語、形式の文書を 以下の表から選んでいただいても結構です。

アーキテクチャ 形式 言語
Alpha HTML 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
32 ビット PC (i386) HTML 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
Motorola 680x0 HTML 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
SPARC HTML 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
  プレーンテキスト 日本語 クロアチア語 スペイン語 チェコ語 フィンランド語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 英語
ドイツ語文書は i386 アーキテクチャのみ利用できます。 ASCIIPDFHTML 形式で参照できます。

i386 以外のディストリビューションをサポートするために、 Debian インストールマニュアルの作成には力が注がれてきました。 しかし、アーキテクチャによっては (特に Alpha など) なお作業が必要です。-- こちらの文書への貢献に関する情報については、 この文書自体をご覧ください。

これらのウェブページは、 slink 用インストールマニュアルの最新版が利用できるように 更新されます。 なおインストールマニュアルの改訂を手伝ってくださる方は、 マニュアルにその説明に関する節がありますので、 そちらをご覧ください。 また SGML ソースもご利用いただけます。 -- コメントとして最適な形式はパッチです。 なお、貢献していただける方あるいは読者の方が、 変更点を正確に把握されたい場合は、 変更履歴 をご覧ください。

エラッタ

時々、致命的な問題やセキュリティ関連の更新がある場合、 リリース済ディストリビューション (この場合 Slink) が更新されることがあります。 一般的に、これらはリリースポイントとして示されています。 現在のリリースポイントは Debian 2.1r5 です。 なお、Debian アーカイブミラーにて 変更履歴 をご覧いただけます。

リリース済み安定版 (stable) ディストリビューションへの修正は、 アーカイブに収録される前にテスト期間を延長して行なわれることがよくあります。 しかしながら、これらの修正は Debian アーカイブミラーの dists/slink-proposed-updates ディレクトリにてご利用いただけます。 apt を使ってパッケージの更新を行なう場合、 以下の行を /etc/apt/sources.list に追加すれば、 proposed updates (更新推奨パッケージ群) をインストールすることができます。

  deb http://archive.debian.org dists/slink-proposed-updates/
次に、apt-get update; apt-get upgrade を実行してください。

Slink を Linux カーネルの 2.0.x シリーズで利用することに問題がないことは確認されています。 なお Slink で Linux 2.2.x カーネル をご利用されたい場合は、 確認されている問題の一覧 をご覧ください。

非公式なアップデート

リリース済みの Debian のバージョンは、 クリティカルなエラーやセキュリティ上の問題がある場合のみアップデートされます。 しかしながら、ユーザに便利なように、いくつかのアップデートソフトウェアが、 非公式に他のユーザや開発者から提供されています。 この節でご紹介するものは Debian がサポートする公式なものではありません。

国際化されたブートフロッピー

非公式なポルトガル語版ブートフロッピーが ftp://ftp2.escelsanet.com.br/debian/ からご利用いただけます。

レスキューフロッピー

Adaptec 2940 SCSI カードや aic7xxx チップセットを搭載した SCSI コントローラをご利用のユーザは、 標準のブートフロッピーではおそらく問題に遭遇するでしょう。 そのようなユーザの多くがこの問題を解決できるよう、 親切なユーザがいくつかの実験を試みてきました。 ftp://kalle.csb.ki.se/pub/ には i386 アーキテクチャ用の代替レスキューフロッピーが 2 種用意されています。 そちらには他にも置き換え可能なカーネルが用意されています。 こちらは単にブートフロッピー上の既存のカーネルと置き換えるだけで利用できます。 なお、その際には正規のドライバフロッピーが必要になるでしょう。

Adaptec ユーザ向けのレスキューフロッピーおよびドライバフロッピー として提供されている最新セットは、 https://www.debian.org/~adric/aic7xxx/ にあります。

Gnome

最新安定版の Gnome を実行されたい方は Debian 2.1 向け GNOME アップデート (http://www.gnome.org/start/debian-readme.html) をご覧ください。

APT

apt のアップデートバージョンが、Debian 2.1r3 で利用できるようになっています。 この最新版の利点は、まず第一に 複数の CD-ROM から直接インストールが行なえることにあります。 これを使えば、dselectdpkg-multicd 取得オプションは必要なくなります。 しかし、お手持ちの 2.1 CD-ROM には古い apt が収録されているかもしれませんので、Slink の最新版にアップグレードされるとよいでしょう。

Debian 2.1 の入手

Debian はネットワークや CD ベンダから入手することができます。

Debian の CD を購入する

Debian 2.1 の CD を販売している CD ベンダの一覧は、 こちらにあります。

インターネットを通して Debian をダウンロードする

このディストリビューションをミラーしているサイトの一覧は、 こちらにあります。