エラッタ: slink における Linux 2.2.x の実行

このページでは、Debian 2.1 (slink) で Linux 2.2.x カーネルを実行した際に 起ることが知られている問題を扱います。 なお、このページの記述は、slink システムの最新版を利用していることを仮定しています。

slink リリースは 2.0.x Linux カーネル最新版による公式テストが 行われ、動作保証がなされています。Debian のフリーズが Linux 2.2 リリース前であったこと、カーネルのメジャーバージョン の変更が複雑な問題をもたらしかねないことから、 動作の確実な 2.0 シリーズのカーネルの採用が決定されました。

しかし Debian リリースは、 必ずしも特定のバージョンのカーネルを必要とするわけではありません。 Debian でお好みのバージョンのカーネルを動作させることは可能です。 ただ、すべての機能が適切に動作することを私たちが確認していないだけです。 Linux 2.2 シリーズに移行する際、 特定のパッケージで何らかの問題が起きた場合にも、そのパッケージの potato (Debian 2.2) バージョンを使えばうまくいく可能性もあります。

以下には potato バージョンのパッケージへのリンクが多く含まれています。 安定版ディストリビューションをインストールしているマシンに これらのパッケージをインストールする場合は、potato 用のライブラリや他に依存するパッケージのインストールも必要になるでしょう。 特に、お使いの libc6 パッケージはアップグレードしなければならないでしょう。 そのアップグレードには apt-get を利用することをお勧めします。 こちらは必要なときに必要なパッケージのみを入手してくれます。 安定版とフリーズ版が混ざったシステムの動作に問題のあったユーザは ほとんどいませんが、potato バージョンの一時的なバグに悩まされることが あるかもしれないことにはご注意ください。

Linux 2.2.x カーネルの利用を希望されるユーザを手助けするために、 kernel-source-2.2.1 パッケージが、 当ディストリビューションに収録されています。 ただし、2.2.x ソースツリーの最新バージョンや追加のエラッタを調べるために、 kernel.org のような カーネルディストリビューションの標準サイトを確認されることをお勧めします。 2.2.1 にはいくつかバグがあることが判明しており、 このバージョンにはデータの改竄を引き起こす可能性があることも知られています。 2.2 シリーズのより新しいカーネルパッチを入手し、 それを Linux カーネルソースツリーに当てるべきです。

問題のありうるパッケージ

こちらの一覧は不完全かもしれません。ご注意ください。 また、こちらの一覧にあげられていない他の問題を発見された場合は、 www.debian.org にまでバグを報告してください。 同様に問題のあるパッケージのバグ記録も確認し、 その問題が Linux 2.2 によるものなのかを確かめてください。

sysutils
procinfo は動作しないでしょう。 こちらは、 potato にあるバージョンで修正されています。
netbase
Linux 2.2 では ipautofwipmasqadm で置き換える必要があり、 また ipfwadmipchains で置き換えられています。 ``potato'' の netbase パッケージには、 この移行を容易にするためのラッパースクリプト ipfwadm-wrapper が収録されています。

ifconfig はインターフェースのエイリアスを表示しません。 また、環境によっては ipchains が 何のエラーも発せずに、パケットカウンタのクリアに失敗するかもしれません。 netbase の初期化スクリプトで設定されるルートによっては、 無害ではありますが警告メッセージを表示します。

これらの問題点はすべて、 potato のバージョンでは解決されています。 なお、Debian 2.1 用のコンパイル済みパッケージは、 こちら でご利用いただけます。

pcmcia-source
slink に収録されている pcmcia-source のバージョンは、 2.2 カーネルでコンパイルできません。 こちらは potato のバージョンで修正されています。
dhcpcd
Linux 2.2 では問題が発生します。 potato のバージョンをご利用ください。
dhcp-client-beta
/etc/dhclient-script が 2.2 では動作しません。 こちらは potato のバージョンで修正されています。 パッケージ名が dhcp-client と改名されていることにご注意ください。
wanpipe
slink に収録されているバージョン 2.0.1 は、 2.2 カーネルとの互換性がありません。 potato から入手できるバージョン 2.0.4 あるいはそれ以降のものは、 2.2 カーネルにて動作します。 ただこちらは、2.0 カーネルでは動作しません。 (なお potato のバージョンには 2.0 用のカーネルパッチが収録されています。)
netstd
bootpc は、インターフェイスが設定済みでない限り、 応答を受け付けません。こちらは、potato で独立した bootpc パッケージ で修正されています。
lsof
lsof は再コンパイルしないと linux 2.2 上では動作しません。 potato から利用できる lsof パッケージにアップグレードしてください。
acct
2.2 カーネルではアカウントに関する構造体が変更されています。 そのため、acct を Linux 2.2 で実行させる場合には、 potato に収録されているバージョンのパッケージが必要になります。 (なお、こちらは 2.0 シリーズのカーネルでは利用できません。)
isdnutils
Debian に収録されている isdnutils の 3.0 以降は、 カーネル 2.0 および 2.1 シリーズで動作するはずです。 ただ、このことは Debian にだけ当てはまることです。 というのも、これに関して Debian のパッケージ開発者が特別な処置を行っているためです。 他のディストリビューションでは、こううまくはいかないでしょう。
diald
slink の diald パッケージは、 Linux 2.2 上での動的ルート設定に問題があります。 potato で利用できるバージョンにアップグレードしてください。
xosview
xosview は Linux 2.2.2 以降で、 エンドレスループを引き起こします。 potato で利用できるバージョンにアップグレードしてください。