[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ]

Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC) - 章 10
付記


10.1 この文書について

この文書は ``DebianDoc'' DTD を用いて SGML で書かれています。 出力形式は、debiandoc-sgml パッケージのプログラムによって生成されています。

この文書では、そのメンテナンス性を高めるために、 実体やマーク区間など数々の SGML の特徴を利用しています。 これらは、プログラミング言語の変数や条件に似た機能を果たします。 その SGML ソースには、異なる各アーキテクチャの情報が含まれていますが、 各アーキテクチャ固有の文章のまとまりを分離するのに、 マーク区間が使われています。


10.2 この文書に貢献するには

この文書に関する問題や提案がある場合には、それらを boot-floppies パッケージに対するバグ報告として 提出してください。 その方法については bug パッケージや、 Debian バグ追跡システム のオンラインドキュメントをご覧ください。 なお同じ問題が報告済みかどうかを調べるためには、 boot-floppies パッケージに関するバグ報告 を確認するとよいでしょう。 もし同じ問題が報告済みならば、XXXX@bugs.debian.org 宛に、確証のための追加情報や有益な情報を提供することができます。 XXXX には報告済みのバグに付けられた番号を当てはめてください。

もちろんこの文書の SGML ソースを入手し、 それに対するパッチを作成していただけるともっと助かります。 SGML ソースは boot-floppies パッケージに含まれていますので、 開発版 ディストリビューションの最新リビジョンを入手してください。 また CVS ソースへのアクセスも近々公開される予定です。

どうか、この文書の著者に直接連絡をとるようなことはしないでく ださい。このマニュアルの話題も含めて boot-floppies パッケージに関する議論を行うメーリングリストがあります。 その宛先は debian-boot@lists.debian.org になります。また Debian メーリングリスト購読ページには、 このメーリングリストの購読に関する説明があります。また Debian メーリングリストアーカイブでは、 その写しをオンラインで読むこともできます。

なお本文書の日本語訳に関する訂正、ご提案に関しては、 日本語版メンテナ 遠藤 美純 y-endo@debian.or.jp にまでご連絡ください。


10.3 多大な貢献

非常に多くの Debian ユーザや開発者がこの文書に貢献しています。 特に Michael Schmitz (m68k のサポート) や、Frank Neumann (Amiga 向け Debian インストールの手引きの原著者)、 Arto Astala、Eric Delaunay (SPARC に関する情報)、Tapio Lehtonen、 さまざまな文書を編集、著述している Ste'phane Bortzmeyer には多大なご協力をいただきました。

Jim Mintha による ネットワークブートのための HOWTO や、 Debian FAQLinux/m68k FAQSPARC プロセッサ向け Linux FAQLinux/Alpha FAQやその他の文書には、 極めて有用な文章や情報があります。 これらの自由に利用できる素晴らしい情報源をメンテナンスされている方々は、 高く評価されるべきでしょう。


10.4 商標表示

すべての商標には、それぞれに所有者がいます。


[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ]
Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC)
version 2.1.11, 26 June, 1999
Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo