[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC) - 章 9
ブートフロッピーに関する技術情報


9.1 ソースコード

boot-floppies パッケージには、 インストールフロッピーに関するすべてのソースコードが含まれています。


9.2 Rescue Floppy

Rescue Floppy は Ext2 ファイルシステム (もしくは お使いになるアーキテクチャによっては FAT ファイルシステム) で構成されていますので、Ext2 あるいは FAT ディスクをマウントできるあらゆるシステムから、アクセスできるはずです。 Linux カーネルは、linux ファイルにあります。 root.bin ファイルは、1.4 MB の Minix ファイルシステムの gzip 圧縮ディスクイメージで、RAM ディスクに読み込まれ、 ルートファイルシステムとして使われます。


9.3 Rescue Floppy のカーネルの交換

もし、Rescue Floppy のカーネルを交換する必要があるなら、 以下の機能は (後から読み込み可能な) モジュールではなく、 直接組み込むように設定しなければなりません。

Rescue Floppy 上のファイル linux に新たなカーネルをコピーし、 フロッピーにあるシェルスクリプト rdev.sh を実行してください。

また、Drivers Floppy の modules.tgz ファイルを置き換えたい方がいらっしゃるかもしれません。 このファイルは単に、 gzip で圧縮された /lib/modules/カーネルバージョン の tar ファイルを収録していますので、 すべての主要なディレクトリが同じように tat ファイルに収まるよう、 ルートファイルシステムからこちらを作成してください。


9.4 Base Floppy

Base Floppy のそれぞれに納められているのは、 1 枚のフロッピーに収まるよう分割され先頭に 512 バイトのヘッダが付けられた、 gzip で圧縮済みの tar アーカイブの各部分です。 よって、ヘッダを除去し中身だけをつなぎ合わせれば、 一つの大きな gzip 圧縮された tar アーカイブができあがります。 このアーカイブには Debian の基本システムが納められていて、 あなたのハードディスク上に展開されます。 ただ、このアーカイブをインストールしただけでは使いものになりませんので、 インストーラの ``Configure the Base System'' から、「ネットワークの設定」、 「カーネルとモジュールのインストール」の各項目を選択し、 一通り設定を済ませておかなければなりません。


[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ] [ 次のページ ]
Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC)
version 2.1.11, 26 June, 1999
Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo