[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC) - 章 2
必要なシステム


この節では、Debian を始めるために必要なハードウェアに関する情報を扱います。 また、GNU や Linux でサポートされるハードウェアに関するより詳しい情報への リンクも用意しました。


2.1 サポートされているハードウェア

Debian は、Linux カーネルや GNU ツールセットが必要とする以上のハードウェア を要求しません。それゆえ、Linux カーネル、libc、gcc などが 移植されて、Debian への移植版が存在すれば、あらゆるアーキテクチャや プラットフォームで Debian を動作させることができます。

しかし、私たちが用意したブートフロッピーは、サポートされているハードウェア を考慮して構成されたものとはいえ、いくらかの制限があります。Linux がサポート するプラットフォームの中には、私たちが用意したブートフロッピーで直接 サポートされていないものもあります。 もしこのようなケースにあたった場合には、独自にレスキューディスクを 用意するか、ネットワーク経由のインストールについて調べる必要があります。

この節では、SPARC でサポートされるハードウェアのさまざまな設定の すべてに触れるよりも、一般的な情報とさらなる情報が見つけられる場所への ポインターを紹介します。


2.1.1 サポートされているアーキテクチャ

Debian 2.1 は、Intel x86 ベースのアーキテクチャ、Atari や Amiga、 Macintosh などの Motorola 680x0 マシン、DEC Alpha、Sun SPARC マシンの四つのアーキテクチャをサポートしています。 それぞれ、i386m68kalphasparc として言及します。

この文書は sparc アーキテクチャへのインストールを扱います。 なおこの文書の、他アーキテクチャ版も用意されています。

こちらは、Sparc アーキテクチャ用 Debian GNU/Linux の最初の公式リリースです。 こちらはリリースするのに十分なほど、安定していると私たちは考えています。 しかし、i386 および m68k バージョンほどはまだ広く使われていない (つまりユーザによるテストも多くない) ことから、 いくつかのバグにでくわす可能性もあります。 何らかの問題を報告するには、バグ追跡システム をお使いください。その際、そのバグが Sparc プラットフォーム上のものであることを必ず書き添えてください。 また debian-sparc メーリングリスト の購読も必要になってくるでしょう。 なお別個 UltraSparc (64 bits) への移植作業も続けられています。


2.1.2 CPU や、マザーボード、ビデオカード のサポート

sparc アーキテクチャは、``Sun4m'' のようないくつかのサブアーキテクチャに分類されています。 たいていのマシンは、そのサブアーキテクチャの中では ``Sun4m'' か ``Sun4c'' に分類されるものですが、こちらはサポートされています。 ``Sun4u'' (UltraSPARC) マシンは、Linux カーネル 2.2.7 ではサポートされています。 また AP1000 マルチコンピュータや Tadpole Sparcbook 1 もサポートされていません。 その完全な情報については SPARC プロセッサ向け Linux FAQ をご覧ください。


2.1.3 マルチプロセッサ

対称型マルチプロセッシング、もしくは SMP と呼ばれるマルチプロセッシングも、 このアーキテクチャではサポートされています。 ただ、Debian 2.1 の標準カーネルイメージは SMP をサポートしていません。 もちろん標準的な非 SMP カーネルは、SMP システムでもブートできますから、 インストールには問題ありません。 標準カーネルは単純に一番目の CPU を用います。

マルチプロセッサを利用するためには、Debian の標準カーネルを再構築する必要 があります。こちらの方法に関する論議は 新しいカーネルのコンパイル, Section 8.4 にあります。 現時点 (カーネルバージョン 2.0.35) で SMP を有効にするためには、 カーネルソースの最上位の Makefile を編集して、SMP = 1 と書かれた 行のコメントを外します。複数のプロセッサを持つシステムでソフトウェアを コンパイルする場合は、make(1) のドキュメント中の -j flag をご覧ください。


2.2 インストールに利用できるメディア

Debian は、フロッピー、CD-ROM、ローカルディスクパーティション、 ネットワークの四つの異なるメディアからインストールできます。 Debian のインストールの各部分に対して、 これらの四つの方法を組み合わせることも可能です。 こちらに関しては Debian のインストール方法, 章 5 をご覧ください。

フロッピーディスクによるインストールは、概して最も好ましくない方法ですが、 一般的な方法です。 多くの場合、最初のブートは Rescue Floppy を用いてフロッピーから行う必要があるでしょう。 通常 3.5 インチ高密度 (1440 kb) フロッピードライブさえあれば十分です。

CD-ROM ベースのインストールがサポートされたアーキテクチャもあります。 CD-ROM からのブートをサポートしたマシンでは、完全にフロッピーレスな インストールが可能です。CD-ROM からのブートがサポートされていなかったとしても、 一旦他の手段でブートすれば、他の方法と組み合わせてインストールに CD-ROM を使うことができます。CD-ROM からのインストール, Section 5.4をご覧ください。

ローカルディスクからのインストールも一つの選択肢です。 もしインストール先のパーティションよりも大きなパーティションに空き領域 があるなら、こちらは確かによい選択です。 また、ローカルインストーラ (AmigaOS や、TOS、MacOS からのブート用) を持つプラットフォームもあります。 SPARC では、(SunOS UFS スライスなど) ローカルパーティションからのインストールは、 現在のところサポートされていません。

最後の選択肢がネットワークによるインストールです。 システムを NFS 経由でインストールすることができます。 また ネットワーク越しにお使いのシステムをブートすることもできます。 ネットワーク越しにブートを行ない、 すべてのローカルファイルシステムを NFS でマウントして、 ディスクレスなインストールをすることも一つの選択です。 -- ただ、この方法を用いる場合は少なくとも 16MB の RAM が必要になるでしょう。 基本システムをインストールした後は、残りのシステムを (PPP を含む) いかなるネットワークコネクションからでも FTP、HTTP、NFS 経由でインストールすることができます。

これらの方法に関するより完全な記述や、 最も適切な方法を選択するためのヒントは、 Debian のインストール方法, 章 5 にあります。 ブートおよびインストールに用いるデバイスが Debian のインストーラで サポートされているかどうかは、以下を読んで確認してください。


2.2.1 サポートされている外部記憶装置

Debian のブートディスクには、さまざまなシステムに最大限対応したカーネルが 収められています。そのため残念ながら、まったく使われることのないたくさんの ドライバー (新しいカーネルのコンパイル, Section 8.4をご覧ください) が、 カーネルを肥大化させています。 しかし、可能な限り幅広いデバイスのサポートは、さまざまなハードウェアへの Debian のインストールを確実なものとするためには望ましいことでしょう。

Linux カーネルでサポートされる外部記憶装置は、 すべてこのブートシステムでもサポートされています。 PTI Qlogic ISP ドライバはモジュールとしてサポートされています。 Linux カーネルによる SPARC ハードウェアのサポートに関する詳しい情報は SPARC プロセッサ向け Linux FAQ をご覧ください。


2.3 必要なメモリー量とディスクスペース

最低でも 5MB の RAM と 35MB のハードディスクが 必要です。X Window System や、開発プログラム、ライブラリなどのソフトウェアを、 ある程度インストールするには 300MB 以上必要になります。 ほぼ完全にインストールするなら 600MB 近く必要になるでしょう。 また、Debian で利用できるものをすべてインストールするなら、 おそらく 2GB 近く必要になるでしょう。 ただ、実際にはパッケージ同士の衝突があることから、 すべてをインストールことは意味のないことです。


2.4 周辺機器およびその他のハードウェア

Linux は、マウス、プリンター、スキャナー、モデム、ネットワークカード、 PCMCIA カードなどのさまざまなハードウェアに幅広く対応しています。しかし、 システムのインストールに、これらのデバイスが必要なわけではありません。 この節では、Linux でサポートされてはいるが、 インストーラではサポートされていない周辺機器に関する情報を扱います。

以下のネットワークインターフェースカード (NIC) は、 モジュールとしてサポートされています。 しかし、にも関わらず OpenPROM のマジックのおかげで、 これらのデバイスからブートすることは可能です。

Sun BigMAC NIC はインストーラではサポートされていません。 そのためこの NIC を装備したシステムでは、NFS インストールは不可能でしょう。


2.5 GNU/Linux に適したハードウェアの購入

今では Debian や 他の GNU/Linux ディストリビューションをプレインストール したシステムを出荷するベンダーもあります。 その特典のためにより多くのお金を払おうと考えるかも知れませんが、 幅広いハードウェアが GNU/Linux でサポートされていることから、 実際のところこのようなシステムを買うことは、 一つの安心感を買うことを意味するだけです。

Linux がバンドルされたシステムを購入する場合でも、中古のシステムを購入する 場合でも、そのハードウェアが Linux カーネルでサポートされているか改めて 確認することが重要です。 前述の参考資料の中に、そのハードウェアがあげられているかどうかを 確認してください。 (もしいれば) 購入先の販売員には、Linux システムを購入することを伝えましょう。 また、Linux に友好的なハードウェアベンダーをサポートしましょう。


2.5.1 独占的あるいは閉鎖的なハードウェアを避ける

いくつかのハードウェアメーカはどのようにドライバを書いたらよいかをまったく 教えてくれません。また他のメーカーは Linux のソースコード公表を 妨げるような非公開の同意をしない限り、文書にも触らせてくれません。 IBM の最近の ThinkPad にも使われているラップトップコンピュータの DSP サウンドシステムなどがその一例です。 (これらのシステムの中には、 サウンド機能とモデム機能を結合させたものもあります。) また、他の例としてはマッキントッシュの古いモデル上の 閉鎖的なハードウェアもあげられます。

これらのデバイスが Linux 上でまったく動作しないのは、 それに関する文書を読むことが許可されていないためです。 このようなハードウェアを作っているメーカに、 文書を公開するように要請してください。 もしもたくさんの人たちが要請すれば、彼らも Linux が重要な市場であると認識するでしょう。


[ 前のページ ] [ 概要 ] [ 著作権表示 ] [ 目次 ] [ 次のページ ]
Debian GNU/Linux 2.1 のインストール (SPARC)
version 2.1.11, 26 June, 1999
Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo