3.3. 必要な情報

3.3.1. ドキュメント

3.3.1.1. インストールマニュアル

現在ご覧になっている文書は、Debian の squeeze リリース用インストールガイドの正式版です。これは 様々な形式と様々な言語 で利用できます。

3.3.1.2. ハードウェアの文書

しばしば、ハードウェアの設定や使用についての有用な情報を含んでいます。

3.3.2. ハードウェア情報の取得先

多くの場合、インストーラはハードウェアを自動的に検出することができます。しかし、準備としてインストール前にハードウェアに習熟することをお勧めします。

ハードウェアの情報は次のようなところから集められます。

  • 各ハードウェアに付属してきたマニュアル。

  • コンピュータの BIOS 設定画面。この画面を表示させるには、コンピュータの起動時に何らかのキーの組合せを入力します。この組合せについてはマニュアルを見てください。Delete キーの場合が多いようです。

  • 各ハードウェアのケースや箱。

  • Windows のコントロールパネルの「システム」ウィンドウ。

  • 他の OS のシステムコマンドやシステムツール、ファイルマネージャの表示など。こちらからは、RAM やハードドライブのメモリに関する情報が得られることが多いです。

  • あなたの部門のシステム管理者や、インターネットサービスプロバイダ。こちらからは、ネットワークや電子メールに関する設定情報が得られます。

表 3.1. インストールに必要なハードウェア情報

ハードウェア 必要な情報
ハードディスク ドライブの台数
システムでの接続順序
IDE (PATA としても知られる)、SATA、SCSI のどれか
利用できる空き領域
パーティション
他の OS がインストールされているパーティション
モニタ メーカーと型番
サポートする解像度
水平同期周波数
垂直同期周波数
サポートする色深度 (色数)
スクリーンサイズ
マウス 形式: シリアル, PS/2, USB のいずれか
ポート
メーカー
ボタンの数
ネットワーク メーカーと型番
アダプタの形式
プリンタ メーカーと型番
サポートする印刷解像度
ビデオカード メーカーと型番
利用できるビデオ RAM
サポートする解像度と色深度 (モニタの機能もチェックすること)


3.3.3. ハードウェア互換性

ブランドメーカーの製品の多くは、問題なく Linux で動作します。また Linux でサポートするハードウェアも日々進歩しています。しかし、それでもまだ Linux は、ある種の OS ほどには多種多様なハードウェアに対応していません。

特に、Linux は通常、特定のバージョンの Windows を必要とするハードウェアを動かすことはできません。

Windows に特化したハードウェアのうちにも、Linux で動作できるものはありますが、通常余分な労力が必要となります。さらに、Windows に特化したハードウェア向けの Linux ドライバは、普通特定の Linux カーネルに依存したものになります。従って、すぐに古いものになってしまいます。

いわゆる Win モデムは、このようなハードウェアの中でも最も知られたものです。しかし他にも、プリンタなどに Windows に特化したものがあります。

以下のようにハードウェアの互換性をチェックできます。

  • 新しいドライバが出ていないか、メーカーの web サイトを調べます。

  • エミュレーション情報を web サイトやマニュアルで調べます。あまり有名でないブランドの場合、もっと有名なブランドのドライバや設定が使えることもあります。

  • Linux のハードウェア互換性情報を、自分のアーキテクチャ向けの web サイトで調べます。

  • 他に使ったことのあるユーザがいないか、インターネットで調べます。

3.3.4. ネットワークの設定

インストール対象のコンピュータがネットワークに 24 時間フルに接続されているならば (つまり、PPP 接続ではなく Ethernet やそれと同等な接続の場合)、ネットワーク管理者に以下の情報を尋ねておかなければなりません。

  • ホスト名 (自分で決められるかもしれません)

  • ドメイン名

  • コンピュータの IP アドレス

  • ネットワークのネットマスク

  • ネットワークにゲートウェイがある場合は、経路を向けるデフォルトゲートウェイシステムの IP アドレス

  • DNS (Domain Name Service) サーバとして使用するネットワーク上のホスト

一方、管理者に DHCP サーバが利用でき推奨すると言われたなら、DHCP サーバがインストールプロセスの間、コンピュータに直接提供するので、この情報は必要ありません。

ワイヤレスネットワークが使用できるなら以下の情報も探さねばなりません。

  • ワイヤレスネットワークの ESSID

  • (適用できるなら) WEP セキュリティキー