3.6. インストール前に行うハードウェア・OS の設定

この節では、Debian のインストールに先立って必要となるハードウェアの設定について見ていきます。通常この作業では、システムのファームウェアの設定をチェックし、場合によってはその設定を変更することになります。「ファームウェア」は、ハードウェアが利用する中核的なソフトウェアで、電源投入後のブートプロセスの間に起動される、最も重要なものです。あなたが使うことになる Debian GNU/Linux の信頼性に影響を与えうる、既知のハードウェアの諸問題についても、同様に取り扱っていく予定です。

3.6.1. BIOS 設定メニューの起動

BIOS はマシンのブートに必要となる基本的機能を提供し、OS がハードウェアにアクセスできるようにするものです。これからインストールしようとしているマシンでも、恐らく BIOS を設定できるようなメニューがついていると思います。インストールの前に、BIOS が正しく設定されているかどうかを 必ず 確認してください。さもないとシステムが不意にクラッシュしたり、Debian のインストールができなくなるかもしれません。

この節の残りの部分は、http://www.faqs.org/faqs/pc-hardware-faq/part1/ の 「CMOS 設定メニューを呼び出すにはどのキーを押せばよいのでしょうか?」 という質問への答から引用したものです。BIOS (あるいは 「CMOS」) 設定メニューの呼び出し方は、BIOS ソフトウェアの製造者によって異なります。

AMI BIOS

POST (Power on self test: 電源投入時の自己診断テスト) の表示中に Delete キーを押す

Award BIOS

POST の表示中に、Ctrl+Alt+Esc か、Delete キーを押す

DTK BIOS

POST の表示中に、Esc キーを押す

IBM PS/2 BIOS

Ctrl+Alt+Delete の後、Ctrl+Alt+Insert を押す

Phoenix BIOS

Ctrl+Alt+Esc または Ctrl+Alt+S または F1

他の BIOS ルーチンの起動に関する情報は、http://www.tldp.org/HOWTO/Hard-Disk-Upgrade/install.html にあります。

32-bit PC マシンの中には、BIOS に CMOS 設定メニューを持たないものもあります。これらでは、ソフトウェアの CMOS 設定プログラムを必要とします。使っているマシン用のインストールディスクや診断ディスクを持っていない場合は、シェアウェアやフリーウェアのプログラムを試してみてください。ftp://ftp.simtel.net/pub/simtelnet/msdos/ を探してみましょう。

3.6.2. ブートデバイスの選択

多くの BIOS 設定メニューでは、システムを起動するデバイスを選択できるようになっています。この設定は次のようにしましょう。まず起動可能なオペレーティングシステムを A: (最初のフロッピーディスク) から探し、続いて CD-ROM デバイスがあるならそこから (おそらく D:E: でしょう)、そして続いて C: (最初のハードディスク) から探すようにします。この設定なら、フロッピーディスクからも CD-ROM からも起動できます。Debian のインストールに最も良く用いられるのはこの両者ですから。

最近の SCSI コントローラを使っていて、そこに CD-ROM を接続している場合、普通はその CD-ROM から起動できます。そのために必要なのは、コントローラの SCSI-BIOS で CD-ROM からのブートを有効にするだけです。

その他の一般的なオプションは、USB ストレージ (USB メモリや USB キーとも呼ばれます) から起動することです。いくつかの BIOS は USB ストレージのディレクトリから直接起動できますが、できないのもあります。USB デバイスから起動するために、「Removable drive」 や 「USB-ZIP」 から起動するよう BIOS の設定をする必要があるかもしれません。

ここでは、起動順序の設定方法について少々詳しく説明します。Linux のインストールが終わったら、起動の順序を元に戻し、マシンがハードウェアから起動するようにしておきましょう。

3.6.2.1. IDE コンピュータで起動順序を変更する

  1. コンピュータが起動するときに BIOS メニューに入るためのキーを押してください。Delete キーのことが多いでしょうが、正しいキーストロークはハードウェアの文書で確認してください。

  2. BIOS 設定メニューから起動順序 (boot sequence) の設定項目を探してください。場所は BIOS によって異なりますが、対象はドライブをリストしているフィールドです。

    IDE マシンでは C, A, CDROM または A, C, CDROM となっていることが多いと思います。

    C はハードディスクで、A はフロッピードライブです。

  3. この起動順序を変更して、CD-ROM またはフロッピーが先に来るようにしてください。通常は Page UpPage Down キーを使うと、指定できる選択肢が順に現れます。

  4. 変更を保存します。保存方法は画面の説明に従ってください。

3.6.2.2. SCSI コンピュータで起動順序を変更する

  1. コンピュータが起動するときに、キーを押して SCSI 設定ユーティリティに入ってください。

    SCSI 設定ユーティリティに入るのは、システムの電源が入り、メモリチェックが終わり、BIOS メニューの起動方法に関するメッセージが出た後になります。

    キーストロークはユーティリティによって異なります。Ctrl+F2 のことが 多いでしょうが、正しいキーストロークはハードウェアの文書で確認してください。

  2. 起動順序を変更する項目を探してください。

  3. その項目で、CD ドライブの SCSI ID がリストの先頭に来るようにしてください。

  4. 変更を保存します。保存方法は画面の説明に従ってください。F10 を押すことになる場合が多いと思います。

3.6.3. その他の BIOS 設定

3.6.3.1. CD-ROM の設定

BIOS によっては CD の速度を自動的に設定できるものがあります (Award BIOS もそうです)。この設定は避けるべきで、代わりに、一番遅い速度を選ぶようにしましょう。これが原因で「シークに失敗しました (seek failed)」というエラーメッセージが出ることがあります。

3.6.3.2. Extended メモリと Expanded メモリ

システムが extended メモリ (XMS) と expanded メモリ (EMS) の両方をサポートとしている場合は、extended メモリをできるだけ多く、expanded メモリをできるだけ小さくしましょう。Linux に必要なのは extended メモリで、expanded メモリは使えません。

3.6.3.3. ウィルス防御

BIOS のウィルス警告機能の類は一切使用しないでください。ウィルス防御用のボードや特別なハードウェアがある場合は、Linux が動いている間は無効にするか、さもなければ物理的に取り外してください。これらは Linux と互換性がありません。それに Linux にはファイルシステムの許可属性機能とカーネルのメモリ保護機能があるため、ウィルスはほとんど存在しません[5]

3.6.3.4. Shadow RAM

あなたのマザーボードでは、恐らく shadow RAM (または BIOS キャッシュ) が使えるはずです。この場合は 「Video BIOS Shadow」 や 「C800-CBFF Shadow」 などの設定があるはずです。shadow RAM は、すべて 無効 にしてください。shadow RAM は、マザーボードやコントローラカード上の ROM へのアクセスを高速にするために利用されるものですが、Linux は起動した後にはこれらの ROM を使いません。Linux には自前の、より高速な 32 ビットソフトウェアがあり、これらを ROM 内部の 16 ビットプログラムの代わりに使うからです。shadow RAM を無効にすると、その一部を通常のメモリとしてプログラムから利用できます。shadow RAM を有効にしたままだと、Linux のハードウェアのアクセスが邪魔されてしまうかもしれません。

3.6.3.5. Memory Hole

BIOS に 「15–16 MB Memory Hole」 というような設定があったら、それは無効にしておいてください。16MB 以上のメモリがある場合は、Linux はこの領域にもメモリがあるものとして動作します。

Intel Endeavor マザーボードでは、「LFB」 とか 「Linear Frame Buffer」 とかいう設定がある、というレポートを受けています。これの設定は 「Disabled」 と 「1 Megabyte」 から選べるようになっていますが、設定は 「1 Megabyte」 にしてください。無効 (Disabled) にすると、インストールフロッピーが正しく読み込まれず、システムがクラッシュしてしまいます。現時点では、このデバイスでなにが起こっているのか、私たちは理解していません。わかっているのは、単にこの設定では動き、そうでないと動かない、ということだけです。

3.6.3.6. Advanced Power Management

マザーボードが Advanced Power Management (APM) に対応していたら、これを有効にして、電源管理を APM が制御するようにしてください。また doze, standby, suspend, nap, sleep の各モードは無効にし、ハードディスクの power-down タイマーも無効にしてください。Linux はこれらのモードの制御を自分で実行でき、電源管理の仕事を BIOS よりもうまく行うことができます。

3.6.4. 気をつけるべきハードウェアの問題

USB BIOS サポートとキーボード. AT 形式のキーボードがなく、USB のものしかない場合、BIOS 設定で legacy AT keyboard emulation を有効にする必要があります。キーボードを USB モードで使用するときに、インストールシステムが失敗する場合、単にこれだけしてください。反対に、いくつかのシステム (特にラップトップコンピュータ) の場合、キーボードが反応しなければ、レガシー USB サポートを無効にする必要があるかもしれません。マザーボードのマニュアルを調べて、「Legacy keyboard emulation」 や 「USB keyboard support」 といった BIOS 設定に入ってください。



[5] インストール終了後に、ブートセクタの保護は有効にしても構いません。この機能は Linux のセキュリティを高めてくれはしませんが、Windows での大惨事を防いでくれるかもしれません。ブートマネージャが設定されたあとは、マスターブートレコード (MBR) を変更する必要はありません。