4.4. ハードディスク起動ファイルの準備

このインストーラはハードディスクパーティションに配置したファイルから起動できます。別の OS から起動することもできますし、BIOS から直接ブートローダを起動することもできます。

この方法を使えば、完全な「ネットワークのみ」のインストールを行うことができます。これは、CD メディアを探して焼いたり、たくさんの信頼できないフロッピーディスクを相手に格闘したり、といったリムーバブルメディアに関する厄介事全てを避けることができます。

4.4.1. LILOGRUB を使用したハードディスクからのインストーラの起動

本節では、LILOGRUB のどちらかを使用して、linux を追加したり、 既存の linux を交換する方法について説明します。

起動時に、カーネルだけでなくディスクイメージをメモリに読み込むのを、 どちらのブートローダでもサポートしています。 この RAM ディスクは カーネルが root ファイルシステムとして使うことができます。

以下のファイルを、 Debian アーカイブからあなたのハードディスクの適当な場所にコピーしてください (LILO は NTFS ファイルシステムから起動できないことに注意してください)。例えば /boot/newinstall/ などです。

  • vmlinuz (カーネルバイナリ)

  • initrd.gz (RAM ディスクイメージ)

最後に、ブートローダを設定するため、 項5.1.4. 「LILOGRUB を用いた Linux からの起動」 に進んでください。

4.4.2. loadlin を使用したハードディスクからのインストーラの起動

この節では、loadlin を使用して、DOS からインストーラを起動するようハードディスクを準備する方法を説明します。

以下のディレクトリを、 Debian CD イメージから c:\ にコピーしてください。

  • /install.386 (カーネルバイナリと RAM ディスクイメージ)

  • /tools (loadlin ツール)