D.1. Linux のデバイス

Linux では、/dev に特別なファイルがいろいろとあります。このファイルはデバイスファイルと呼ばれ、通常のファイルと異なる振る舞いをします。デバイスファイルの一般的なものは、ブロックデバイスとキャラクタデバイスです。このファイルは、ハードウェアにアクセスする実際のドライバ (Linux カーネルの一部) へのインターフェースです。その他、あまり一般的ではありませんが、パイプ というデバイスファイルの形式もあります。以下に、最も重要なデバイスファイルを一覧します。

fd0 第 1 フロッピードライブ
fd1 第 2 フロッピードライブ

hda 第 1 IDEポートの IDE ハードディスク / CD-ROM (Master)
hdb 第 1 IDEポートの IDE ハードディスク / CD-ROM (Slave)
hdc 第 2 IDEポートの IDE ハードディスク / CD-ROM (Master)
hdd 第 2 IDEポートの IDE ハードディスク / CD-ROM (Slave)
hda1 最初の IDE ハードディスクの最初のパーティション
hdd15 4 番目の IDE ハードディスクの 15 番目のパーティション

sda SCSI ID が最小の SCSI ハードディスク (例: 0)
sdb SCSI ID が次に小さい SCSI ハードディスク (例: 1)
sdc SCSI ID がその次に小さい SCSI ハードディスク (例: 2)
sda1 最初の SCSI ハードディスクの最初のパーティション
sdd10 4番目の SCSI ハードディスクの 10 番目のパーティション

sr0 SCSI ID が最小の SCSI CD-ROM
sr1 SCSI ID が次に小さい SCSI CD-ROM

ttyS0 シリアルポート 0、MS-DOS では COM1
ttyS1 シリアルポート 1、MS-DOS では COM2
psaux PS/2 マウスデバイス
gpmdata 疑似デバイス、GPM (マウス) デーモンからのリピータデータ

cdrom CD-ROM ドライブへのシンボリックリンク
mouse マウスデバイスファイルへのシンボリックリンク

null 書き込まれたものをすべて消してしまうデバイス
zero 無限に 0 を読み出せるデバイス

D.1.1. マウスのセットアップ

(gpm が動いている) Linux コンソールと X ウィンドウ環境の両方で、マウスを使用できます。通常、gpm や X サーバ自体をインストールするだけです。どちらも、マウスデバイスとして /dev/input/mice を使用するように設定されています。正しいマウスプロトコルは、gpm では exps2、X では ExplorerPS/2 とされています。それぞれの設定ファイルは /etc/gpm.conf/etc/X11/xorg.conf です。

あなたのマウスが動作するには、特定のカーネルモジュールを読み込まなければなりません。ほとんどの場合、正しいモジュールを自動検出しますが、旧式のシリアルマウスや、バスマウスでは[22]いつもそうとは限りません。とはいえ、非常に古いコンピュータでなければ、かなり「まれ」です。以下に、マウスのタイプごとの、Linux カーネルモジュールをまとめます。

モジュール 説明
psmouse PS/2 マウス (自動検出可)
usbhid USB マウス (自動検出可)
sermouse ほとんどのシリアルマウス
logibm Logitech アダプタカードに接続するバスマウス
inport ATI や Microsoft の InPort カードに接続するバスマウス

マウスドライバモジュールを読み込むのに、modconf コマンド (同名のパッケージに収録) を使用でき、kernel/drivers/input/mouse カテゴリから探せます。



[22] シリアルマウスには、通常 9 穴の D 型コネクタが、バスマウスには、8 ピン円形コネクタが付いており、PS/2 マウスの 6 ピン円形コネクタや、ADB マウスの 4 ピン円形コネクタと混同することはないでしょう。