A.2. インストーラを起動する

debian-cd チームが debian-installer を使用してビルドした CD イメージは、Debian CD ページから入手できます。どこで CD を手に入れられるかについてのより詳細に関しては、項4.1. 「公式 Debian GNU/Linux CD-ROM セット」をご覧ください。

一部のインストール方法では、CD イメージ以外のイメージを必要とします。 項4.2.1. 「どこでインストールイメージを探すか」は、Debian ミラーサイトでイメージを探す方法について説明しています。

以下の小節では、インストール可能なそれぞれの手段のためにどのイメージを取得するべきかを詳しく説明します。

A.2.1. CD-ROM

debian-installer での squeeze のインストールに使用できる 2 つの異なる netinst CD イメージがあります。これらは、CD から起動し、ネットワーク越しに追加パッケージをインストールするように意図されているので、`netinst' という名前がついています。2 つのイメージの違いは、完全な netinst イメージの方にはベースパッケージが含まれているのに対して、名刺サイズの CD イメージを使用する場合は、ウェブからそれらをダウンロードしなければならないということです。インストールするのにはむしろネットワークを必要としないフルサイズ CD イメージを手に入れる方が良いでしょう。それなら CD セットの最初の 1 枚を必要とするだけです。

好みのタイプをダウンロードして、CD に焼いてください。 CD から PowerMac を起動するには、起動中ずっと c キーを押し続けてください。CD から起動するその他の方法は、項5.1.1. 「CD-ROM からの起動」をご覧ください。

A.2.2. フロッピー

CD から起動できない場合は、ダウンロードしたフロッピーイメージで Debian をインストールできます。floppy/boot.imgfloppy/root.img、そしてたぶん 1 枚か数枚のドライバディスクを必要とします。

中に boot.img を含んでいるのが、ブートフロッピーです。このフロッピーで起動すると、2 番目のフロッピーを挿入するよう指示されます — そこで root.img を含むフロッピーを使用します。

ネットワーク越しのインストールを計画している場合は、一般に floppy/net-drivers-1.img が必要です。PCMCIA や USB ネットワーク、あるいはあまり一般的でないネットワークカードを使用するには、2 枚目のドライバフロッピー floppy/net-drivers-2.img が必要になります。

CD は持っているけれどそこから起動できない場合は、まずフロッピーから起動して、CD を使ったインストールを完了するためにドライバディスクの floppy/cd-drivers.img を使ってください。

フロッピーディスクは、現存しているメディアの中で最も信頼性が低いものの 1 つなので、たくさんの不良ディスクが出る覚悟をしてください (項5.4.2. 「フロッピーディスクの信頼性」をご覧ください)。ダウンロードしたそれぞれの .img ファイルは単一のフロッピーに入れられます。/dev/fd0 やなにか他の装置に書き込むには dd コマンドが使えます (詳細は 項4.3. 「ディスクイメージからのフロッピーの作成」をご覧ください)。2 枚以上のフロッピーがあるなら、ラベルを付けておくのは良い考えです。

A.2.3. ネットワークからの起動

debian-installer をネットから完全に起動することもできます。netboot のための様々な方法は、アーキテクチャや netboot の設定に依存します。netboot/ 以下のファイルは、debian-installer を netboot するために使用できます。

A.2.4. ハードディスクからの起動

リムーバブルメディアを使用せずに、単に既存のハードディスク (そこに異なる OS があっても 構いません) を使ってインストーラを起動することができます。hd-media/initrd.gzhd-media/vmlinuz および Debian CD イメージをハードディスクの一番上のディレクトリにダウンロードしてください。CD イメージのファイル名が .iso で終わっていることを確かめてください。これは initrd を使った Linux の起動時の問題です。