3.6. インストール前に行うハードウェア・OS の設定

この節では、Debian のインストールに先立って必要となるハードウェアの設定について見ていきます。通常この作業では、システムのファームウェアの設定をチェックし、場合によってはその設定を変更することになります。「ファームウェア」は、ハードウェアが利用する中核的なソフトウェアで、電源投入後のブートプロセスの間に起動される、最も重要なものです。あなたが使うことになる Debian GNU/Linux の信頼性に影響を与えうる、既知のハードウェアの諸問題についても、同様に取り扱っていく予定です。

3.6.1. OpenFirmware の起動

普通 PowerPC システムでは BIOS (OpenFirmware と呼ばれます) の設定をする必要はありません。OpenFirmware は PReP と CHRP を備えていますが、残念ながらこの起動方法はメーカーによって千差万別です。マシンに付属の、ハードウェアの文書にあたる必要があるでしょう。

PowerPC の Macintosh では、OpenFirmware はブート時に Command (cloverleaf/Apple)+Option +o+f で起動できます。通常はチャイムの後でこのキー入力がされているかを調べますが、正確なタイミングはモデルによって様々です。より詳しいヒントは http://www.netbsd.org/Ports/macppc/faq.html をご覧ください。

OpenFirmware のプロンプトは次のようになります。

ok
0 >

PowerPC Mac の古いモデルでは、OpenFirmware とユーザとの通信は、デフォルトでシリアル (モデム) ポート経由になっていることがあります (場合によっては変更できないこともあります)。このようなマシンで OpenFirmware を起動すると、単に真っ黒な画面が表示されることになります。この場合 OpenFirmware と通信するには、別のコンピュータで端末プログラムを動かして、それをモデムポートにつなぐ必要があります。

OldWorld Beige G3 マシンでは、OpenFirmware の 2.0f1 と 2.4 は使い物になりません。ファームウェアにパッチを当てないと、このようなマシンではまずハードディスクからのブートはできません。ファームウェアのパッチは System Disk 2.3.1 ユーティリティに含まれており、Apple の ftp://ftp.apple.com/developer/macosxserver/utilities/SystemDisk2.3.1.smi.bin から入手できます。このユーティリティを MacOS から展開し、実行して Save ボタンを押すと、ファームウェアのパッチが nvram にインストールされます。

3.6.2. 気をつけるべきハードウェアの問題

OldWorld PowerMAC でのディスプレイ表示. ディスプレイドライバを 「制御」 する OldWorld PowerMAC では、表示を 256 色より大きく設定している場合、Linux 上で出力するのに適切なカラーマップを生成しない可能性があります。再起動後にそのような状態になった (モニタに表示されることもありますが、そうでなければ何も見えません) 場合や、インストーラの起動後に、ユーザインターフェースを表示せず画面が黒くなってしまった場合は、MacOS 上で、「数千」、「数百万」 と設定せずに、256 色としてみてください。