7.1. 決着のとき

新しいシステムが初めて自力で起動することを、電気を扱うエンジニアは「スモークテスト」と呼んでいます。

たとえシステムが正常に起動しなかったとしても、パニックにならないでください。インストールが正常に終了したのなら、システムが Debian を起動するのを妨げる比較的小さな問題だけがある可能性が高いです。ほとんどの場合、そのような問題はインストールを繰り返すことなしに解決することができます。ブート時の問題を修正する一つの選択肢は、インストーラ内蔵のレスキューモード (項8.7. 「起動しなくなってしまったシステムの回復」 をご覧ください) を使用することです。

もし Debian や Linux に不馴れなら、より経験のあるユーザの手助けが必要かもしれません。 PowerPC のようにそれほど一般的でないアーキテクチャでは、debian-powerpc メーリングリスト で尋ねるのが最も良い方法です。 項5.4.6. 「インストールレポートの送信」 にインストールレポートを提出することもできます。レポートには、問題についてはっきりと説明され、表示されたすべてのメッセージが含まれており、他の人が問題の原因を突き止める助けになるようにしてください。

7.1.1. OldWorld PowerMacs

インストール終了後に起動が失敗し、boot:というプロンプトのところで停止してしまったら、Linux と入力して Enter を押してみてください (quik.conf のデフォルトの起動設定には「Linux」というラベルがついているのです)。quik.conf 中で定義されているラベルは、boot:というプロンプトが出た時に Tab キーを押すと表示されます。また、もう 1 度インストーラを起動し直して、ハードディスクへの quik のインストール の段階で置いた /target/etc/quik.conf を編集してみるのもよいでしょう。quik を扱う上での情報は、http://penguinppc.org/projects/quik/ から得られます。

nvram をリセットせずに MacOS を起動するには、OpenFirmware プロンプトで bye と入力してください (MacOS がマシンから削除されていないことが前提です)。OpenFirmware プロンプトに入るには、マシンがコールドブートするまで command+option+o+f のキーを押し続けてください。OpenFirmware nvram をリセットして MacOS をデフォルトにし、MacOS に戻るようにするには、マシンがコールドブートしている間、command+option+p+r キーを押し続けてください。

インストールしたシステムをブートするのに BootX を使うなら、Linux Kernels フォルダで希望するカーネルを選び、ramdisk オプションを非選択にして、インストールに対応したルートデバイス (例えば /dev/hda8) を加えるだけです。

7.1.2. NewWorld PowerMacs

G4 マシンと iBook では、option キーを押すと、起動可能な OS のボタンが並んだグラフィカルな画面になります。Debian GNU/Linux は小さなペンギンのアイコンで示されます。

MacOS を残しており、どこかの時点で OpenFirmware の ブートデバイス変数を変更した場合には、OpenFirmware をデフォルトの設定に戻す必要があります。これには、マシンがコールドブートするまで command+option+p+r キーを押し続けます。

boot: プロンプトが表示されたときに Tab キーを押すと、yaboot.conf で定義されているラベルが表示されます。

G3 や G4 において OpenFirmware をリセットすると、Debian GNU/Linux がデフォルトで起動するようになります (パーティションが正しく作成され、Apple_Bootstrap パーティションが最初に置かれている場合)。Debian GNU/Linux が SCSI ディスクに置かれていて MacOS が IDE ディスクに置かれている場合には、うまく働かないかもしれません。その場合は OpenFirmware に入って ブートデバイス 変数を設定する必要がありますが、通常は ybin が自動的にこの作業をします。

いちど Debian GNU/Linux が起動できたら、あなたが望むオプション (デュアルブートなど) を /etc/yaboot.conf に追加して ybin を実行すれば、その変更をブートパーティションに反映させることができます。詳しくは、yaboot HOWTO を参照してください。