2.1. サポートするハードウェア

Debian は、Linux・kFreeBSD カーネルや GNU ツールセットが必要とする以上のハードウェアを要求しません。それゆえ、Linux・kFreeBSD カーネル、libc、gcc などが移植されていて、Debian の移植版が存在すれば、どんなアーキテクチャや プラットフォームでも Debian を動作させることができます。すでに Debian GNU/Linux でテストされている S/390 アーキテクチャシステムの詳細は、 http://www.debian.org/ports/s390/ にある移植版のページを参照してください。

この節では、S/390 でサポートされるハードウェアの様々な設定のすべてに触れることは避け、一般的な情報とさらなる情報が見つけられる場所へのポインタを紹介します。

2.1.1. サポートするアーキテクチャ

Debian GNU/Linux 6.0 は 11 の主要なアーキテクチャと、「フレーバー」と呼ばれる各アーキテクチャのバリエーションをサポートしています。

アーキテクチャ Debian での名称 サブアーキテクチャ フレーバー
Intel x86 ベース i386    
AMD64 & Intel EM64T amd64    
ARM armel Intel IOP32x iop32x
Intel IXP4xx ixp4xx
Marvell Kirkwood kirkwood
Marvell Orion orion5x
Versatile versatile
HP PA-RISC hppa PA-RISC 1.1 32
PA-RISC 2.0 64
Intel IA-64 ia64    
MIPS (ビッグエンディアン) mips SGI IP22 (Indy/Indigo 2) r4k-ip22
SGI IP32 (O2) r5k-ip32
MIPS Malta (32 bit) 4kc-malta
MIPS Malta (64 bit) 5kc-malta
MIPS (リトルエンディアン) mipsel Cobalt cobalt
MIPS Malta (32 bit) 4kc-malta
MIPS Malta (64 bit) 5kc-malta
IBM/Motorola PowerPC powerpc PowerMac pmac
PReP prep
Sun SPARC sparc sun4u sparc64
sun4v
IBM S/390 s390 VM-reader や DASD からの IPL generic
テープからの IPL tape

Debian GNU/kFreeBSD 6.0 はふたつのアーキテクチャをサポートしています。

アーキテクチャ Debian での名称
Intel x86 ベース kfreebsd-i386
AMD64 & Intel EM64T kfreebsd-amd64

この文書は Linux カーネルを用いた S/390 アーキテクチャへのインストールを扱います。Debian がサポートしている他のアーキテクチャに関する情報を探しているなら、Debian 移植版 のページをご覧ください。

2.1.2. S/390 や zSeries マシンタイプ

Debian Squeeze から、ESA/390 モードでの起動をサポートしなくなりました。少なくともマシンが、z/Architecture のアーキテクチャレベル 2 をサポートしている必要があります。しかし、ユーザランドはまだ ESA/390 でコンパイルされています。すべての zSeries ハードウェアをサポートしています。カーネル 2.6.32 開発ストリームの S/390 サポートソフトウェアを含んでいます。IBM の Linux サポートに関する最新情報は、 developerWorks にある Linux on System z® での Linux ページ にあります。

2.1.3. マルチプロセッサ

このアーキテクチャでは、マルチプロセッササポート (「対称型マルチプロセッシング」 や SMP と呼ばれている) が利用できます。Debian 6.0 の標準カーネルイメージは SMP サポートを有効にしてコンパイルされています。標準カーネルは非 SMP システムでも使用できますが、わずかな性能劣化となる若干のオーバーヘッドがあります。通常のシステムでは、ほとんど問題とならないでしょう。

シングル CPU システムにカーネルを最適化したい場合は、Debian の標準カーネルを置き換える必要があります。その手順に関する議論は 項8.6. 「新しいカーネルのコンパイル」 にあります。現時点 (カーネルバージョン 2.6.32) で SMP を無効にするためには、カーネルコンフィグレーションの 「Processor type and features」 セクションにある 「Symmetric multi-processing support」 の選択を解除してください。

2.1.4. ネットワーク接続機器

Linux カーネルがサポートしているネットワークインターフェースカード (NIC) なら、ほとんどインストールシステムでもサポートしています。ドライバモジュールは、通常自動的に読み込まれます。

以下にサポートしているネットワークデバイスを挙げます。

  • Channel to Channel (CTC) や ESCON 接続 (リアルもしくはエミュレーション)

  • OSA-2 Token Ring/Ethernet や OSA-Express Fast Ethernet (非 QDIO)

  • QDIO モードの OSA-Express, HiperSockets, Guest-LAN

2.1.5. 周辺機器やその他のハードウェア

XPRAM やテープからのパッケージのインストールは、このシステムではサポートしていません。全てのパッケージは、DASDを有効にするか、NFS, HTTP, FTP を使ってネットワークからインストールする必要があります。