3.1. インストールプロセスの概要

はじめに、再インストールについて述べておきます。Debian で、システムの完全な再インストールが必要になる状況は、非常にまれです。おそらく、もっともありそうなケースはハードディスクの機械的な故障でしょう。

多くの普通のオペレーティングシステムが、重大な故障が起きたり、OS の新バージョンへのアップグレードの際に、完全インストールを要求するかもしれません。完全な新インストールを要求しなくても、使用するプログラムを新 OS で適切に動かすために再インストールしなければなりません。

Debian GNU/Linux では、うまく行かない場合、OS を取り替えるのではなく修理できるケースの方がはるかに多いでしょう。アップグレードでは大量のインストールは必要ありませんし、常にその場でアップグレードできます。また OS のリリースが続いても、プログラムにはほとんど常に互換性があります。プログラムの新バージョンが、より新しい依存するソフトウェアを要求する場合、Debian パッケージングシステムは、必要なソフトウェアをすべて自動的に識別し、確実にインストールします。再インストールが必要ないように力を尽くしてきており、再インストールをしなくてはならないというのは、最後の手段であるというのがポイントです。インストーラは、既に存在するシステムに対して、再インストールするように設計されていません。

ここでは、インストールプロセスの中で行う処理を一段階ずつまとめておきましょう。

  1. インストールするハードディスクにある、既存のデータや文書のバックアップ。

  2. インストールを始める前に、コンピュータの情報と必要な文書を集める。

  3. ハードディスクに Debian のパーティションに使える領域を確保する。

  4. インストーラと、そのマシンで必要な特殊なドライバファイルの場所を確認ないしダウンロードする。(Debian CD ユーザは不要)

  5. 起動テープ・フロッピー・USB メモリを作る。または起動ファイルを配置する。(ほとんどの Debian CD ユーザは CD のどれかから起動できます)

  6. インストールシステムを起動する。

  7. ネットワークインターフェースをどれかひとつ設定する。

  8. 新しいシステムに ssh 接続する。

  9. ひとつ以上の DASD (Direct Access Storage Device) にアタッチする。

  10. Debian をインストールするパーティションを作成し、マウントする。

  11. 自動で行われる 基本システム のダウンロード・インストール・セットアップを監視する。

  12. Debian GNU/Linux と既存システムを起動するブートローダをインストールする。

  13. 新しいシステムを初めて起動する。

インストール中に問題があったら、どのステップのどのパッケージでつまずいたかを知るお手伝いをします。このインストール劇の、そんな主演ソフトウェア俳優をご紹介します。

インストーラの debian-installer は、このマニュアルの主役です。ハードウェアを検出して適切なドライバをロードし、dhcp-client を使用してネットワーク接続を設定し、基本システムパッケージをインストールするのに debootstrap を実行し、さらに追加ソフトウェアをインストールする tasksel を実行します。このプロセスで多くの俳優が、より小さな役を演じますが、初めて新しいシステムを起動する時に、debian-installer はそのタスクを終えることになります。

システムをお好みに調整するには、tasksel を使用して Web サーバやデスクトップ環境といった、様々なソフトウェアの定義済みセットを選択・インストールできます。

インストール時の重要な選択肢に、X Window System とグラフィカルデスクトップ環境の 1 つからなる、グラフィカルデスクトップ環境をインストールするかどうかがあります。「デスクトップ環境」 タスクを選択しない場合、比較的基本的な、コマンドライン駆動システムになります。かなり大きなディスク領域を必要とし、また、多くの Debian GNU/Linux システムは、グラフィカルユーザインターフェースを特に必要としないサーバであるため、デスクトップ環境タスクはオプションとなっています。