2.1. サポートするハードウェア

Debian は、Linux・kFreeBSD カーネルや GNU ツールセットが必要とする以上のハードウェアを要求しません。それゆえ、Linux・kFreeBSD カーネル、libc、gcc などが移植されていて、Debian の移植版が存在すれば、どんなアーキテクチャや プラットフォームでも Debian を動作させることができます。すでに Debian GNU/Linux でテストされている 32-bit PC アーキテクチャシステムの詳細は、 http://www.debian.org/ports/i386/ にある移植版のページを参照してください。

この節では、32-bit PC でサポートされるハードウェアの様々な設定のすべてに触れることは避け、一般的な情報とさらなる情報が見つけられる場所へのポインタを紹介します。

2.1.1. サポートするアーキテクチャ

Debian GNU/Linux 7.0 は 11 の主要なアーキテクチャと、フレーバーと呼ばれる各アーキテクチャのバリエーションをサポートしています。

アーキテクチャ Debian での名称 サブアーキテクチャ フレーバー
Intel x86 ベース i386    
AMD64 & Intel 64 amd64    
ARM armel Intel IOP32x iop32x
Intel IXP4xx ixp4xx
Marvell Kirkwood kirkwood
Marvell Orion orion5x
Versatile versatile
ハードウェア FPU がある ARM armhf Freescale mx5
Intel IA-64 ia64    
MIPS (ビッグエンディアン) mips SGI IP22 (Indy/Indigo 2) r4k-ip22
SGI IP32 (O2) r5k-ip32
MIPS Malta (32 bit) 4kc-malta
MIPS Malta (64 bit) 5kc-malta
MIPS (リトルエンディアン) mipsel Cobalt cobalt
MIPS Malta (32 bit) 4kc-malta
MIPS Malta (64 bit) 5kc-malta
IBM/Motorola PowerPC powerpc PowerMac pmac
PReP prep
Sun SPARC sparc sun4u sparc64
sun4v
IBM S/390 s390 VM-reader や DASD からの IPL generic
64bit IBM S/390 s390x VM-reader や DASD からの IPL generic

Debian GNU/kFreeBSD 7.0 はふたつのアーキテクチャをサポートしています。

アーキテクチャ Debian での名称
Intel x86 ベース kfreebsd-i386
AMD64 & Intel 64 kfreebsd-amd64

この文書は Linux カーネルを用いた 32-bit PC アーキテクチャへのインストールを扱います。Debian がサポートしている他のアーキテクチャに関する情報を探しているなら、Debian 移植版 のページをご覧ください。

2.1.2. CPU・マザーボード・ビデオのサポート

サポートしている周辺機器に関する完全な情報は、Linux ハードウェア互換性 HOWTO にあります。この節では基本的なことのみ説明します。

2.1.2.1. CPU

まだパーソナルコンピュータで使われている x86 ベース (IA-32) プロセッサを、Intel "Pentium" シリーズのすべての変種を含め、ほとんどすべてをサポートしています。また、AMD や VIA (旧 Cyrix) の 32 ビットプロセッサや、Athlon XP や Intel P4 Xeon といったプロセッサもサポートしています。

しかし Debian GNU/Linux wheezy は、386 以前のプロセッサでは動作しません。アーキテクチャ名が "i386" であるにもかかわらず、実際の 80386 プロセッサ (とそのクローン) のサポートは、Debian の Sarge (r3.1) リリースで打ち切られました[2]。(Linux では 286 やそれ以前のチップをサポートしたことはありません) i486 以降のすべてのプロセッサをサポートしています[3]

注記

システムに AMD64 や Intel 64 ファミリーといった、64 ビットプロセッサが使われているなら、おそらく (32 ビット) i386 アーキテクチャ用インストーラではなく、amd64 アーキテクチャ用インストーラを使用した方がいいと思います。

2.1.2.2. I/O バス

システムバスとは、CPU と記憶装置のような周辺機器との通信を可能にするためにマザーボードに搭載されているものです。あなたのコンピュータでは、ISA、EISA、PCI、PCIe、PCI-X、VESA ローカルバス (VLB、VL バスとも呼ばれます) のいずれかが使われているはずです。本質的に、近年販売されたパーソナルコンピュータには、このどれかが使われています。

2.1.3. ラップトップコンピュータ

技術的観点から言えば、ラップトップコンピュータは普通の PC です。ですから、PC システムに関する情報はすべて、同じようにラップトップに適用できます。最近のラップトップコンピュータへインストールすると、蓋を閉じて自動的にサスペンドしたり、wifi インターフェースを無効にする特殊なハードウェアボタン (機内モード) も大抵うまく動作します。とはいえ、ハードウェアメーカーが、特殊なハードウェアや閉鎖的なハードウェアを使用している場合、そのラップトップ固有の機能がサポートされていない可能性があります。特定のラップトップが GNU/Linux でうまく動作するかどうかを知るためには、Linux ラップトップページ をご覧ください。

2.1.4. マルチプロセッサ

このアーキテクチャでは、マルチプロセッササポート (対称型マルチプロセッシング や SMP と呼ばれている) が利用できます。Debian 7.0 の標準カーネルイメージは SMP-alternatives をサポートするようコンパイルされています。これにより、プロセッサ数 (やプロセッサコア数) を検出し、単一プロセッサシステムの場合には、自動的に SMP を無効にします。

もともと、複数のプロセッサがあるコンピュータは、ハイエンドサーバシステムのみのものでしたが、近年ではマルチコアと呼ばれるプロセッサを使用したローエンドコンピュータやラップトップコンピュータの登場により、本当に当たり前のものになりました。これには、1 つの物理的なチップに、コアと呼ばれる複数のプロセッサユニットが搭載されています。

32-bit PC 用 Debian カーネルイメージパッケージの 486 フレーバーでは、SMP をサポートするようコンパイルされていません。

2.1.5. グラフィックカードのサポート

Debian のグラフィカルインターフェースのサポートは、X.Org による X11 システムでサポートされているかどうかで決まります。昨今の PC では、搭載しているグラフィカルディスプレイは、大抵うまく動作します。3D ハードウェアアクセラレーションや、ハードウェアアクセラーションビデオといった、高性能なグラフィックカードの機能が有効かどうかは、システムで使用する実際のグラフィックハードウェアと、ある状況下では、追加 ファームウェア イメージのインストール (「ファームウェアが必要なデバイス」 参照) に依存します。非常に少数ですが、基本的なグラフィックをサポートだけでも、追加のグラフィックカードファームウェアのインストールを必要とする、ハードウェアがあるという報告がありました。しかしこれは稀な例外です。

サポートされているグラフィックカードやポインティングデバイスに関する、より詳細な情報は http://xorg.freedesktop.org/ にあります。Debian 7.0 は X.Org バージョン 7.7 を採用しています。

2.1.6. ネットワーク接続機器

Linux カーネルがサポートしているネットワークインターフェースカード (NIC) なら、インストールシステムでもほとんどサポートしています。ドライバモジュールは、通常自動的に読み込まれます。これにはラップトップにある、ほとんどの PCI/PCI-Express カードと PCMCIA/Express カードが含まれます。 多くの古い ISA カードも同様にサポートされています。

ISDN はサポートしていますが、インストール中には使用できません。

2.1.6.1. ワイヤレスネットワークカード

一般的にワイヤレスネットワークは、よくサポートされており、公式 Linux カーネルでサポートしているワイヤレスアダプタの数は増加していますが、多くはファームウェアの読み込みが必要です。

ファームウェアが必要な場合、インストーラはファームウェアのロードを促します。インストール中のファームウェアのロードについての詳細は、「見つからないファームウェアの読み込み」 をご覧ください。

公式 Linux カーネルでサポートされていないワイヤレス NIC も Debian GNU/Linux で動作しますが、インストールの間はサポートされません。

ワイヤレスに問題があり、その他の NIC がインストール中に使用できない場合でも、フルサイズの CD-ROM・DVD イメージを使用して、Debian GNU/Linux をインストールできます。ネットワークを設定しないようにし、CD/DVD にあるパッケージのみを使用してインストールを行ってください、インストールが完了後 (リブート後) に、必要なドライバとファームウェアをインストールし、ネットワークを手動で設定してください。

いくつかの場合、必要なドライバが Debian パッケージとして利用できないことがあります。その場合、インターネットから利用できるソースコードがあるかどうか探し、自分でドライバをコンパイルする必要があるでしょう。どのように行うかはこのマニュアルでは扱いません。利用できる Linux のドライバがない場合、Windows のドライバを利用できる ndiswrapper パッケージが最後の楽園になります。

2.1.7. 点字ディスプレイ

点字ディスプレイのサポートは、brltty で見つかる基本的なサポートにより決定されます。brltty で動作するほとんどのディスプレイは、シリアルポートや USB、bluetooth で接続します。点字デバイスサポートの詳細は、 brltty ウェブサイト にあります。Debian GNU/Linux 7.0 では、brltty のバージョン 4.4 を提供しています。

2.1.8. ハードウェア音声合成

ハードウェア音声合成デバイスのサポートは、speakup でサポートしているかどうかで決定されます。speakup は、統合基板やシリアルポートに接続された外部デバイスのみサポートしています (USB やシリアル-USB変換、PCI アダプタはサポートしていません)。ハードウェア音声合成デバイスのサポートについての詳細は、speakup のウェブサイト にあります。Debian GNU/Linux 7.0 では、speakup のバージョン 3.1.6 を提供しています。

2.1.9. 周辺機器やその他のハードウェア

Linux は、マウス、プリンタ、スキャナ、PCMCIA、USB デバイスなどの様々なハードウェアに幅広く対応しています。しかし、システムのインストールに、これらのデバイスが必要なわけではありません。

USB ハードウェアはたいていうまく動きます。非常に古い PC システムでは、USB キーボードの追加設定が必要かもしれません (「気をつけるべきハードウェアの問題」 をご覧ください)。昨今の PC では、USB のキーボードやマウスは、特に設定せずに動作します。



[2] 私たちは打ち切りを避けようと努力してきましたが、GCC の提供する C++ ABI のバグに始まるコンパイラとカーネルの問題により、最終的にそうせざるを得なくなりました。自分のカーネルとすべてのパッケージをソースからコンパイルすれば、まだ 80386 プロセッサで Debian GNU/Linux が動作するかもしれませんが、本マニュアルの範疇を越えてしまいます。

[3] 古いチップをサポートしないことによる正の影響として、多くの Debian パッケージが昨今のコンピュータ上で、多少速く動作することが挙げられます。1989 年に発売された i486 では、オペコードを 3 つ (bswap, cmpxchg, xadd) 持っていますが、1986 年に発売された i386 にはありません。以前はほとんどの Debian パッケージでこれを使用できませんでしたが、現在では使用できます。