3.6. インストール前に行うハードウェア・OS の設定

この節では、Debian のインストールに先立って必要となるハードウェアの設定について見ていきます。通常この作業では、システムの BIOS/システム用ファームウェアの設定をチェックし、場合によってはその設定を変更することになります。BIOSシステムファームウェアは、ハードウェアが利用する中核的なソフトウェアで、電源投入後のブートプロセスの間に起動される、最も重要なものです。

3.6.1. BIOS 設定メニューの起動

BIOS はマシンのブートに必要となる基本的機能を提供し、OS がハードウェアにアクセスできるようにするものです。これからインストールしようとしているマシンでも、BIOS を設定できるようなメニューがついていると思います。BIOS 設定メニューに入るには、コンピュータの電源を入れてからキーを (一つまたは組み合わせて) 押しておく必要があります。多いのは DeleteF2 キーですが、製造者によっては別のキーを使うこともあります。通常はコンピュータの起動時にどのキーを押して設定画面に入るのか指示するメッセージが表示されるでしょう。

3.6.2. ブートデバイスの選択

BIOS 設定メニューで起動可能な OS をどのデバイスから順に探すのか選択できるようになっています。通常、内蔵ハードドライブや CD/DVD-ROM ドライブ、USB メモリや外付け USB ハードディスクのような USB 大容量デバイスが選択できるでしょう。いまのシステムでは PXE 経由でネットワークからの起動ができるようになっているものもよくあります。

選択したインストール用メディア (CD/DVD ROM、USB メモリ、ネットワーク経由) によりますが、適切な起動デバイスが有効になっていなければここで有効化してください。

ほとんどの BIOS で、システム起動時に起動メニューを呼び出してコンピュータがそのセッションでどのデバイスから起動するか選べるようになっています。これが可能な場合は、通常システム起動時に press F12 for boot menu のような短いメッセージを BIOS が表示します。実際にこのメニューに入るために使うキーはシステムにより様々ですが、よく使われるキーは F12F11F8 があります。このメニューからデバイスを選択した場合は BIOS のデフォルトの順は変更されません。つまり、内蔵ハードディスクを通常第一の起動デバイスに設定している状態で USB メモリから一度だけ起動することができます。

BIOS がその時限りの起動デバイス選択メニューを提供していない場合は、BIOS の設定を変更して debian-installer を起動するデバイスを第一の起動デバイスにする必要があります。

残念ながら一部のコンピュータには BIOS の動作がおかしいものがあります。BIOS 設定メニューにしかるべきオプションがあって USB メモリが第一の起動デバイスに選択されていても USB メモリからの debian-installer の起動ができないかもしれません。こういったシステムの一部では USB メモリを起動メディアとして使うことができません。BIOS 設定のデバイスタイプをデフォルトの USB ハードディスクUSB メモリ から USB ZIPUSB CDROM に変更することにより BIOS を騙して USB メモリから起動することができるものもあります。特に isohybrid CD/DVD イメージを USB メモリで使う場合 (「ハイブリッド CD/DVD イメージを使った USB メモリの準備」 参照)、USB ハードディスクモードで USB メモリから起動しない BIOS では、デバイスタイプを USB CDROM に変更すると起動できることがあります。

BIOS を操作して USB メモリから直接起動することができない場合でも、まだ USB メモリにコピーした ISO を使うという選択があります。「ハードディスク起動ファイルの準備」 を使って debian-installer を起動し、インストーラの ISO イメージを探してハードドライブを走査した後で USB デバイスを選択し、インストール用イメージを選びます。

3.6.3. 気をつけるべきハードウェアの問題

USB BIOS サポートとキーボード. PS/2 形式のキーボードがなく、USB のものだけ場合、ある種の非常に古い PC では、ブートローダーメニューでキーボードを使用するため、BIOS 設定で legacy keyboard emulation を有効にする必要があります。が、今日のシステムでは問題になりません。ブートローダーメニューでキーボードが使用できない場合、マザーボードのマニュアルを調べて、Legacy keyboard emulationUSB keyboard support といった BIOS 設定に入ってください。