C.5. Debian のパーティション分割プログラム

いろいろな種類のパーティション分割ツールが Debian 開発者によって組み込まれ、 様々な形式のハードディスクやコンピュータアーキテクチャで 動作するようになっています。 以下に、それらのアーキテクチャで使えるプログラムのリストを示します。

partman

Debian 推奨のパーティション分割ツールです。このアーミーナイフは、 パーティションサイズを変更したり、ファイルシステムを作成 したり、マウントポイントを指定したりすることもできます。

cfdisk

一般ユーザのための、操作の容易なフルスクリーン表示ディスクパーティション 作成プログラムです。

cfdisk は FreeBSD パーティションを全く理解しません。 したがって、こちらでもデバイス名が変わってしまうかもしれません。

ディスクのパーティショニング (あるいは同様のもの) を選択すると、上記のプログラムの中のひとつがデフォルトで実行されます。 VT2 のコマンドラインから、異なるパーティション分割ツールを使うこともできますが お勧めしません。

C.5.1. IA-64 でのパーティション分割

partman ディスクパーティショナーは、インストーラ用の デフォルトのパーティション分割ツールです。 それはインストールがうまくいくよう、ディスクとファイルシステムが正しく 構成されることを確実にするために、パーティションとマウントポイントの セットを管理します。実際は、ディスク上でパーティション分割をするために parted を使用します。

EFI のフォーマット認識

IA-64 EFIファームウェアは、GPT および MS-DOS の 2 つのパーティションテーブル (あるいはディスクラベル) フォーマットをサポートします。MS-DOS (i386 PC 上で一般的に使用されるフォーマット) は、IA-64 システムでは もはや推奨されません。インストーラはさらに cfdisk を提供しますが、GPT および MS-DOS テーブルの両方を唯一正確に 管理することができる parted だけを使うべきです。

partman の自動のパーティション分割レシピは、 ディスク上の第 1 パーティションとして EFI パーティションを割り当てます。 また、swap パーティションをセットアップするのに 幾分似通った、メインメニューからの ガイドによるパーティショニング でパーティションをセットアップできます。

partman パーティショナーはほとんどのディスクレイアウトを扱えます。まれにディスクを手動でセットアップする必要がある場合では、前述のようなシェルを使用し、コマンドラインインターフェースを使って、parted ユーティリティを直接実行できます。現在のディスク全体を消去して GPT テーブルとパーティションを作りたいという場合は、以下のようなコマンドシーケンスを使うことになるでしょう。

      mklabel gpt
      mkpartfs primary fat 0 50
      mkpartfs primary linux-swap 51 1000
      mkpartfs primary ext2 1001 3000
      set 1 boot on
      print
      quit

こうすると新しいパーティションテーブルと 3 つのパーティション、つまり EFI ブートパーティション、スワップスペース、ルートファイルシステムが作成されます。最後に EFI パーティションの起動フラグを立てています。パーティションのサイズはメガバイト単位で指定し、その先頭と末尾の値をディスク先頭からのオフセットで与えます。したがって例えば上記では、ディスク先頭からのオフセット 1001MB から始まる、サイズ 1999MB の ext2 パーティションを作成したことになります。なお parted からスワップスペースを作成すると、そのパーティション上で不良ブロックをスキャンするので、数分の時間が必要になります。

C.5.2. ブートローダパーティションの必要条件

ELILO (IA-64 ブートローダ) は、boot フラグが セットされた FAT ファイルシステムのパーティションを必要とします。 このパーティションは、ブートローダ、カーネル全部、RAM ディスクなど、 起動に必要なものを収めなければなりません。最小サイズはおよそ 20MB 程度でしょうが、いろいろなカーネルを試したりしたい場合には、 128MB くらい取っておく方が良いでしょう。

EFI ブートマネージャと EFI シェルは、GPT テーブルを完全にサポートします。 ですからブートパーティションが必ずしも最初のパーティション、あるいは 同じディスク上にある必要はありません。 これは、パーティションを割り当てるのを忘れてしまい、ディスク上の他の パーティションをフォーマットしたあとになって初めて気がついた場合でも便利です。 partman パーティショナーは、root パーティションを適切にセットアップすると同時に EFI パーティションを チェックします。 これは、パッケージのインストールを始める前にディスクレイアウトを修正する 機会を与えてくれます。 このような手抜かりを修正する最も簡単な方法は、EFI パーティションを追加するための 自由で充分なスペースを作るために、ディスクの最後のパーティションを縮小することです。

root ファイルシステムと同じディスク上の EFI ブートパーティションを割り当てることを強くお勧めします。

C.5.3. EFI のパーティション診断

EFI ファームウェアは、ほとんどの x86 PC 上で見られた通常の BIOS より かなり複雑なものになっています。 いくつかのシステムベンダは、ハードディスク上のファイルにアクセスし、EFI ベースの システム管理ユーティリティと診断ルーチンを格納するためのハードディスク ファイルシステムからプログラムを実行するために EFI の能力を利用しています。 これはシステムディスク上の独立した FAT フォーマットファイルシステムです。 詳細は、システムに付属するシステムドキュメンテーションおよび付属品を 調べてください。 診断ルーチンパーティションを最も簡単にセットアップするには、 EFI ブートパーティションと同時にセットアップすることです。