5.2. アクセシビリティ

あるユーザにとっては、目が不自由であるといった理由により、それぞれに見合った支援が必要なことがあります。USB 点字ディスプレイは自動認識します (シリアル-USB 変換経由で接続されているシリアルディスプレイでは自動認識しません) 。しかしその他多くのアクセシビリティ機能は手動で有効にする必要があります。アクセシビリティ機能を有効にするために、ブートパラメータを付加できます。ほとんどのアーキテクチャでは、キーボードを QWERTY キーボードとして認識することに注意してください。

5.2.1. USB 点字ディスプレイ

USB 点字ディスプレイは自動認識するはずです。その後テキスト版インストーラでは、自動的に選択され、ターゲットシステムに、点字ディスプレイのサポートを自動的にインストールします。あとはブートメニューで Enter を押すだけです。一度 brltty が起動すると、設定メニューから点字テーブルを選択できます。点字デバイスのキーバインドは、brltty のウェブサイト に文書があります。

5.2.2. シリアル接続点字ディスプレイ

シリアル接続点字ディスプレイは、(ある種のものを破損する可能性があるため) 安全に自動検出できません。そのため、ブートパラメータに brltty=driver,port,table と追加し、brltty にどのドライバを使用するべきか教える必要があります。driver を、あなたの端末用の 2 文字のドライバコードに置き換えてください (BRLTTY マニュアル 参照)。port は、ディスプレイを接続するシリアルポート名に置き換えてください。デフォルトは ttyS0 で、ttyUSB0 をシリアル-USB 接続変換を使う時に一般的につかいます。table は、使用する点字テーブルの名前に置き換えてください (BRLTTY マニュアル 参照)。デフォルトは英語になっています。テーブルは、後で設定メニューで変更できるのに注意してください。点字デバイスのキーバインドは、brltty のウェブサイト にドキュメントがあります。

5.2.3. 基板デバイス

いくつかのアクセシビリティデバイスは、マシンの内部に接続した実際の基板で、ビデオメモリから直接テキストを読みます。動作させるには、 fb=false ブートパラメータを用いて、フレームバッファのサポートを無効にしなければなりません。しかし、これにより使用できる言語が減ってしまいます。

5.2.4. 高コントラストテーマ

視力の弱いユーザのために、インストーラは、より見やすい高コントラストの配色を採用したテーマを使用できます。これを有効にするには、ブートパラメータに theme=dark を追加してください。

5.2.5. preseed の利用

別の方法として、Debian は preseed を使った完全自動インストールが可能です。これは 付録B preseed を利用したインストールの自動化 にドキュメントがあります。

5.2.6. インストールしたシステムのアクセシビリティ

インストールしたシステムのアクセシビリティについての文書は、Debian Accessibility wiki ページ で利用できます。