2.4. インストールに利用できるメディア

本節は、Debian をインストールするのに、どのメディアを使用するかを決めるのに、参考になるでしょう。全体をメディアに費やした章 (4章システムインストールメディアの入手) があり、そこではメディアごとに利点と欠点を挙げています。その章から、このページに、もう一度戻ってくるかもしれませんね。

2.4.1. CD-ROM/DVD-ROM

注記

オペレーティングシステムから見て等価なので、このマニュアルで CD-ROM と記述してあるものは、CD-ROM と DVD-ROM の両方に当てはまります。

CD-ROM ベースのインストールは、ほとんどのアーキテクチャでサポートされています。

2.4.2. USB メモリ

USB メモリとしてよく知られる USB フラッシュディスクは広く利用されるようになっている安価なストレージデバイスです。いまのコンピュータシステムではほとんどがこういった USB メモリからの debian-installer のブートにも対応しています。いまのコンピュータシステムの多く、特にネットブックや薄いノートはもう CD/DVD-ROM ドライブを全く持たず、こういったシステムに新しい OS をインストールする場合、USB メディアからのブートは標準的な手段となっています。

2.4.3. ネットワーク

インストールに必要なファイルをインストール中に取得するのに、ネットワークを使用できます。ネットワークを使用するかどうかは、あなたが選択したインストール方法と、インストール中の質問への答に依存します。インストールシステムは、ネットワークへのほとんどの接続法 (PPPoE を含む。ISDN や PPP は不可) 上での、HTTP と FTP のどちらともサポートしています。インストール完了後に、ISDN や PPP を使用するようにシステムの設定ができます。

CD/DVD や USB メモリ等のローカルメディアを一切必要とせず、インストールシステムをネットワーク越しに起動することもできます。ネットワーク越しに起動するための基盤が既にある (つまり、ネットワーク内で既に DHCP および TFTP サービスが動作している) 場合は、そうすることで大量のマシンへの展開が簡単、迅速にできるようになります。必要となる基盤の準備には、ある程度技術的な経験が要求されるため、この方法は初心者に勧めるものではありません。

ネットワーク越しに起動を行い、すべてのローカルファイルシステムを NFS でマウントして、ディスクレスインストールをすることも一つの選択です。

2.4.4. ハードディスク

ハードディスクからインストールシステムを直接ブートするのは、多くのアーキテクチャで使えるもうひとつの方法です。ハードディスク上にあるインストーラをロードするため、他の OS が必要になります。この方法は、他のインストール方法が利用できないという、特殊な場合にだけ使用してください。

2.4.5. Un*x・GNU システム

他の Unix 系システムが稼働していれば、このマニュアルで説明している debian-installer を使用せずに、Debian GNU/kFreeBSD をインストールに使用できます。このインストール方法なら、他の方法ではサポートしないハードウェアや、ダウンタイムを用意できないユーザにとって便利です。この方法に興味があれば、「Unix/Linux システムからの Debian GNU/kFreeBSD のインストール」 へスキップしてください。このインストール方法は、他にインストール方法のない、慣れたユーザにとってのみ、おすすめします。

2.4.6. サポートする記憶装置

Debian インストーラのカーネルは、なるべくどのシステムでも実行できるように構築されています。