3.5. マルチブートシステムでの事前パーティション分割

「ディスクのパーティション分割」とは、ディスクをセクションに分けることです。各セクションは他のセクションから独立しています。この作業は要するに、家の中に壁を作るようなものです。ある部屋に家具を入れても、それは他の部屋には影響しないというわけです。

システム上に既にオペレーティングシステム (Windows 9x、Windows NT/2000/XP/2003/Vista/7、OS/2、MacOS、Solaris、FreeBSD、…) が入っていてディスク全体を使っているときに同じディスクに Debian も入れたい場合には、ディスクのパーティション分割をやり直す必要があります。Debian は Windows や MacOS のパーティションにはインストールできません。他の Unix システムとはパーティションを共有することも可能かもしれませんが、ここではそれは取り扱いません。少なくとも、Debian の root ファイルシステムには専用のパーティションが必要となります。

現在のパーティションの設定は、Windows の統合ディスクマネージャや DOS の fdiskのような、現在の OS に対応したパーティション分割ツールを使えばわかります。パーティション分割ツールには、必ず既存のパーティションを (変更せずに) 表示する機能が付いています。

一般に、既にファイルシステムの入っているパーティションを変更すると、中の情報はすべて破壊されてしまいます。そのため、パーティション分割をやり直す前には、必ずバックアップを取っておいてください。家の例でいうと、壁を動かす前には、家具が壊れないよう、あらかじめどかしておきます。

今の OS の中には、既存のパーティションをその内容を壊さずに移動、サイズ変更できる機能を提供しているものがあります。この機能を使うと既存データを失うことなくスペースを作ることができます。これはほとんどの場合問題なく成功しますが、ディスクのパーティションを変更することは本質的に危険な操作であり、全データを完全にバックアップした上で行うべきものです。DOS や Windows システムで利用される FAT/FAT32 や NTFS パーティションについては、損失なく移動、サイズ変更する機能は Windows 7 の統合ディスクマネージャと同様に debian-installer でも提供されています。

パーティションの作成や削除は既存の OS からと同じように debian-installer からもできます。経験則ですが、パーティションはそれを使うシステムから作成すべきです。つまり、Debian GNU/kFreeBSD により使われるパーティションは debian-installer から作成すべきで、他の OS から利用するパーティションはそちらから作成すべきです。debian-installer には kFreeBSD 以外のパーティションを作成する機能があり、そうやって作成したパーティションは他の OS から通常問題なく使えますが、ごくレアな状況でこれが問題となる可能性があります。そのため、確実を期するのであれば、他の OS で利用するパーティションの作成にはネイティブのパーティション用ツールを使ってください。

同じマシンに複数の OS をインストールするつもりでしたら、Debian をインストールする前に、他の OS を全部先にインストールしておきましょう。Windows などの他の OS をインストールすると、Debian を起動する機能が破壊されてしまったり、あるいはその OS のものでないパーティションをフォーマットし直すよう促されたりするからです。

このような動作から復旧したり、そのような提案を断ったりすることはできますが、先にそちらのシステムをインストールしておけば、最初からトラブルを避けることができます。