4.3. USB メモリでの起動用ファイルの準備

USB メモリの準備をするには、GNU/Linux が既に動いていて、USB をサポートしているシステムが必要になります。現在の GNU/Linux では、USB メモリを挿すと自動的に認識するでしょう。そうならない場合は、usb-storage カーネルモジュールをロードしているかを確認してください。USB メモリを挿すと、/dev/sdX (X は a〜zの範囲の文字) というデバイスにマッピングされます。どのデバイスが USB メモリかは、挿した後で dmesg コマンドを実行すると見られます。USB メモリに書き込むには、ライトプロテクトスイッチを切る必要があります。

警告

この方法を使うとデバイス上の既存の物は破壊されてしまいます! USB メモリの正しいデバイス名を必ず確認して使用してください。間違ったデバイス名を使用すると、例えばハードディスク内のすべてのデータを失うといったことが起こります。

4.3.1. USB メモリへのファイルの手動コピー

USB メモリを設定するもう一つの方法は、インストーラのファイルと CD イメージを手動で書き込むやり方です。USB メモリは少なくとも 1 GB のサイズが必要なのに注意してください (「USB メモリへのファイルの手動コピー — 柔軟な方法」 のようにすれば、もっと少ないサイズでもセットアップできます)。

インストーラの全ファイル (カーネル含む) が入った hd-media/boot.img.gz というオールインワンなファイルがあります。

これは便利ですが、この方法にはひとつの大きな欠点があることに注意してください。USB メモリの容量がもっと大きかったとしても、デバイスの論理サイズが 1 GB に制限されます。他の用途にも使用したい場合は、全容量を確保し直すため、USB メモリをパーティション分割し直し、新しいファイルシステムを作成する必要があります。

その後、 USB メモリをマウントし そこに Debian の ISO イメージ (netinst、フル CD) をコピーしてください。USB メモリをアンマウント (umount /mnt) すると完了です。

4.3.2. USB メモリへのファイルの手動コピー — 柔軟な方法

もっと柔軟なものがよかったり、何が起きているか知りたいのなら、以下に説明する USB メモリにファイルを置く方法を使用すべきです。この方法の利点は、(USB メモリの容量が十分大きければ) フル CD の ISO イメージをコピーするという選択しもあるということです。