8.1. システムをシャットダウンする

稼働中の Debian GNU/kFreeBSD システムをシャットダウンする際には、コンピュータの前面や背面にあるリセットスイッチで再起動させたり、いきなり電源を落したりしてはいけません。Debian GNU/kFreeBSD は適切な手順でシャットダウンすべきで、さもないとファイルを失ったりディスクにダメージがもたらされたりします。デスクトップ環境を実行している場合は、通常システムのシャットダウン (または再起動) を可能にする、アプリケーションメニューから利用できる ログアウト 用のオプションがあります。

もう一つの方法として、Ctrl+Alt+Del のキーを同時に押す方法が使えます。このキーの組合せが効かない場合や、コマンドを打つ方が好みなら、システムを再起動するには reboot と打ち込んでください。最後の選択肢として、root でログインして poweroffhalt あるいは shutdown -h now などのコマンドのどれかを打ち込みます (訳注: システムが停止します)。