6.2. コンポーネント入門

ここではインストーラコンポーネントを各コンポーネントの簡単な説明を添えて 一覧します。特定のコンポーネントを使用するにあたり、知る必要があるかもしれない詳細は 「それぞれのコンポーネントの使用法」 にあります。

main-menu

インストーラの操作中にユーザにコンポーネントのリストを見せ、選択されたコンポーネントを起動します。main-menu では質問の優先度が「中」に設定されています。そのため、優先度が「高」や「重要」(デフォルトは「高」) に設定されている場合は、メニューを見ることはないでしょう。一方、あなたの入力が必要なエラーが起きた場合、その問題を解決するために、質問の優先度が一時的に格下げされるかもしれません。その場合、メニューが表示される可能性があります。

現在実行しているコンポーネントから抜けるために、Go Back ボタンを繰り返し選択してメインメニューに戻れます。

localechooser

インストール中・インストールしたシステムの、地域オプション (言語、国、ロケール) の選択を行います。インストーラは選択した言語でメッセージを表示しますが、その言語でのメッセージの翻訳が完了していない場合は、英語で表示します。

console-setup

キーボードのリストを表示します。お持ちのキーボードに一致するモデルを選択してください。

hw-detect

システムのほとんどのハードウェアを自動検出します。これには、ネットワークカード、ディスクドライブ、PCMCIA が含まれます。

cdrom-detect

Debian インストール CD を探しマウントします。

netcfg

インターネットへ通信できるように、コンピュータのネットワーク接続を設定します。

iso-scan

ハードディスクにある ISO イメージ (.iso ファイル) を探します。

choose-mirror

Debian アーカイブミラーのリストを表示します。インストールするパッケージの取得元を選択できるでしょう。

cdrom-checker

CD-ROM の整合性チェック。これにより、インストール CD-ROM が壊れていないか自分で保証できます。

lowmem

lowmem はシステムの搭載するメモリが少ないかを確認し、少なければ debian-installer の不必要な部分を、メモリから (いくつかの機能を犠牲にして) 削除する様々なトリックを行います。

anna

Anna's Not Nearly APT. (Anna はちっとも APT (適切) じゃない) 選択したミラーサーバや CD から、パッケージを取得してインストールします。

user-setup

root パスワードの設定や、root 以外のユーザの追加を行います。

clock-setup

システム時計を更新して、時計を UTC にあわせるかどうかを決定します。

tzsetup

あらかじめ選択した場所を元に、タイムゾーンを選択します。

partman

システムの内蔵ディスクを分割し、選択したパーティションのファイルシステムを作成し、マウントポイントにそのファイルシステムをマウントすることができます。完全自動モードや LVM サポートといったさらに面白い機能があります。これは Debian での好ましいパーティション分割ツールです。

partitioner

システムのディスクを分割することができます。あなたのコンピュータのアーキテクチャに最適な、パーティション分割プログラムが選ばれます。

partconf

パーティションのリストを表示します。また、選択したパーティションにファイルシステムを作成します。

lvmcfg

LVM (Logical Volume Manager) の設定について、ユーザの補助を行います。

mdcfg

ソフトウェア RAID (Redundant Array of Inexpensive Disks) の設定をユーザに許可します。このソフトウェア RAID は、新しめのマザーボードに見られる、安い IDE (疑似ハードウェア) RAID コントローラより通常優秀です。

base-installer

再起動時に、コンピュータが Debian GNU/kFreeBSD として動作するための、もっとも基本的なパッケージセットをインストールします。

apt-setup

インストーラを起動したメディアを元に、ほとんど自動で apt の設定を行います。

pkgsel

追加ソフトウェアをインストールするのに tasksel を使用します。

os-prober

コンピュータに現在インストールされている OS を検出し、この情報を (bootloader のスタートメニューに発見した OS を加える機能を提供する) bootloader-installer へ渡します。これは、起動時にどの OS で起動するかを、ユーザが簡単に決める方法です。

bootloader-installer

様々なブートローダインストーラがそれぞれ、ハードディスクにブートローダプログラムをインストールします。これは、フロッピーや CD-ROM を使用しないで kFreeBSD を起動するのに必要です。ブートローダの多くは、コンピュータが起動するごとに代替オペレーティングシステムを選ぶことができます。

shell

メニューから、もしくは第 2 コンソールで shell を実行できます。

save-logs

後で Debian 開発者へ、インストーラソフトウェアの障害を正確に報告するために、障害に遭遇した際の、フロッピーディスク、ネットワーク、ハードディスク、その他メディアに情報を記録する方法を提供します。