5.2. アクセシビリティ

あるユーザにとっては、目が不自由であるといった理由により、それぞれに見合った支援が必要なことがあります。多くのアクセシビリティ機能は手動で有効にする必要があります。アクセシビリティ機能を有効にするために、ブートパラメータを付加できます。ほとんどのアーキテクチャでは、キーボードを QWERTY キーボードとして認識することに注意してください。

5.2.1. 基板デバイス

いくつかのアクセシビリティデバイスは、マシンの内部に接続した実際の基板で、ビデオメモリから直接テキストを読みます。動作させるには、 fb=false ブートパラメータを用いて、フレームバッファのサポートを無効にしなければなりません。しかし、これにより使用できる言語が減ってしまいます。

5.2.2. 高コントラストテーマ

視力の弱いユーザのために、インストーラは、より見やすい高コントラストの配色を採用したテーマを使用できます。これを有効にするには、ブートパラメータに theme=dark を追加してください。

5.2.3. preseed の利用

別の方法として、Debian は preseed を使った完全自動インストールが可能です。これは 付録B preseed を利用したインストールの自動化 にドキュメントがあります。

5.2.4. インストールしたシステムのアクセシビリティ

インストールしたシステムのアクセシビリティについての文書は、Debian Accessibility wiki ページ で利用できます。