3.5. マルチブートシステムでの事前パーティション分割

「ディスクのパーティション分割」とは、ディスクをセクションに分けることです。各セクションは他のセクションから独立しています。この作業は要するに、家の中に壁を作るようなものです。ある部屋に家具を入れても、それは他の部屋には影響しないというわけです。

システム上に既にオペレーティングシステム が入っていてディスク全体を使っているときに同じディスクに Debian も入れたい場合には、ディスクのパーティション分割をやり直す必要があります。Debian は Windows や MacOS のパーティションにはインストールできません。他の Unix システムとはパーティションを共有することも可能かもしれませんが、ここではそれは取り扱いません。少なくとも、Debian の root ファイルシステムには専用のパーティションが必要となります。

現在のパーティションの設定は、Disk Utility や Drive Setup、HD Toolkit、MacToolsのような、現在の OS に対応したパーティション分割ツールを使えばわかります。パーティション分割ツールには、必ず既存のパーティションを (変更せずに) 表示する機能が付いています。

一般に、既にファイルシステムの入っているパーティションを変更すると、中の情報はすべて破壊されてしまいます。そのため、パーティション分割をやり直す前には、必ずバックアップを取っておいてください。家の例でいうと、壁を動かす前には、家具が壊れないよう、あらかじめどかしておきます。

今の OS の中には、既存のパーティションをその内容を壊さずに移動、サイズ変更できる機能を提供しているものがあります。この機能を使うと既存データを失うことなくスペースを作ることができます。これはほとんどの場合問題なく成功しますが、ディスクのパーティションを変更することは本質的に危険な操作であり、全データを完全にバックアップした上で行うべきものです。

パーティションの作成や削除は既存の OS からと同じように debian-installer からもできます。経験則ですが、パーティションはそれを使うシステムから作成すべきです。つまり、Debian GNU/Linux により使われるパーティションは debian-installer から作成すべきで、他の OS から利用するパーティションはそちらから作成すべきです。debian-installer には Linux 以外のパーティションを作成する機能があり、そうやって作成したパーティションは他の OS から通常問題なく使えますが、ごくレアな状況でこれが問題となる可能性があります。そのため、確実を期するのであれば、他の OS で利用するパーティションの作成にはネイティブのパーティション用ツールを使ってください。

同じマシンに複数の OS をインストールするつもりでしたら、Debian をインストールする前に、他の OS を全部先にインストールしておきましょう。Windows などの他の OS をインストールすると、Debian を起動する機能が破壊されてしまったり、あるいはその OS のものでないパーティションをフォーマットし直すよう促されたりするからです。

このような動作から復旧したり、そのような提案を断ったりすることはできますが、先にそちらのシステムをインストールしておけば、最初からトラブルを避けることができます。

OpenFirmware に Debian GNU/Linux を自動的に起動させるには、Linux パーティションを他の OS のパーティション (特に Mac OS X のブートパーティション) よりディスクの先頭近くに置かなければなりません。事前パーティション分割を行うときにはこのことを心に留めておきましょう。Linux 用に使う場所を埋めておくパーティションを、他の起動可能なパーティションよりもディスクの 前の方 に作らなければなりません (Apple ディスクドライバ用の小さなパーティションは起動可能ではありません)。この場所埋めのパーティションは、実際にインストールする際に、Debian パーティションツールで削除し、実際の Linux パーティションと置き換えることができます。

3.5.1. Mac OS X のパーティション分割

Mac OS X インストーラの Utilities メニューに Disk Utility アプリケーションが入っているはずです。これは既存のパーティションの調整は行いません。ディスク全体を一括でパーティション処理することに限られます。

GNU/Linux で用いるところに、場所埋め用パーティションを作るのを忘れないでください。できればディスクの先頭に置きましょう。後で Debian GNU/Linux のインストーラから、一度消して置き換えることになりますので、タイプは何でも構いません。

Debian インストーラのパーティションテーブル編集ツールは OS X とは互換性がありますが MacOS 9 との互換性はありません。MacOS 9 と OS X の両方を使うつもりであれば、OS X と Debian を同じハードドライブにインストールし、MacOS 9 は別のハードドライブにインストールするのが最善です。分離オプションは OS 9 と OS X では起動時に option キーを押していると現れます。分離オプションのインストールは同様に yaboot ブートメニューでインストールできます。

GNU/Linux は UFS パーティションの情報にはアクセスできませんが、HFS+ パーティション (MacOS 拡張パーティション) にはアクセスできます。OS X は、この 2 つのいずれかをブートパーティションに必要とします。MacOS 9 は HFS パーティション (MacOS 標準パーティション) か HFS+ にインストールできます。Mac OS X と GNU/Linux システムで情報を共有するには、情報交換用のパーティションを作るのが手軽です。HFS、HFS+、MS-DOS FAT ファイルシステムが MacOS 9、Mac OS X、Linux でサポートされています。