6.4. 見つからないファームウェアの読み込み

「ファームウェアが必要なデバイス」 で述べたように、ある種のデバイスはファームウェアを読み込む必要があります。多くの場合、ファームウェアが有効でないとデバイスはまったく動作しません。場合によっては、ファームウェアがない場合、基本機能は損なわれませんが、追加機能を有効にするためだけにファームウェアが必要になります。

利用できないファームウェアをデバイスドライバが要求する場合、debian-installer は見つからないファームウェアを要求するダイアログを表示します。このオプションが選択されると、debian-installer はルーズなファームウェアファイルと、ファームウェアのあるパッケージの両方を、利用できるデバイスについて検索します。見つかると、ファームウェアを正しい場所 (/lib/firmware) にコピーし、ドライバモジュールを再読込します。

注記

どのデバイスがスキャンされるか、どのファイルシステムをサポートしているかは、アーキテクチャやインストール方法、インストールの段階に依存します。特にインストールの初期段階では、ファームウェアの読み込みには、FAT フォーマットのフロッピーディスクか USB メモリがもっとも成功の可能性が高いでしょう。

ファームウェアがなくてもデバイスが動作することを知っていたり、インストール中にそのデバイスが必要ない場合は、ファームウェアの読み込みをスキップできることにご注意ください。

debian-installer は、インストール中に読み込んだカーネルモジュールが必要とする場合にのみ、ファームウェアのプロンプトを表示します。debian-installer にすべてのドライバが含まれるわけでなく (特に radeon はありません)、そのため、いくつかのデバイスの機能は、はじめからインストールの終わりまで、まったく変わらないこともあります。その結果として、ハードウェアの能力を引き出せないかもしれません。この場合に該当するのかどうか疑わしく、興味を持たれたのでしたら、新しくブートしたシステムで dmesg コマンドの出力をチェックし、firmware を検索してみるのもよいでしょう。

6.4.1. メディアの準備

公式 CD イメージには non-free のファームウェアが含まれません。そのようなファームウェアを読み込むもっとも一般的な方法は、USB メモリのようなリムーバブルメディアから読み込むことです。また、http://cdimage.debian.org/cdimage/unofficial/non-free/cd-including-firmware/ に、non-free のファームウェアを含む非公式 CD があります。USB メモリ (ないし、ハードディスクのパーティションのような他のメディア、やフロッピーディスク) を準備するために、ファームウェアのファイルやパッケージを、メディアのファイルシステムのルートディレクトリか、/firmware というディレクトリのどちらかに配置しなければなりません。ファイルシステムには、インストールの初期段階でも間違いなくサポートされている、FAT を使用するのをお勧めします。

よくある一般的なファームウェアの最新パッケージを、tar や zip で固めたものが、以下のサイトで利用できます。

正しいリリースの tarball か zip ファイルをダウンロードし、メディアのファイルシステムに展開するだけです。

必要なファームウェアが tarball に含まれていない場合、特定のファームウェアパッケージを、アーカイブ (の non-free セクション) からダウンロードすることもできます。以下の概観では、利用できるほとんどのファームウェアパッケージを網羅できると思いますが、完全であることを保証できませんし、ファームウェアではないパッケージを含むかもしれません。

また、個々のファームウェアファイルを、メディアにコピーもできます。ルーズなファームウェアを、例えばすでにインストールしたシステムや、ハードウェアベンダから入手できます。

6.4.2. ファームウェアとインストールしたシステム

インストール中に読み込んだファームウェアは、いずれもインストールしたシステムに、自動的にコピーされます。多くの場合、これによりシステムをリブートして新しいシステムにしても、ファームウェアが必要なデバイスが確実に動作するでしょう。しかし、インストールしたシステムが、インストーラと異なるバージョンのカーネルで動作している場合、バージョンのずれによりファームウェアが読み込めない可能性がわずかにあります。

ファームウェアパッケージからファームウェアをロードした場合、debian-installer はインストールしたシステム向けにも、このパッケージをインストールし、APT の sources.list に、パッケージアーカイブの non-free セクションを自動的に追加します。これには、ファームウェアの新しいバージョンが利用できるようになると、自動的に更新するという利点があります。

インストール中に、ファームウェアの読み込みをスキップした場合、おそらくファームウェア (パッケージ) を手動でインストールするまで、関連するデバイスがインストールしたシステムで動作しないでしょう。

注記

ファームウェアをルーズなファームウェアファイルから読み込んだ場合、インストール完了後に対応したファームウェアパッケージをインストールするまで、インストールしたシステムにコピーしたファームウェアは、自動的に更新されません