C.5. Debian のパーティション分割プログラム

いろいろな種類のパーティション分割ツールが Debian 開発者によって組み込まれ、 様々な形式のハードディスクやコンピュータアーキテクチャで 動作するようになっています。 以下に、それらのアーキテクチャで使えるプログラムのリストを示します。

partman

Debian 推奨のパーティション分割ツールです。このアーミーナイフは、 パーティションサイズを変更したり、ファイルシステムを作成 したり、マウントポイントを指定したりすることもできます。

fdisk

上級魔術師用の、Linux オリジナルのディスクパーティション作成プログラムです。

すでにコンピュータに FreeBSD のパーティションが存在する場合は注意が必要です。 インストール用のカーネルはこのパーティションをサポートしていますが、 fdisk の表示方法では名前が異なります (そもそも表示されないかもしれません)。 Linux+FreeBSD HOWTO をご覧になってください。

ディスクのパーティショニング (あるいは同様のもの) を選択すると、上記のプログラムの中のひとつがデフォルトで実行されます。 VT2 のコマンドラインから、異なるパーティション分割ツールを使うこともできますが お勧めしません。

C.5.1. SPARC でのパーティション分割

お使いになるブートディスク上には必ず Sun disk label を作成してください。 それが、OpenBoot PROM が認識する唯一のパーティション機構ですので、 そこからでしか起動はできません。 Sun disk label を作成するには fdisks キーを使ってください。

さらに、SPARC のディスクでは、ブートディスクの第 1 パーティションが 第 0 シリンダから始まっていることを確認してください。こうすると、パーティションテーブルとブートブロックが第 1 パーティションの内部に置かれるようになり、ディスクの先頭 2 セクタ分を占めます。スワップパーティションはパーティション先頭の数セクタにも変更を加えてしまうので、第 1 パーティションにはスワップを置かないでください。Ext2 あるいは UFS パーティションなら設置しても問題ありません。これらのパーティションは、パーティションテーブルとブートブロックの内容をそのままにし、変更しません。

第 3 パーティションの形式は Whole disk (type 5) にして、 ディスク全体 (第 1 シリンダから最後まで) を含むようにもすべきでしょう。 こちらは単に Sun disk label に関する慣習ですが、 SILO ブートローダの位置を保持するのに役立ちます。