5.4. インストールプロセスのトラブルシューティング

5.4.1. CD-ROM の信頼性

時々、特に古い CD-ROM ドライブの場合、CD-ROM からのインストーラの起動に失敗するかもしれません。また、インストーラは (その CD-ROM から起動しても) CD-ROM を認識しなかったり、インストール中、CD の読み込みでエラーを返す可能性もあります。

この問題の原因は様々なことが考えられます。一般的な問題を挙げて、一般的な対処法を提供することしかできません。後はあなた次第です。

まずはじめに試すのは、以下の 2 点です。

  • CD-ROM が起動しない場合、正しく挿入されているか、汚れていないかを確認してください。

  • インストーラが CD-ROM を認識しない場合、次に CD-ROM の検出とマウント を試してください。非常に古い CD-ROM ドライブの、DMA に関する問題は、この方法で解決することが知られています。

これでも動作しない場合、以下の節にあることを試してみてください。ほとんどの (でもすべてではない) 提案は CD-ROM と DVD の両方で有効ですが、単純に CD-ROM という用語を用いています。

CD-ROM からインストールができなければ、 他のインストール方法も試してみてください。

5.4.1.1. 共通の問題

  • 古い CD-ROM ドライブの中には、昨今の CD ライタで使用するような、高速で焼いたディスクからの読み込みをサポートしていない物があります。

  • 非常に古い CD-ROM ドライブの中には、ダイレクトメモリアクセス (DMA) が有効だと、正しく動作しない物があります。

5.4.1.2. 調査および問題解決の方法

CD-ROM が起動に失敗したら、以下のことを試してください。

  • BIOS が CD-ROM からの起動をきちんとサポートしているか (非常に古いシステムでのみ問題あり)、BIOS で CD からの起動を有効にしているかをチェックしてください。

  • ISO イメージをダウンロードした場合、イメージをダウンロードしたのと同じ場所にある MD5SUMS に記載されている md5sum と同じかどうかチェックしてください。

    $ md5sum debian-testing-i386-netinst.iso
    a20391b12f7ff22ef705cee4059c6b92  debian-testing-i386-netinst.iso
    

    次に、焼いた CD-ROM の md5sum と一致するかどうかチェックしてください。以下のコマンドで行います。CD-ROM から正しいバイト数を読み込むのにイメージのサイズを利用します。

    $ dd if=/dev/cdrom | \
    
    > head -c `stat --format=%s debian-testing-i386-netinst.iso` | \
    
    > md5sum
    a20391b12f7ff22ef705cee4059c6b92  -
    262668+0 records in
    262668+0 records out
    134486016 bytes (134 MB) copied, 97.474 seconds, 1.4 MB/s
    

インストーラの起動が成功した後で、CD-ROM を検出しない場合、単純にリトライするだけで解決することもあります。CD-ROM ドライブが複数ある場合、他の CD-ROM ドライブに変えてみてください。それでも動作しなかったり、CD-ROM を認識しても読み込みエラーが発生する場合は、以下のことを試してみてください。Linux の基礎知識が少し必要です。コマンドを実行するには、まず第 2 仮想コンソール (VT2) に切り替えて、シェルを有効にしてください。

  • エラーメッセージをチェックするのに VT4 に切り替えたり、/var/log/syslog の内容を (エディタの nano を使用して) 表示してください。その後、dmesg の出力でもチェックできます。

  • CD-ROM ドライブを認識したかを dmesg の出力でチェックしてください。以下のように見えます。(行は連続している必要はありません)

    Probing IDE interface ide1...
    hdc: TOSHIBA DVD-ROM SD-R6112, ATAPI CD/DVD-ROM drive
    ide1 at 0x170-0x177,0x376 on irq 15
    hdc: ATAPI 24X DVD-ROM DVD-R CD-R/RW drive, 2048kB Cache, UDMA(33)
    Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20
    

    以上のように見えなければ、CD-ROM を接続したコントローラを認識できないか、おそらく全くサポートされていません。コントローラに必要なドライバが分かっていれば、modprobe を用い、手で読み込むのを試せます。

  • /dev/ にある CD-ROM ドライブのデバイスノードをチェックしてください。上の例では、/dev/hdc になっています。/dev/cdrom にもあるかもしれません。

  • CD-ROM がすでにマウントされていないか、mount コマンドでチェックしてください。マウントされていなければ、手でマウントしてください。

    $ mount /dev/hdc /cdrom
    

    上記のコマンド後に、エラーメッセージがでるかチェックしてください。

  • DMA が有効か、以下のようにチェックしてください。

    $ cd /proc/ide/hdc
    $ grep using_dma settings
    using_dma      1       0       1       rw
    

    using_dma の後、初めの列にある 1 は、有効という意味です。その場合以下のように無効にしてください。

    $ echo -n "using_dma:0" 
    >settings
    

    確実に、CD-ROM ドライブに一致するデバイスのディレクトリで操作してください。

  • インストール中に何か問題があれば、インストーラメインメニューの下の方にある、 CD-ROM の整合性チェックを行ってください。CD-ROM が確実に読める場合、このオプションを一般的なテストとして使用できます。

5.4.2. 起動設定

ブートプロセスの最中にカーネルがハングしたり、搭載されている周辺機器やドライブが正確に認識されないなどの問題が起こったら、まず 「ブートパラメータ」 の説明に従ってブートパラメータを確認してください。

場合によっては、デバイスのファームウェアがないために動作しないことがあります (「ファームウェアが必要なデバイス」「見つからないファームウェアの読み込み」 を参照)。

5.4.3. SPARC へのインストールに共通の問題

以下、言及しておくべき、インストール時の一般的な問題があります。

5.4.3.1. ビデオ出力先の間違い

ATI カードと Sun Creator 3D といった、1 台のマシンに 2 枚のビデオカードがある構成は、SPARC によくあります。その場合、システム起動後にビデオ出力先を間違うということがあります。典型的なケースは、ディスプレイに以下のメッセージしか表示されないといった場合です。

Remapping the kernel... done
Booting Linux...

これに対処するには、ビデオカードを引き抜くか、OpenProm ブートフェイズでカーネルパラメータを与え、使用しないカードを無効にしてください。例えば、ATI カードを無効にするには、video=atyfb:off をインストーラに与えて起動してください。

このパラメータを silo の設定に、手で加えなければならない (再起動の前に /target/etc/silo.conf を編集する) ことに注意してください。また、X11 をインストールしている場合、/etc/X11/xorg.conf のビデオドライバを修正してください。

5.4.3.2. 起動に失敗ないし CD-ROM からインストール

いくつかの Sparc システムは、CD-ROM から起動するのが難しく、起動してもインストール時に不可解な失敗をすることが知られています。ほとんどの問題は SunBlade システムで報告されています。

そのようなシステムでは、インストーラをネットから起動するのをお勧めします。

5.4.4. カーネルの起動時メッセージの意味

ブートシーケンスの途中で、can't find something (〜が見つからない), something not present (〜が存在しない), can't initialize something (〜を初期化できない), this driver release depends on something (このドライバには〜が必要だ) などのメッセージがたくさん出力されることがあります。これらのメッセージのほとんどは無害です。これらが出力される理由は、インストールシステムのカーネルが、いろいろな周辺デバイスのできるだけ多くに対応しようとしているからです。そのため、OS が実際には存在しない周辺機器を探すことになるので、文句を吐くわけです。システムがしばらく止まったように見えることもあります。これはデバイスが反応するのを待っているために起こるものです (実際にはそのデバイスは存在しないので、止まってみえるわけです)。システムの起動に要する時間が堪えがたいほど長い場合は、後で自前のカーネルを作ることもできます (「新しいカーネルのコンパイル」 参照)

5.4.5. インストールで発生した問題の報告

最初の起動段階は通過したのに、インストールが完了できなかった場合は、メニューから デバッグログを保存 を選択するといいかもしれません。インストーラからのシステムのエラーログや設定情報をフロッピーに格納したり、web ブラウザでダウンロードしたりできるようになります。この情報は、何が間違っていてどのように修正するか、といった手がかりを示しているかもしれません。バグ報告を送る際に、バグ報告にこの情報を付けることができます。

その他のインストールメッセージは、インストール中では /var/log/ で、インストールしたシステムが起動した後では /var/log/installer/ にあるはずです。

5.4.6. インストールレポートの送信

まだ問題がある場合には、インストールレポートをお送りください。また、インストールが成功したときのインストールレポートもお送りください。そうすると、たくさんのハードウェア設定情報を手に入れることができます。

あなたのインストールレポートは、Debian バグ追跡システム (BTS) で公開され、公開メーリングリストに転送されることに留意してください。必ず、公開されても問題ない e-mail アドレスを使用してください。

動作する Debian システムがある場合、インストールレポートを送る最も簡単な方法は以下のようになります。installation-reportreportbug パッケージをインストール (aptitude install installation-report reportbug) し、「システムの外に電子メールを送る」 で説明しているように reportbug を設定して、reportbug installation-reports を実行してください。

代わりに、インストールレポートを記入する際には、以下のテンプレートも使用できます。テンプレートの空欄を埋めた上で、installation-reports 疑似パッケージのバグ報告として、 宛にお送りください。

Package: installation-reports

Boot method: <インストーラの起動方法は? CD? フロッピー? ネットワーク?>
Image version: <イメージをダウンロードした URL 全体がベストです>
Date: <インストールした日時>

Machine: <マシンの説明 (例 IBM Thinkpad R32)>
Processor:
Memory:
Partitions: <df -Tl の結果; 生のパーティションテーブルが望ましいです>

Output of lspci -nn and lspci -vnn:

Base System Installation Checklist:
[O] = OK, [E] = Error (please elaborate below), [ ] = didn't try it

Initial boot:           [ ]
Detect network card:    [ ]
Configure network:      [ ]
Detect CD:              [ ]
Load installer modules: [ ]
Detect hard drives:     [ ]
Partition hard drives:  [ ]
Install base system:    [ ]
Clock/timezone setup:   [ ]
User/password setup:    [ ]
Install tasks:          [ ]
Install boot loader:    [ ]
Overall install:        [ ]

Comments/Problems:

<インストールに関すること。初期インストール時に抱いた感想、コメント、アイデアなどがあればそれらもお書きください>

バグ報告の際には、カーネルがハングした直前に表示されたカーネルメッセージを添えて、何が問題なのかを説明してください。また、問題が起きるまでにシステムに対して行ったことも記述してください。