[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (SPARC)
第 5 章 - インストールシステムの起動


場合によってはいくらかの制限もありますが、 インストールシステムは Debian GNU/Linux CD-ROM、 フロッピーディスク、ハードディスクのパーティション、 あるいは 別のマシンから LAN 経由で起動できます。


5.1 ブートパラメータ引き数

ブートパラメータとは Linux カーネルのパラメータのことで、 一般には周辺機器を適切に扱うために用います。 ほとんどの場合、カーネルは周辺機器の情報を自動的に検出します。 しかし、場合によっては少々カーネルを助けてあげないといけないこともあるのです。

ブートパラメータに関する完全な情報は、 Linux BootPrompt HOWTO にあります。この節では最も良く使われるパラメータの概略のみを扱います。

システムを初めて起動する場合は、 デフォルトのブートパラメータを試して (つまりなにもパラメータを設定せずに)、 正確に動作するか観察してください。 たいていはうまくいくと思います。 なにか問題が起こったら、 そのハードウェアに関する情報をシステムに伝えるためのパラメータを調べ、 あとで再起動します。

カーネルが起動するときには、プロセスの最初のほうで

     Memory:
     availablek/totalk available

というメッセージが表示されます。 total は利用可能な RAM の総量をキロバイト単位で表しています。 この値が実際に搭載している RAM の量と一致しないときには、 mem=ram というパラメータが必要となります。 ram のところには、実際に搭載しているメモリ量を、 キロバイト単位なら ``k''、 メガバイト単位なら ``m'' を後ろにつけて記入します。例えば、 mem=65536kmem=64m も 64MB の RAM を意味します。

お使いのモニタが白黒表示しかできないものでしたら、 ブートパラメータ mono を使ってください。 こうしないと、インストールでは標準でカラー表示になります。

起動の際にシリアルコンソールを使うと、 通常カーネルはこちらを自動検出します 。 ただし、シリアルコンソールから起動させたいコンピュータに ビデオカード (フレームバッファ) とキーボードもついている場合には、 カーネルに console=device というパラメータを 渡す必要があるでしょう。 device は利用するシリアルデバイスです。 これは普通 SPARC では ``ttya'' か ``ttyb''、その他のマシンでは ``ttyS0'' のようなものになるでしょう。 あるいは、OpenPROM 変数の input-deviceoutput-device に ``ttya'' を設定しても結構です。

繰り返しますが、ブートパラメータに関する完全な情報は、 Linux BootPrompt HOWTO にあります。こちらにはマイナーなハードウェアに関する情報もあります。 よくある雑多な事柄に関しては、以下の ブートプロセスに関するトラブルシューティング, 第 5.6 節 でも説明します。


5.1.1 dbootstrap の引き数

インストールシステムはいくつか起動時引き数を認識します。 場合によっては便利かもしれません。 quietverbose の効果は Verbose と Quiet の効果, 第 11.5 節 で一覧になっています。

quiet
インストールシステムが、確認メッセージをあまり出さなくなり、 いろいろ言わずに正しいことを行おうとします。 インストールシステムが行うであろうことの予想がつき、 それで構わないという人は、 このオプションを指定して処理を静かに行うのもいいかもしれません。
verbose
いつもよりたくさんの質問を尋ねます。
debug
インストールシステムのログ (シェルを使う・ログを見る, 第 5.7.1 節 を見てください) に、通常より多くのデバッグメッセージを出力します。 実行されるコマンドはすべて出力されます。
bootkbd=...
使いたいキーボードを前もって選択します。 例えば bootkbd=qwerty/us のようにします。
mono
カラーモードではなく白黒モードを使います。
nolangchooser
アーキテクチャによっては、カーネルのフレームバッファを用いて、 インストールシステムで複数の言語を使えるようになっています。 フレームバッファがお使いのシステムで問題を引き起こす場合は、 このオプションを指定して、多言語機能を無効にしてください。 bterm または bogl についてのエラーメッセージ、ブランクスクリーン、 またはインストールを始めて数分後以内のフリーズは、問題が起きる徴候です。

5.2 CD-ROM からの起動

ほとんどの人にとっては、 Debian CD セット を使うのが一番簡単な入手経路かと思います。 CD セットが既に手元にあり、 かつインストールするマシンが CD から直接起動できるようなら、 ツイています! 単に CD-ROM をドライブに入れてリブートし、 次の章に進んでください。 OpenBoot のほとんどのバージョンは boot cdrom コマンドをサポートしています。 これは単に ID 6 の SCSI デバイス (あるいは IDE ベースのシステムなら セカンダリのマスター) から起動せよ、という命令の別名です。 この特殊なコマンドをサポートしていないような、 OpenBoot の古いバージョンでは、 実際のデバイス名を用いる必要があるかもしれません。

なお Sun4m (例えば Sparc 10s や Sparc 20s) システムでは、CD-ROM からの起動に絡んだ問題が いくつか報告されています。

特定の CD ドライブでは、専用のドライバが必要になるかもしれません。 従ってインストールの早い段階ではアクセスできないかもしれません。 CD から起動させる通常のやり方が、 あなたのハードウェアでは使えないと分かったら、 この章をもう一度頭から見直して、 別のカーネルやインストール方法を使うやりかたについて読んでみてください。 これらのやり方ならうまくいくかもしれません。

CD-ROMから起動できない場合でも、 Debian の基本システムや好きなパッケージを CD-ROM からインストールすることは可能です。 例えばフロッピーなど、別のメディアを選んで起動してください。 OS、基本システム、追加パッケージなどをインストールする段階に来たら、 インストールシステムに対して CD-ROM ドライブを用いるよう指示すれば良いのです。

起動で問題が起こったら、 ブートプロセスに関するトラブルシューティング, 第 5.6 節 を見てください。


5.3 フロッピーから起動する

注意してほしいのですが、 新しい Sun4u (ultra) アーキテクチャは フロッピーからの起動をサポートしていません。 さらに Sun4c モデルの多く (IPX など) は、 ディスクの圧縮イメージをサポートしておらず、 従って起動もサポートしていません。

いくつかの Sparc (Ultra 10 など) には OBP バグがあり、 起動ができません (全く起動をサポートしていないわけではありません)。 適切な OBP アップデートが、 http://sunsolve.sun.com よりダウンロードできます。製品 ID は 106121 です。

Sparc でフロッピーから起動するには

     Stop-A -> OpenBoot: "boot floppy"

とします。

起動に問題があったら ブートプロセスに関するトラブルシューティング, 第 5.6 節 をご覧ください。


5.4 NFS から起動する

NFS を使ってシステムをインストールするには、 イメージやファイルの場所として NFS を選び、 その後は説明に従うだけです。 イメージの場所を server:/directory の形式で指定するよう促されます。

起動に問題があったら ブートプロセスに関するトラブルシューティング, 第 5.6 節 をご覧ください。


5.5 TFTP から起動する

ネットワークから起動するには、起動フロッピーによってサポートされた ネットワーク接続が必要です。 スタティックなネットワーク接続、 DHCP サーバ、 RARP サーバ、 BOOTP サーバ、TFTP サーバなどが利用できます。 TFTP 起動をサポートするインストール方法は TFTP ネットブート用ファイルの準備, 第 4.4 節 で記述されています。 OpenBoot のマシンでは、 インストール対象のマシンでブートモニタに入り (OpenBoot の起動, 第 3.7.1 節 を見てください)、 boot net というコマンドを使えば OK です。 OpenBoot のリビジョンが古いと、 boot le() のようにデバイス名を使う必要があることもあります。


5.6 ブートプロセスに関するトラブルシューティング


5.6.1 フロッピーディスクの信頼性

Debian をインストールしようとしている人達がまず最初に出会う最大の問題は、 フロッピーディスクの信頼性であるようです。

特に rescue フロッピーが最も問題になるようです。 これは Linux が起動する前に、ハードウェアから直接読み込まれるからでしょう。 ハードウェアは Linux のフロッピーディスクドライバほど 信頼性の高い方法で読み込みを行ってくれないことが多く、 正しくないデータに当たると、 エラーメッセージも表示せずに単に止まってしまいます。 Driver Floppies で問題が起きることもあるようで、 この場合は大抵、ディスク I/O エラーに関するメッセージが大量に表示されます。

インストールが特定のフロッピーで停止してしまう場合は、 まずフロッピーディスクのイメージをダウンロードし直して、 それを 別の フロッピーに書き直してみることです。 古いフロッピーをフォーマットし直すだけでは充分ではありません (そのフロッピーのフォーマットと書き込み時にエラーが出なかったとしても、です)。 フロッピーを別のシステムで書き込んでみると、 うまくいくこともあるようです。

あるユーザの報告によると、イメージのフロッピーへの書き込みを 3 回 やり直さないと、うまく動くようにならなかったそうです。 その 3 番目のフロッピーでは、何も問題なくいったそうです。

また別のユーザからの報告では、 同じフロッピーをドライブに入れたまま数回再起動を繰り返すだけで、 うまく起動したのだそうです。 これはハードウェアかファームウェアのフロッピードライバの できが悪かったためでしょう。


5.6.2 起動の設定

ブートプロセスの最中にカーネルがハングしたり、 搭載されている周辺機器やドライブが正確に認識されないなどの問題が起こったら、 まず ブートパラメータ引き数, 第 5.1 節 の説明に従って ブートパラメータを確認してください。

インストーラから与えられたカーネルではなく、 自分で作ったカーネルから起動した場合は、 CONFING_DEVFS が設定されていないことを確認してください。 このインストーラは CONFING_DEVFS と一緒には使えません。

また、増設カードや周辺機器を取り外して再起動してみると、 このような問題が解決できることもよくあります。

しかし、私たちの起動フロッピーも、 サポートしているハードウェアには限りがあります。 Linux がサポートしているプラットフォームでも、 この起動フロッピーが直接サポートしていないことはあるでしょう。 この場合は、rescue ディスクを自分で作る (rescue フロッピーのカーネルの交換, 第 10.3 節 を見てください) か、 ネットワークインストールを調べるかする必要があります。

マシンにメモリがたくさん (512M 以上) 積まれていて、 インストーラがカーネルの起動時にハングする場合は、 mem=512m のようなブート引き数を使って、 カーネルが扱うメモリの量を制限する必要があるかもしれません。

``IDPROM'' に関して問題があるとのメッセージが表示され、 起動ができない場合は、 NVRAM バッテリーが切れている可能性があります。 これはファームウェアの設定情報を保持するためのものです。 詳細は Sun NVRAM FAQ を見てください。

フロッピーから起動したときに

     Fatal error: Cannot read partition
     Illegal or malformed device name

のようなメッセージが出た場合は、 フロッピーからの起動がこのマシンではサポートされていない可能性があります。 フロッピーから起動する, 第 5.3 節 を見てください。


5.6.3 カーネルの起動時メッセージの意味

ブートシーケンスの途中で、 can't find something (〜が見つからない), something not present (〜が存在しない), can't initialize something (〜を初期化できない), this driver release depends on something (このドライバには〜が必要だ) などのメッセージがたくさん出力されることがあります。 これらのメッセージのほとんどは無害です。 これらが出力される理由は、インストールシステムのカーネルが、 いろいろな周辺デバイスのできるだけ多くに対応しようとしているからです。 そのため、OS が実際には存在しない周辺機器を探すことになるので、 文句を吐くわけです。 システムがしばらく止まったように見えることもあります。 これはデバイスが反応するのを待っているために起こるものです (実際にはそのデバイスは存在しないので、止まってみえるわけです)。 システムの起動に要する時間が堪えがたいほど長い場合は、 後で自前のカーネルを作ることもできます (新しいカーネルのコンパイル, 第 9.5 節 をご覧下さい)。


5.6.4 dbootstrap の障害報告

最初の起動段階は通過したのに、インストールが完了できなかった場合は、 dbootstrap のメニューにある 'Report a Problem' の選択肢が役に立つかもしれません。 これを選ぶと、 フロッピー・ハードディスク・nfs マウントしたファイルシステムなどに、 dbg_log.tgz というファイルを作成します。 dbg_log.tgz はシステムの状態 (/var/log/messages, /proc/cpuinfo など) を詳細に記録します。 dbg_log.tgz は、どこが悪いのか、 どうすればそれを直せるのか、に関する手がかりとなります。 バグ報告を送る際には、このファイルをその報告に添付するとよいでしょう。


5.6.5 バグ報告を送る

まだ何か問題がある場合は、バグ報告を送ってください。 submit@bugs.debian.org 宛に電子メールで送ってください。 その電子メールの先頭には、 必ず 以下の記述を付け加えてください。

     Package: boot-floppies
     Version: version

version のところに、 利用した boot-floppies パッケージのバージョンを書くのを忘れないようにしてください。 バージョンがわからない場合は、 そのフロッピーをダウンロードした日付と、 入手先のディストリビューション (``stable'' や ``frozen'' など) をお知らせください。

バグレポートには以下のような情報も添えてください。

     architecture:  sparc
     model:         ハードウェアのメーカーやモデル名
     memory:        RAM の量
     scsi:          もしあれば、SCSI ホストアダプタの名前
     cd-rom:        CD-ROM のモデル名とインターフェースの種類 (ATAPI 等)
     network card:  もしあれば、ネットワークインターフェースカードの名前
     pcmcia:        PCMCIA デバイスの詳細

問題の性質にもよりますが、 インストール先のディスクが IDE ディスクなのか SCSI ディスクなのか、 さらにオーディオのような他の周辺機器、 ディスク容量、ビデオカードのモデル名などの情報を 書き添えることも有益でしょう。

バグレポートの際には、 カーネルがハングした直前に表示されたカーネルメッセージを添えて、 何が問題なのかを説明してください。 また、問題が起きるまでにシステムに対して行ったことも記述してください。


5.7 dbootstrap について

dbootstrap は、 インストールシステムが起動した後に起動されるプログラムです。 このプログラムがシステムの初期設定と 「基本システム」のインストールを行います。

dbootstrap の主な役割、 あるいはシステムの初期設定の主な目的は、 システムの基本となる部分を設定することです。 例えば、特定の「カーネルモジュール」、 つまりカーネルにリンクされるドライバを使わなければならない、などです。 このようなモジュールとしては、 外部記憶装置のドライバ、 ネットワークドライバ、特定言語のサポート、 他の周辺機器のサポートなどのうち、 現在使っているカーネルに自動的には組み込まれないものがあります。

ディスクのパーティション分割、フォーマット、 ネットワークの設定等も dbootstrap が行います。 まずシステムが正しく機能できるように、 基礎となる設定を最初に行います。

dbootstrap は、 シンプルなキャラクタベースのアプリケーションで、 できるだけ多くの状況で動作するよう設計されています (例えばシリアルライン経由のインストールでも使えるようになっています)。 使い方はとても簡単です。 指示に従えば、インストール作業の各段階を順々にこなすことができます。 また、何か間違いがあったことに気付いたら、 前に戻ってその作業をやり直すこともできます。

dbootstrap の内部で動き回るには、以下を用います:


5.7.1 シェルを使う・ログを見る

Unix や Linux に熟練されている方ならば、 左 Alt-F2 を押せば 、2 番目の 仮想コンソール を呼び出せます。 つまりスペースバーの左にある Alt キーと、 ファンクションキーの F2 を同時に押します。 これは ash という Bourne shell のクローンが起動する、 独立したウィンドウです。 この時点では RAM ディスクから起動しているので、 使える Unix ユーティリティは限られています。 どんなプログラムが使えるかを確認するには、 ls /bin /sbin /usr/bin /usr/sbin というコマンドを使ってください。 メニューで行える作業はすべてメニューで行いましょう。 このシェルや、ここから呼び出すコマンドは、 何か問題のある場合のみ使ってください。 特に、スワップパーティションを有効にする際には、 このシェルではなく、必ずメニューから行ってください。 シェルからこの操作を行っても、 メニューソフトウェアはそのことを検知できません。 メニューに戻るには 左 Alt-F1 を押してください。 Linux は 64 個の仮想コンソールを提供していますが、 Rescue Floppy ではそのいくつかしか使えません。

エラーメッセージは、普通 3 番目の仮想コンソール (tty3) にリダイレクトされます。 左 Alt-F3 (Alt キーを押しながら F3 ファンクションキーを押す) を押せばこのコンソールに移動でき、 また 左 Alt-F1 を押せば dbootstrap に戻れます。

これらのメッセージは /var/log/messages にも出力されます。 インストール後には、このログは新しいシステムの /var/log/installer.log にコピーされます。

ベースシステムのインストールの段階では、 パッケージの展開メッセージや設定メッセージが tty4 にリダイレクトされます。 左 Alt-F4 (Alt キーを押しながら F4 ファンクションキーを押す) を押せばこのコンソールに移動でき、 また 左 Alt-F1 を押せば dbootstrap に戻れます。

インストールがシリアルコンソールから行われている場合は、 dbootstrap の出力する展開/設定メッセージは /target/tmp/dbootstrap.log に保存されます。


5.8 ``リリースノート''

dbootstrap が表示する最初の画面は、``リリースノート'' です。 この画面では、現在利用している boot-floppies ソフトウェアのバージョン情報や、 Debian の開発者たちに関する簡単な紹介がなされます。


5.9 ``Debian GNU/Linux インストールメインメニュー''

システムによっては速すぎて読めないかもしれませんが、 ``インストールプログラムは、あなたのシステムの現在の状態と、次に実行すべきインストールステップを判断します。'' というダイアログが表示されます。 このダイアログボックスは、メインメニューの各作業段階の間に表示されます。 インストールプログラム dbootstrap は 各作業段階の間にシステムの状態をチェックします。 このチェックを用いることによって、 インストール作業の最中にシステムが停止してしまったような場合でも、 すでに済ませた作業を無駄にせずにインストールをやり直すことができます。 インストールを最初からやり直さなければならない場合、 キーボードの設定、スワップパーティションの再有効化、 初期化済みディスクの再マウント、は実行しなければなりません。 それ以外に行ったインストールの作業は、 すべて保存されているはずです。

インストール作業の全体を通して、 ``Debian GNU/Linux インストールメインメニュー'' というタイトルのついたメインメニューが表示されます。 メニューの一番上の選択肢は、 インストーラで次に行うべき項目に順次変わっていきます。 Phil Hughes は Linux Journal で、 Debian のインストールは ニワトリ にだって教えられるだろう、と書いています! Debian のインストールは、 ほとんど Enter キーを くちばしで突っつく だけだ、 と言いたかったのでしょう。 インストールメニューの一番上の選択肢に出るのは、 システムがすでに済ませている作業を調べ、 次にこれを行うべきだろう、と判断した作業になります。 大抵の場合は ``次'' を選び、次の作業段階に進んでください。


5.10 ``キーボードの設定''

``次'' の項目にカーソルがあるのを確認して Enter キーを押し、 キーボードの設定メニューに進みましょう。 あなたの母国語で使われる配列に一致するキーボードを選択してください。 希望の配列がなかったら、似たものを選択しておいてください。 いったんシステムのインストールが完了すれば、 より多くの選択肢からキーボード配列を選べます (その場合はインストールの終了後、 root アカウントで kbdconfig を実行してください)。

使いたいキーボードの選択肢にカーソルを移動し、 Enter を押してください。 カーソルの移動には矢印キーを使ってください。 矢印キーは、どんな言語のキーボードでも同じ場所にあるため、 ここでのキーボードの設定に依存しません。 なお「拡張 (extended)」キーボードとは、 一番上の列に F1 から F10 までのキーが並んでいるものです。

ディスクレスワークステーションにインストールしている場合は、 パーティションを作成するようなローカルディスクはありませんから、 次のいくつかの作業段階はスキップされます。 この場合の次の作業項目は ``ネットワークの設定'', 第 7.6 節 になります。 その後、 ``以前に初期化されたパーティションのマウント'', 第 6.8 節 での説明のように、 マウントする NFS ルートパーティションをマウントするよう促されます。


5.11 ラストチャンス!

ディスクをバックアップするように、と言いましたよね? これが、古いシステムを保存する最後のチャンスです。 ディスク全体をまだバックアップしていないのでしたら、 フロッピーをドライブから抜いて、システムをリセットし、 バックアップを行ってください。


[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (SPARC)

version 3.0.24, 2002/12/18

Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo