Debian セキュリティ勧告

DSA-043-1 zope -- リモートからの攻撃

報告日時:
2001-03-09
影響を受けるパッケージ:
zope
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
(SecurityFocus の) Bugtraq データベース: BugTraq ID 2458.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2001-0568, CVE-2001-0569.
詳細:
この勧告は、今回修正されたいくつかの Zope の脆弱性に関してまとめています。 【訳注:試訳はつけますが、訳者この内容理解できていないので原文も載せます。】
Hotfix 08_09_2000 "Zope security alert and hotfix product"
問題は、ユーザオブジェクトの getRoles メソッドが変更可能な mutable Python タイプを返す既定の UserFolder 実装を含んでいることです。この mutable オブジェクトは引き続いて永続的ユーザオブジェクトに関連づけられているので、 DTML を編集できるユーザはリクエスト処理の一部としてロールリストを 模擬することで一リクエストの間追加のロールを得られるようにすること ができます。

原文: The issue involves the fact that the getRoles method of user objects contained in the default UserFolder implementation returns a mutable Python type. Because the mutable object is still associated with the persistent User object, users with the ability to edit DTML could arrange to give themselves extra roles for the duration of a single request by mutating the roles list as a part of the request processing.

Hotfix 2000-10-02 "ZPublisher security update"
時々、URL を介してのみですが、ユーザがあるコンテクストで所有しているが、 アクセスされたオブジェクトのコンテクストには含まれておらず、かつ ロールによって保護されているはずのオブジェクトに アクセスできてしまうことがあります。

原文: It is sometimes possible to access, through a URL only, objects protected by a role which the user has in some context, but not in the context of the accessed object.

Hotfix 2000-10-11 "ObjectManager subscripting"
問題は、ObjectManagers (フォルダ) にアクセスするために用いる `subscript notation' の返り値が実際のサブアイテムに関する値だけに制限されていないことです。 このため、DTML からは隠されているはずの名前 ('_' キャラクタを最初にもつ名前のオブジェクト) にアクセスできてしまいます。 これを使って、DTML の著者は隠されているはずのデータ構造を見ることができますし、 ある場合には DTML から実行が許されないメソッドが呼べてしまう可能性があります。

原文: The issue involves the fact that the 'subscript notation' that can be used to access items of ObjectManagers (Folders) did not correctly restrict return values to only actual sub items. This made it possible to access names that should be private from DTML (objects with names beginning with the underscore '_' character). This could allow DTML authors to see private implementation data structures and in certain cases possibly call methods that they shouldn't have access to from DTML.

Hotfix 2001-02-23 "Class attribute access"
問題は ZClasses 関連で、web を通したスクリプト記述権限を持つユーザが ZClass 中のクラスアトリビュートを見たり割り付けたりすることができます。 このため、恐らくそのようなユーザは ZClass インスタンスを不当に変更することが可能です。
第二の修正は、ObjectManager、PropertyManager 及び PropertySheet クラス関連で、メソッドの戻り値が変更可能になっているという問題で、 これはセキュリティ上の弱点になると考えられます。

原文: The issue is related to ZClasses in that a user with through-the-web scripting capabilities on a Zope site can view and assign class attributes to ZClasses, possibly allowing them to make inappropriate changes to ZClass instances.
A second part fixes problems in the ObjectManager, PropertyManager, and PropertySheet classes related to mutability of method return values which could be perceived as a security problem.

これらに対する修正は、Debian 2.2 (potato) の zope 2.1.6-7 に含まれています。 すぐに zope パッケージをアップグレードすることを薦めます。
修正:

Debian 2.2 (potato)

ソース:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/zope_2.1.6-7.dsc
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/zope_2.1.6-7.diff.gz
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/zope_2.1.6.orig.tar.gz
alpha:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-alpha/zope_2.1.6-7_alpha.deb
arm:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-arm/zope_2.1.6-7_arm.deb
i386:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-i386/zope_2.1.6-7_i386.deb
m68k:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-m68k/zope_2.1.6-7_m68k.deb
powerpc:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-powerpc/zope_2.1.6-7_powerpc.deb
sparc:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-sparc/zope_2.1.6-7_sparc.deb